インプラント治療を掲げ

March 16 [Thu], 2017, 13:13
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。それは違います。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。MRI検査への影響はありません。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。最大のデメリットは費用が高額になることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Runa
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/n0sd4rppnohoae/index1_0.rdf