小笠原の塩さん

January 01 [Fri], 2016, 1:21
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員を何人でみておけば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。
ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認を調査することが多いでしょう。
再度考えて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。
例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることは避けましょう。
浮気が発覚したことで妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、離婚を避けられない事態に陥ることもありえます。
しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。
自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど様々な角度から検証して裁判所が決定します。
不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。
離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかを考えてから相談しましょう。
また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にしてはいけません。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。
当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。
また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。
カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。
カーナビから履歴を確かめ、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられるのです。
履歴があまり見たことない場所であった場合注意が必要です。
そして、何度も給油されていた場合、車を用いてデートされている可能性があるかもしれません。
探偵をバイトでしている人のいる例があってしまうのです。
探偵のアルバイトを探してみると、お仕事が見つかるのです。
このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多くの例があるということです。
浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報を教える必要があります。
アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。
探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
心から信用のできない人間と一生を共にするのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。
探偵をお願いすると高くなるので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。
テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。
相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。
あったことをなかったことにさせないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。
同一電話番号との連絡を電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりすると浮気相手と連絡をとっているという見込みは濃厚であると考えられます。
その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:詩織
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n1neehalptqvda/index1_0.rdf