富士ヶ嶺高原別荘地こ 

2005年05月19日(木) 20時35分
ここは富士山麓

東京から見ると富士山の西側に当たる上九一色村富士ヶ嶺高原別荘地。知る人ぞ知る都心から1時間30分、自然と共存できる憩いの別世界。青木が原の樹海をぬけたらそこに広がる雄大なる富士の裾野、感動を覚えない人はいないでしょう。5月カッコウと鶯たちのハーモニーで迎えてくれます。7.8月真夏標高1000m(軽井沢とほぼ同じ)クーラーなんて要りません.とても清々しい気持ちになれることでしょう。それと本当に感動なんですが、夜の空見上げてみてください。数え切れないほどの星、いえ、もう宇宙に吸い込まれていくようなスケール感が味わえます。10.11月一度青木が原の樹海を走ってみてください。紅葉のすばらしさにハンドルを取られそうになります。危ない、危ない・・1・2月とても富士山がきれいに見える季節です。あれあれ朝もやの中鹿の群れ、そうなんです。私が30年この地を訪れていて始めて目にした鹿の群れでした.富士山麓に鹿なんて、でも本当にいたんです。その鹿の群れは早朝7時頃だったと思います。朝もやの中車を走らせていたら道路の10m先の藪の中から出てきて一瞬私の方に振り向いたんです。7・8頭の親子ずれでした。エンジンを切ったのと同時にまた藪のなかえと消えていきました。夢か幻か、いえ現実です。
ここは本当にいいところですよ。私の大好きな故郷みたいなところですから。
私はこの別荘地を販売している一営業マンに過ぎませんがこの地が大好きです。人間関係に嫌気が差したとき、営業にいきずまった時、もう田舎に帰りたい、と思ったとき、この地を訪れると自分に素直になれるんです。何もかもいやな事を消し去ってくれてもう一度頑張ろうと思えるんです。何故なんでしょう。きっと人間の原点は自然に帰るということなんでしょうか。
私はこの地をいろんな方に知ってもらいたい一心でこの文章を書いてます。あまりにも知られざる地ですから・・物件情報は会社との係わり上ここでは控えさせていただきますが、お問い合わせいただければ本当に特別に特別格安物件をご紹介させていただきます。

上九一色村をこよなく愛する一営業マンより
P R
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n12k12
読者になる
Yapme!一覧
読者になる