タッチパネル画面なんて嫌いだ…・゜・(つД`)・゜・。

September 01 [Thu], 2011, 0:24
画面の汚れを取った拍子にページ戻る状態になり一時間近くかけて打った日記が全部なかったことにされましたもういいよせっかく冒頭に小ネタ書いてたけどもういいよコンチクショウそんなやさぐれ気分で始まる三途の川スレスレ日記の備忘録です自分のための備忘録なんで長いですもー短くまとめるのは諦めたしかし猛暑の6連休のうち5日アウトドアって、やっぱ無謀でしたおかげで回復するのに時間かかるかかる。そして年々その時間が増えていくまずは2泊3日の岐阜ツーリングお盆休みの日、高速でサクッと滋賀は長浜市の木之本へ早くも殺人的な日差しと渋滞の洗礼を受け、ペットボトルが景気良く飲み干されます1日にき軽く4本は飲みました。でもトイレは殆ど行かなくて済んだというどんだけ水分蒸発してんのかね。むしろオーラの如く立ち上っt初日のお宿は岐阜でもやや北の方の白鳥という所だったので、混みそうな岐阜市内は避けて国道号をのんべんだらりいや、いい道でした閑静な山の中、交通量ほとんど無し。我々の貸し切り状態途中の道の駅で休憩し、ツッコミ入れ道の駅って定休日あるんだこの道の駅で、隼とグラディウスの二人組が何故か出て行っては戻ってきて、を繰り返していました。君ら革ツナギで相当暑かろうに何やってんの夕方頃、郡上八幡駅に到着実は高校の修学旅行が、岐阜のこの郡上八幡でしてその時は時間がなくて行けなかったお城にリベンジしたかったんですが運悪くこの日は街を挙げての徹夜おどりの日で、バイクでNEWメール近づけそうもなく断念夜通し踊るんだそうな。そのための臨時便も夜中の3時や4時に増発。元気だなぁまたこの頃には疲労による眠気が襲ってきて、宿に着くのがやっとでした正直、駅から宿までは意識が朦朧として記憶が定かではない民宿と聞いていたので古めかしい昭和テイストな建物を想像していたのですが意外と小奇麗失礼部屋はしっかり昭和テイストでしたがイタリアンレストランが併設されてて、ご飯も美味しかったです何故か夕食は豚しゃぶでしたがイタリアンちゃうんかいこの日はペルセウス座流星群が見れるかと期待していたけど、お月様が明るすぎあと正確な時間と方角を知らず、結局見れませんでした。残念翌日日。そもそも我々は暑い大阪を離れて避暑に来たんぢゃよーということで高山を目指して北上道中、長良川鉄道の終着北濃駅に立ち寄り二人とも基本的に乗り物関係が好きなので、こーいうのには飛び付きます山に入るとさすがにだんだん涼しくなってきました。スキー場を越えた頃には道路標識の温度計は度。しかもバイクで走ってるから体感温度はさらに低いおぉー、涼しー避暑避暑高山市に到着。真っ昼間に着いたけど、街中でも心持ち涼しい避暑避暑和は良いねぇ、日本の文化だねぇとか言ってたら何て和風な英語学習塾クリーニング店商店街も観光地らしくて良いねぇ、とか言ってたら道なりにこんな看板が他も面白いのだらけで、歩きながら笑ってお腹痛かったっスやっぱり和風な喫茶で抹茶氷カフェなど食して、次の目的地下呂温泉目指して移動くづく良い道だなぁ若干通り雨に降られながらも下呂温泉駅に到着温泉街に来たからには入らにゃなるめぇ、と公衆浴場へこの辺りに来るとさすがに暑かったんで、汗が流せただけで気持ち良かったむしろ温泉より頭から水被れたのが嬉しかったのは公然の秘密ぇや、モチロンいいお湯でしたよ熱めのお湯でサッパリサッパリこの日の宿は岐阜市内。もうひと走りだと途中のコンビニで食事し移動するも夕方、関市に入る頃に渋滞に捕まるせっかくお風呂入って体力回復してサッパリしたのに汗が疲労がややグッタリしながら駅近くのビジネスホテルに到着ホテルマンのオジさんに、細長い従業員用自転車置き場に誘導される愛馬え、他に邪魔にならないであろうスペースがあるのにヲイヲイ、門からはみ出るんだけどしかも横を自転車が通れるようにしろって通るのはいいけど明日傷付いてたらNEWメール文句言いまくるぞゴルァと内心息まく我々もちろん翌日出立の時には念入りにチェックしましたとも気を取り直して。夕食を求めて繁華街へ道すがら飛騨牛鶏ちゃんという単語ばかりを見てきたので、ここはひといっとこうぜということで鶏ちゃんけいちゃんってどんなんやろと思ってましたがコレでした写真右どっちもンマ柔らかくてジュシゴクリトマトの卵とじなるメニューを他の人が食べているのを見ましたが色々な事情で断念写真撮り損ねたて言うか、岐阜はトマトの産地なんでしょうか、やよさん私信今回トマトを使ったメニューを結構な頻度で見かけたのでシメに焼きそばを注文したらちょ、それ何人分他の人頼んでなかったよねさすがに入らないよと二人して真剣に動揺していました今にして思えば、酔ってたんだな苦笑きたのはちゃんと普通サイズでしたそりゃそうだNEWメール3日目の日。岐阜市内と言えば稲葉山城城好きとしてそこは外せないさらに偶々、直前にやってた某乙女ゲーで最萌えキャラが稲葉山城のことを話していたのですうぉ来たぞしかしこれがまたすっごい山の上でロープウェイ作った人は偉いなぁありがとう、そしてありがとうbyスカイハイ今の天守閣は年くらい前に再建されたものだそうで鉄筋造りでしたがやはりお城には浪漫があるなぁこれだけ高い所に居たら殿さまもさぞかし気分良かったでしょうなぁ下っ端の通う人は大変だったろうけど翌日からのスケジュールを考慮して、昼頃には帰路にきましたあ、今回はトラブルもなく良い避暑だったなぁと思ってたんですけどねそしたら高速の彦根八日市間であり得ない土砂降りもうね青空から雨雲になるまでが早いこと早いこと2台先の車が見えない視界の悪さ。カッパ着る間もなく下着までズブ濡れ天は定番のこの台詞を、どーしてもオイラに言わせたいようです、道が川のようだムスカ調ここ高速なのに極めけが雷光見えました進行方向の何処かの山に、確実に落雷したと思います一時的に高架下で雨宿りしようにも、真上でゴロゴロゴロゴロ怖いよぅぅぅてゆか今、道路の何処かに落雷したら、うちら確実に感電死するよね行くも地獄止まるも地獄、ということで、泣く泣く川状態の高速をでハザード付けて走りました。でないと後続の車に轢かれかねなかったですからんで、八日市越えたら嘘みたいな晴天になるのよね予想どーりッえぇ、家に辿り着く頃にはバイクと上半身前面部は何事もなかったよーにほぼ乾いてましたただし背中下半身手袋靴は全然。胸から下は泳いだ後のような冷たさでした暑いはずの大阪で、あんなに身体が冷え切っていることはまずないでしょうどーしてもオチをけさせずにおいてくれないというオチでしたこの翌日から1泊2日でキャンプツー行ったんですが、もう書く元気ない匙投げて言うか、今まさに下呂の辺り豪雨で大変なことになってますね避難勧告出てるし通ろうと思ってた道、冠水してるし
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n1ih5eekf4
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n1ih5eekf4/index1_0.rdf