おねだり一覧。

September 28 [Wed], 2011, 3:38
最近想うコトを、ちょいェロく編集したもの。こちらのトピに投稿してます。ぶやきと同じく暗い。。。『真言葉責め』トピよりねぇ、まだあたしの声、覚えてる痛いくらいに揉まれて、我慢できずに漏れた声。ねぇ、まだあたしの顔、覚えてる耳だけであんなにイかされて、ほてったダラシナイ顔。あたしはまだ覚えてるよアゴをかむ指の強さ。服従を思い知る目付き。言い返せない切り返し。でもね、忘れられないでしょ、あたしの胸の柔らかさ。あたしの舌遣い。当分忘れられないような呪いをかけちゃったんだからお願いします、なんでも言うこと聞くから、またいぢめてください。いこの間まで、おかずに困っていたのがウソみたい。あなたに見られてると思って、拡げるの。そうすると、すぐにトロトロ溢れるの。ひくひく誘って、ほぐれて。信じられないくらい、あっと言う間にイけちゃうんだよあなたを想うと。でももう、一生叶わないんだね。あなたに出会うまで、夢物語だと、都市伝説だと、思ってた、「相性」なんて。でもあなたに出会って知った、最高の気持ち良さ。こんなに簡単に従いたくなるなんて。あんなにすぐに濡れるなんて。痛いが気持ちイイに変わるなんて。何をされても嬉しいなんてでも、障害は存在してた。運命って、二人一緒に感じるモなんだよね。相性と運命は、必ずしも一致しない。だけどあたしは、新しい夢物語を見始めることにしたよ、「いか、相性が障害を越える」って。ただいまーああぁ今日は疲れたよぉー<ね癒して「珍しいね」ってそうかも。笑きゃっ、何ひっ、あぁっやめ、てんあぁっお願いします、たくさん虐めて、なぶって癒してくださいそれが、あたしの望む癒し。さすがダーリいえ、御主人様、言わなくてもわかってくださってるんですねね、中秋の名月。あなたもどこかで見てるんですね。そう考えると、暗い空に光る月が、あなたの鋭い眼光のように思えるの。このまま真っ黒い都会の夜空に吸い込まれていったらまたあなたに会えるかなそうしたら、真空の宇宙でなら、あたしを壊してくださいますか常に、どんな時でも、あなたの視線を意識することに致しました。そうすると、人前では背中がしゃんとするの。でも独りの時はじわりと熱く濡れるんです。だからもっと見てください。あたしの頑張ってるトコ。あたしのハシタナイとこ。「もっと、見てください」そう、常に、幻想のあなたに呟くの。嘲笑わらっちゃう。こんなにも、好きにして、と思えること。むしろ、お願いですから、弄んでください、と懇願すること。はじめての快感に、胸もカラダも打ち震えること。与えられるものが辛ければ辛いほど、喜び、淫らになれること。でも、すべてを拒否されたこと。もう、一生会えないこと。それなのに、待ち続ける自分。嘲笑っちゃう。見て、あたしの胸、こんなに自在に形を変えてる。見てください、こりっこりに勃ってる。見ていただけますか、こっちもほら、こんなにぷっくり勃ってる。見るだけですか、こんなにとろっとろになってるのにでもね、本当はあなたが存在しているだけで、あたしは充分なんです。だからもうイッてもいいですかんなぁにちょ、あんま見めないでよ、あたし、コンプレックスの塊なんだから。あ、でも。縛って、髪を引っかまれて、強引にうわ向かされるのなら、見ててもいいですよ♪コンプレックスなんて忘れるくらい、とろけさせてくださいね、こんど会った時は、あれしよ、あれほら前に、「良さを教えてやる」って言ってたじゃない。んもぉ、忘れたのほら、あれんー、だからぁそのめっ、目隠しして、手縛るヤツっして、ねあその笑い方ほんとは思い出してたんでしょんもーいぢわるっいも思うんだけど頭イイよねあたしの言ったことの粗を見付けたり、自分でも気付いてなかった深層心理を教えてくれるし。でも、すごいのが、それを、揚げ足取りとか不快に感じないってことなんだよね。偉そうになることは無いし、年下だからって意気がることもしないし。そんなあなただから、服従したくなるんだよまだ、出会って1ヶ月なのに。