リアサスペンションのまとめ お勉強編。

July 09 [Sat], 2011, 7:00
今回は、サスのを行ったこともあり、酔った勢いでサスペンションの基礎知識をまとめたいと思います。ほぼ自分用のまとめなので、あしからず。その昔、年ごろまでバイクにはまだサスペンションがいていませんでした。では、それまでのバイカーはみんなぢに悩まされていたのかというと、そこは努力されていたようで、サドルそのものにバネが取り付けられていました。ママチャリみたいな感じです最初にサスペンションを取り付けだしたのはあたりから。まずは、フロントにショックがけられ、リアにサスペンションがけられたのは後になります。王は年でもリアはリジットですからね。そのときの機構としては、短いスプリングが地面に対して垂直に、スイングアームとフレームを繋ぐように取り付けられていました。リアホイールの動きと同じ方向にストロークするんですね。それはホンダがマン島に挑戦する年代ぐらいまで続きます。このころのサスペンションは乗り心地のためにけられていた側面が大きく、今のようなコーナーを攻めるためのサスペンションではありません。そもそも、舗装路がそれほど整備されていなかった時代ですからね。レースもほぼダートレースっぽい感じです。そんな概念自体がありませんでしたがしかし、年代になると、オフロードレースがアメリカから人気が出ます。オフロードではストロークが大きいほど速く走れるので、サスペンションはどんどん長く、車高も上がっていきました。で、長いサスペンションがブシュブシュ動くとその弊害も出てきます。動きが大きいので熱量も大きくなりますし、ダンパーの内圧が上がりすぎてオイルシールを突き破ってしまったりそういった必要性にかられて登場したのが、前傾サスペンションです。今も多くみられる形ですね。これによって同じホイールの可動量でも、サスペンションのストロークを減らすことができます。しかし、これにはまだほかのメリットも存在します。というのも、前傾させることで、ホイールの沈みはじめはサスペンションのストロークを小さく、大きく沈み込むほどサスペンションのストロークを大きくできます。バネをcm沈めるのと、cm沈めるのは、後者のほうが抵抗が大きいですよね。ホイールの沈み初めは動きを軽く、より大きい力がかかるとバネが強くなり踏ん張るように。サスペンションの理想的特性を作り出すことができました。さていよいよモサスの登場です。時は年。動いたのはヤマハ。モデルはあのバイクの足回りに近代化をもたらした記念すべき一台でしょう。このバイクは世界で初めてモショックを搭載したマシンになります。今のようにリンクを介したものではなかったので、スイングアームからガソリンタンク下めでにサスペンションが収まっていました。2ストで背の低いエンジンだからできたんでしょうね。これが大当たりで、ヤマハはオフロードで快進撃を続けます。重心の集中などに役立ちましたし、よりストロークの短いサスペンションでも、リアホイールの大きな動きに耐えられました。なにせ、今まで上方向に逃げていた路面衝撃を車体中心部に向けたというのが大きいです。まあ、気をよくしたヤマハが、ロードレースにもモサスを搭載したを出しましたがイマイチでしたけどね。落ち着きがない特性になってしまいました。どうもピッチングが収まらなかったようです。さて、そのピッチング問題を解決したのがホンダです。プロリンクという機構で、モサスにリンク機構を持たせました。ぶっといサスペンションをエンジンの真後ろに直立して配置させるアレです。これによりピッチングも問題がなくなり、マスの集中化も達成、減衰特性も理想に近くなります。こうして現代のレーサーで主流の形が完成したわけですね。しかし進化が止まったわけでもなく、リンクを複雑にして上下からバネを縮めるものや、エンジンの前にサスユニットを持ってくるものまであります。では、技術変遷を説明したので一度まとめ。サスに求められるのは、小さい力に対して機敏に反応し、か、大きい力に対して粘るような二次曲線的減衰特性。そのために、一本のサスペンションでリンクを介す必要があった。副産物として、マスの集中も達成。さて、モショックの利点ばかり説明してきましたが、デメリットももちろんあります。エンジン近くにサスがあるので、ダンパーオイルの性能が安定しませんし、リンクを介しているのでその分が余計な抵抗になります。あと、吸気経路の取り回しがシビアになるのもありますね。現在でも、日本国内では二本サスのラインナップがとても多いです。サスペンションのダンピング性能が向上しているので、リンクを介すまでもなく二次曲線的減衰特性を得られるからでしょうね。逆に海外ではモサスが好まれるようです。さて、二本サスですが、ここで私はニエガレ様のダブルプロリンクを挙げたいと思います。にえ様は、一個人としてバイクに向き合っておられる方ですが、鬼のようにすごい方です。メンテナンスの師として仰ぎたいところですが、この方は二本サスにリンク機構を自作していました。。二本サスで二次曲線的減衰特性求めた結果なのでしょう。リレーションシステムといい、凄い方です。いか私もでここまで行きたいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n0bplbef1i
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n0bplbef1i/index1_0.rdf