昨日の日記について 

2005年04月22日(金) 0時25分
おいおい・・・6巻まだ発売されて無いよ・・・
5巻の間違いです。

6巻US版とUK版どっち読もうか考えてたので恐らくそう書いてしまったのかと。
そう、原書にチャレンジしてみようと思ってるのです。
和訳出るまで待てない!
やっぱアメリカ英語の方が馴染み深いしUS版を買った方が無難でしょうか。

次作タイトルの混血の王子って何のことなのか読めてきてる人も恐らく多い事でしょう。

個人的にはヴォル様とハリーの瞳の色のことが気になっているのだけど
あれは関係ないのかしらん。
勘ぐり過ぎ?

やはり原作オモロ 

2005年04月20日(水) 23時31分
ハリポタの6巻読み直してみた。
和訳発売日に買って徹夜で読み終えたきりだったのですが。
初め読んだ時ハリーがあまりにもブチ切れ過ぎなので
『こえー!』と思い読み返してなかったんですよね・・・。
で、改めて読んでやっぱり面白かった。

あ、読み返さなかったのはルシウス様が捕縛された事がショックだったってのもある(笑)
シリウスのことよりショックだったもん。
どこまでもマルフォイ家&スリザリン系贔屓です、はい。
ルシウス様かっこいいねぇ。
神秘部でデスイーターたちの指揮を執ってるとこがもうたまらん。
お父様・・・。
胸の前で指を組んで瞳を潤ませながら眺めたいです、その雄姿。

滞り気味だったふたりぼっち。へのやる気が漲ってきましたよ。
しかしハリーたちとはどの辺まで絡ませたらよいもんか。

気分転換に絵でも描くか。

圧倒的に片想いUP 

2005年04月06日(水) 6時05分
しました。
約3ヶ月ぶりの更新・・・時が経つのは早いものです。
あんまり進展の無い話なのですが。
圧倒的に片想いはどんな結末がまってるか、というんじゃなくて
恋する乙女の心理を書いてみたかったってだけなの。

言いたいけど言えない。
好きな人の動作言動ひとつひとつがすべて不可抗力。
とにかくどうしていいかわかんない!

みたいな。
曖昧な話なのですよ。

生ぬるく見守ってやってくださいませ。

書いた事は書いたのですが 

2005年03月31日(木) 0時52分
修正中。
毎日ちょこちょこ書いていたので
その日毎のテンションがそのまんま反映されてて
文章がでこぼこなので平らにならしてます。

背景用の画像も物色せねば。
2,3日中にはアップする予定です。

今日は恵比寿のタワーカフェでブランチした。
おいしかった。

げぇ 

2005年03月27日(日) 23時50分
日記をつけるのさえ1ヶ月以上ぶりかょ。。。
やばいっすね。
更新を待っていてくれている方なんてもういらっしゃらない予感。
見放されてる予感(笑)

日記くらいはせめて毎日・・・とはいかないかもしれないけど
頑張って書こうと思います。

今日はバイト中に圧倒的に〜の続き書いてました。
(おい、仕事しろ。)
これからお風呂で書き上げます。(予定としては。)
明日は完全休みなので出来れば更新したいなーと。

更新滞ってます。。。 

2005年02月23日(水) 21時39分
ご覧下さってる方いらっしゃいましたらホントすみません。
続きは毎日ちょっとずつ書いておりますので
もう少々お待ちくださいませ。
忘れてるわけじゃないんですよー

ふたりぼっち。 

2005年01月30日(日) 0時40分
早く続きを書かねば。

煮詰まってます。
どうしよう。

エゴイストに出てくる女の子をここで登場させる予定だったのですが
読んでくださってる方にしてみれば
他のキャラとのからみはいいから
ドラコと絡ませた方が読みがいがあるもんでしょうか、やっぱり。

なんていうか
ふたりぼっち。はですね、
ヒロインは超ロイヤルお嬢様で
今までなに不自由なく育ってきたせいか
どこか感情が希薄で起伏の少ない性格なのだけど
ドラコお坊と出合ったことで
今まで知りえるすべもなかった感情が自分の中にあったと云うことを
ちょっとずつ理解してはお互いに成長をしていく、
みたいなテーマが実はあったのですよ。

『怒の』感情を手っ取り早く引き出すには
ドラコドリということを踏まえると
恋敵を出すのがやっぱ一番ベターでわかりやすいかなーと。

そんな感じなので
ドラ坊とは時がくれば多分いちゃこらしだしますので
気長に待ってやってください(笑)

不具合修正完了 

2005年01月23日(日) 21時48分
やっぱフォルダのせいでした。
とりあえず解消されて良かった良かった。

ふたりぼっち。の続きを
今日のうちに書き上げようと思ったのだけど
頭が働かず半分で断念。

4年生くらいに一足飛びしたい・・・。
幼い心の動きって難しいなー。
パンジーとどれくらい仲良しにしたら良いものか悩みちゅ。
パンジーちゃん大好きなんですもの。。。
気が強い女の子って素敵です。

名前変換が 

2005年01月23日(日) 0時33分
不具合おこってますな。
ファイル分けたんだけどどうやら連動してる様子。
明日バイトから帰ってから直します。。。
フォルダ分ければ平気かな??

あと人物相関図のとこ、連載名がHide and seekのまんまになってます。
最初は『圧倒的に片想い』じゃなくてこっちだったんです。
圧倒的に〜はコンセプトだったのですが
なんかこっちの方がわかりやすくていいかなーと。

来週はがんばってふたりぼっち。更新するぞー。おー。
裏も続き書かなきゃな。
今一時的にリンク切ってるので探してる方いらっしゃったらごめんなさい。
絵は相変わらずスランプです。

ところでカンニング竹山が
最近面白い気がしてきた。

更新 

2005年01月22日(土) 1時21分
勢いがあるうちにかいとこう、と。
2話分も更新。
ここ数ヶ月の超亀更新を考えたら奇跡的な快挙だ(笑)

圧倒的に片想いのデフォルトの名前の解説。

主人公:リナリア・ウィステアリア

 姓・名ともにお花の名前です。
 リナリアは和名では姫金魚草。
 かわいい花です。
 花言葉が『私の恋を知ってください』らしく、話の内容に沿ってるし、
 何より響きが可愛かったので。
 ウィステアリアはなんだっけな。忘れました。


婚約者:アナスターシャ・グリュックスブルグ

 お姫様ちっくな名前はないもんかとうんうん考えた結果です。
 アナスタシアとアナスターシャで迷ったんですが、まあ何となく。
 ヴィヴィアンのアクセサリーでアナスタシアシリーズっていうのがあって
 それがものっすごい綺麗だったのも理由の一つ(かも)。
 グリュックスブルグは北欧の国の王族の末裔の姓です。

以上☆


私は普段ほぼ0に近いくらい、
同じジャンル書いてるサイト様のドリーム小説って読まないのですが
今日はいろいろ巡ってみた。

ヒロインがグリフィンドールで、最初は反発しあってたのに・・・って設定が主流なのですね。
そうなのか・・・。

多分私には書けないな・・・。
嫌いな人のことを徐々に好きになっていったっていう経験が無いので
その気持ちがわからないからなぁ・・・。

1回嫌いになったらずっと嫌いなまんまだな、私は。

あ、批判するつもりは全く無いです。
理解や共感できない私が悪いんだと思う。

知り得ない感情を書くことは多分無理なので
ともかく自分の感情の理解の範疇内で
マイペースに書き続けていきたいと思います。
恐らく自己満足で書いてるようなもんだしね・・・。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n-i-n-a
読者になる
Yapme!一覧
読者になる