亀岡の北浦

January 26 [Thu], 2017, 11:52
この時期、ニキビ予防において大切にしないといけないのは、菌の温床にならない環境を用意することです。ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕をしばらく洗っていない、手で肌に触る等は、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。



いつもに清潔を保てるように意識していきましょう。やっぱり、顔にニキビが出来るとひどく憂鬱になってしまいます。


ですが、実はお肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。


まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、毒素を体外へ排出していくと、吹き出物もさっぱりなくなります。

ニキビがあらわれると潰してしまう方が確立的に多いようです。

潰すと跡が残るからだめだ、というのが常識的な意見です。早急によくなるには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。



潰したニキビ跡も治ります。

顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、ニキビ箇所を選んで薬を塗ります。
ニキビに用いる薬は、様々です。当然ですが、専用のニキビ薬の方が効果的です。


でも、軽度のニキビならば、オロナインでも大丈夫です。ちゃんと、効能・効果の所に吹出物ややけど、ひび等と一緒に、記しています。

ニキビは女性に限らず男性にとっても一筋縄でいかないものです。

少しでもニキビにならないように気を付けている人はいっぱいいると思います。



ニキビができてしまった肌への対処法の一つに水洗顔が知られています。ニキビができた途端に、しょっちゅう洗顔ばかりしたり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、これらはNOなのです。皮脂腺の炎症を防ぐために、朝食で、果物を摂取するようにしています。


その季節の旬の果物を必ず食べています。

食事で果物を摂取するようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。便の通じが改善したのも、吹き出物が発生しなくなった一つと推測できるかもしれません。
なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥が含まれています。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に思う人も少なくないかもしれません。
もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる元凶となってしまいます。ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を他の人と共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビがうつることがあります。また、自分で自分のニキビを触って、顔を触ってしまうと、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。冬は乾燥が気になって皮膚のケアをしますが、それが反対に吹き出物が増加する引き金になっているように思うことが時々あります。


普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することがお肌を刺激することになり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、ニキビが出来てしまう場合があるそうです。ニキビを予防したり、出来てしまったニキビを素早く改善するには、正しい食生活を摂っていくことが重要です。中でも野菜を中心に摂っていくことは非常に大事なことです。

ミネラルやビタミンが野菜にはたっぷり含まれていますから、そういったことを意識して食べるのが理想となります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レイナ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる