確定申告で医療費控除

February 24 [Sun], 2013, 9:03
確定申告で医療費控除の手続きをする歳には、「白色申告」の用紙の記入が必要になります。そもそも税金というのは、何だかんだとかこつけては国が持って行くものだと思われているかも知れませんが、実際には少し違います。尚、個人事業主の方でも、医療費控除のみを受けようとするサラリーマンと同じ白色申告をされている方は大勢いらっしゃいます。

最近は確定申告にもインターネットが大活躍する時代!当然、医療費控除の手続きだって同様です。セルフサービスで深刻手続きをすると、年末調整で確定した納税額の中から、さらに差し引かれる事になるものです。この基礎控除というのは、全ての納税者が受けられる免税処置な訳です。

実際問題、確定申告書の記入よりもずっと手間暇掛かります。しかし、どんな立派な会社でも、通常一社員の医療費控除の手続きまではやってくれません。ですので、その場合は、ある程度まとめて記入する事も認められています。

サラリーマンには、それが思いの他面倒だったり難しかったりするもので、ついつい“もういいや!”っと思ってしまわれる方もいらっしゃるようですが、実際にやってみるとそうでもないので、今年は是非チャレンジしてみませんか?確定申告によって医療費控除を受けるには、確定申告書の他に、「医療費控除用紙」というのが必要になります。勿論、税務署に行けば山ほど置いてあるので、いくらでも手に入れる事は出来るのですが、実はこの医療費控除用紙というのは、それこそ医療費関係の出費を事細かに記載する帳簿みたいなもの。また、最終的にはもうすでに控除申請されている額にこの医療費控除額をプラスするという形にしないといけませんから、年末調整済みの源泉徴収票を手元に置いておく必要性もあります。

医療費控除の書き方講座
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n1pp6hst
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n1pp6hst/index1_0.rdf