理不尽なリムジンには、のらないよ(笑)

May 01 [Tue], 2012, 18:50
昨日、アルバイト先の同僚と話をした。
確かに庭師を辞めた経緯あんまり書くと関係者さんもマイミクにいるからごめんなさいだけどは、ホテルの庭師をしていた私は、ホテルのレストランのひさしに出来た蜂の巣をつついてお客様の安全すら無視していたホテル側のスタッフバンケットマネージャーから声をかけられ、すぐ蜂の巣除去をしろと命じられたが蜂を一旦沈静化してから巣を取りましょうという私の提案をすぐとらないのは、喧違買Xと騒ぎ立てホテル支配人にけっきょく私を切るか、造園会社とホテルの喧を帥鰍驍ゥと造園会社本社の方に迫らせてしまったことは、私の不徳のいたすところだと思う喧bヘ、危険作業は、含まれていないから蜂の巣除去そのものは、喧外であるのだがまぁそんな理不尽も数年たつと蜂に刺されてぴーひゃらら事件と笑いとして消化してしまう私である。
ちなみに当時誰も蜂に刺されなくて本当に良かったと私は、思う。
レストランゴルフコースに隣接の入り口だったし夏で隣接するプールも開いていたし、クビには、なったが数時間他のスタッフの協力でお客様の立ち入り制限をかけたお陰で事故を防げたことは、私の密やかな誇りである。
クビくらい安いもんだ。
さてと世の中には、理不尽な方々は、多少なりともいたりする例えばであるうちは、400年の歴史があり徳川家より古いと言いはっていた、女将がつとめた舘山寺にあった某旅館は、私に萩ニ子会社の社長の地位をくれたが僅か1ヶ月で破綻逃げ出した。
お陰で負債をかぶったこともあるしその後その旅館も人手に渡ってしまい、今度は、なんだか寂しい話に京都新聞杯なっちゃいましたがまぁいつも造園会社を辞めた経緯と合体しいやぁ若気のイタリアンですがははと言ってたりするが実は、2つは、まったく別の事件であるさてとこんな苦労から多少私は、老けて見えるらしい。
じじいである爆とすぐ笑いに転嫁するので深刻さみたいなものは、伝わりにくい私は、思うんだ理不尽な連中は、どこにでもいるし例えば金払えばナニ言ってもイイなんて客もいる大事なことは、そうした時、自分を失わないことじゃないかな逃げたって構わないしツッコまれないよう自分を高めるのも手だし理不尽なことだったら無視するのもありかなあんまりへつらうと人間自分を保てないしあんまり怒りが多いと調べてやるとか、復讐してやるとかいらない時間を割いてしまうんじゃないかいいじゃないか理不尽な奴らを笑い飛ばしても。
さてと仕事仕事。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n34lvi42a9
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n34lvi42a9/index1_0.rdf