これを、相性って言うんじゃないかなねぇ、あっと言う間だったけど楽しかったし、嬉しかったし、すごく気持ち良かったよねぇ、あなたはどうだったあれで事足りた無理させてなかった乱れっぶりに、引かなかったあたしはちゃんと、あなたに返せてたかないも心配になるの。ちゃんと次はあるかなって。好きか、どうかなんて分からない、ごめんなさい。でも、身をまかせられるのは、あなたにだけです。縛られたくて、叩かれたくて、しゃぶりたくて、ナカに欲しいと思えるのは、あなただけです。それじゃ、だめあなたにとっては、ゲームですか押したり引いたり、シーソーみたいにぎっこんばったん。いじめてみたり、無視してみたり、キスしてみたり、引っぱたいたり、素直に一喜一憂してしまうあたしはバカですか歳上なのに余裕を無くしたあたしを嘲笑ってますかもう会えないのに、まだ待っているあたしを、笑いますかもしかして、あなたの中では、あたしの記憶は消されてる平和に暮らすために、無かったことになってるふとあたしの胸の感触を思い出して、慌てて手を服にこすりけて消そうとしたりしてるのかな悔しいから、あたしは忘れてあげないよ。飲みくだした苦い味も、アゴに残る指の感触も。違うか、あたしはただ、忘れられないだけだ。ねぇ、こんなこと知ったら引くのかなみっともないって嫌がるこういうメンドクサイ女がキライなんだもんねでもそうしたのはあなただよあたしだってこんな想いしたくなかった。あなたを想って疼くカラダ、責任取ってよ会いたい、声が聞きたい時は、サミシイだけなんだって思い込むの。思い出してウズく時は、過去を美化してるだけだ、って考えるの。でもそれでもガマンできない時だけ独りでこっそり、シちゃうの。あぁたん♪いっも、可愛がっていただいた後に、はしたなさすぎたかな、乱れすぎちゃったかなって、反省するの。いっも、お会いした後に、もうちょっと欲張っておけばよかったなぁって、物足りなくなるの。でも、どっちも恥ずかしいコトだから、あなたにはナイショなんだけどね♪ごちそうさまです、おいしかったです。次は下のおクチに食べさせていただけませんかほら、はやくはやく、って、よだれ垂らしちゃってます会いたくて会いたくて自暴自棄になりそうな時は、自分磨き。さみしくてさみしくて呪いそうになる時は、あなたを想ってぐちゅぐちゅ慰める。いか、首輪をいただける日を夢見ながら。好きこそモの上手なれ、って言うけれど。あ、これが好きなんだ、って、いも勉強してます。これなら誘えるかしらって、いも研究してます。こうしたら悦んでいただけるかしらって、いも練習してます。早く、成果を見てほしいなあたしがイき疲れてぐったりしている時に、あなたが汗に濡れたあたしの髪をかき分けて、うなじに噛みくのが好き。骨までしゃぶって喰べちゃってあなたの唾液が欲しくて、舌を出す。ちくびの先がウズいて、あなたの胸板にこすり付ける。もっと奥を突いてほしくて、腰が揺らめく。でもあなたは全部お見通しで、焦らしてる。あたしが、強がっちゃう悪いコだから。だけどあたしは知ってる。素直になれなくて、焦れて涙目になったあたしを見るのも、好きなんでしょあなたの胸ぐらかんで、揺すぶりながら、「ねぇあたしのこと、愛してるの中途半端にしないでよ、このへなちょこ」って責めたい。で、ぐっと言葉に詰まったところで、くちびるを奪ってしまおう。そんで、精一杯いやらしく舌を絡めて陥落させたら、次はあたしが責められる番。だめぇっっ、いやぁっ無、理ぃ、やだぁだって、せめて口だけでも抵抗しないとタガが外れてしまいそうどーしてるかなぁ雨に濡れてないかなぁ帰宅難民になってないかなぁあたしが暖めてあげられたらいいのに。女子高生
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n3jgvl2kt4
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n3jgvl2kt4/index1_0.rdf