ということはWimaxの信号を受信しそれをPC

September 07 [Sun], 2014, 9:14
ということはWimaxの信号を受信しそれをPCの解釈可能な信号に変換、またそれと反対にPCから発信する信号をWimaxで使用する信号に転換して送信するということができる仕組みが必ず必要なのです。

もしも有線ネットワークで契約していて、しかもその契約内容がけっこう高速な契約であれば有線ではないWiMAXに切り替えると百パーセント今と比べて1/5〜1/10程度まで遅くなって当たり前だと思ってください。

規定の容量規制に引っかかった場合通信速度を極端に絞られます。通信量による通信規制が無いのはWiMAXだけ!ちなみにXiやLTEは、一定の追加料金を払えば一定量までであれば通信規制がはずされます。

外出先でも部屋の中でもただひとつのモバイルWIFIルーターのみでネットを利用するのであれば、やはりLTEの場合は一定以上使いすぎると回線速度に利用制限をかけられる場合もあるわけですから使用量にとらわれないWIMAXをおすすめしたいのです。

動画サイトのYouTubeならばごく普通の画質クラスでADSL以上の通信速度が出ればほとんどは快適に再生可能です。ということは、お手軽なWiMaxでも安心できると言えるでしょう。

みんな使っている携帯電話とか無線のモバイルネット接続システムの言葉で、対応端末の移動状況に合わせて、一度基地局から外れても隣接している基地局が自動的に接続しなおすシステムのことをハンドオーバー(ハンドオフ)と名付けています。

スマートフォンのテザリング機能だったら、事前に設定された通信量を超過すると速度制限がかかり、肝心な時に通信不能になることもありますが、最近注目のWiMAXならそんな使用制限がないのです。

PS3ではもちろん無線による接続もできるようになっていますが、WiMAX用の機器の中には付属品のクレードルに有線LANを接続することが可能なタイプもありますからすでに接続されているLANケーブルを差し替えてもらえば事足りてしまいます。

スマートフォンを使用する場合、契約中の携帯回線事業者の回線を経由しないで、無線LANのみ経由した通信であっても対応できるので、部屋の中に無線LAN用の親機を置いてやればいいのです。

自前の通信回線を持っているdocomoから通信回線を借り受けてとても安価に契約者が利用できるという業者だっています。約半額ぐらいになります。例えばデータ利用量規制が掛かった時の通信能力位だったら月々の費用は千円以下でいいのです。

つまりWi-Fiルーター端末というのはネットからの無線回線と対応モバイル機器を無線LAN(Wi-Fi規格)を利用して中継する端末のことです。何台もの機器を無線LANで接続させることができる能力があります。

いくら最近は無線LANやWIMAXなどワイヤレス機器の通信速度が速くなったといっても、当然有線LANと比較すると、いまだにものすごく通信速度に差が出るのです。今、有線LANでは実際に75Mbps程度出ています。

まだ快適な高速回線による接続ができない都市部以外の地域では、スマホによるテザリングは回線速度が遅いので、本来は速い動きの映像がコマ送りになったり、ダウンロードの際に相当の時間がかかってしまいます。

ここ数年はNTT以外が提供しているADSLだったら昔と比較するととても価格が下がっているのです。しかしNTTまでの距離が短いのであれば、ADSLによる通信でも不満のない通信速度が得られるケースがほとんどだそうです。

よく言われるように我が国のケータイ(フィーチャーフォン)は、島の名前と同じガラパゴスと呼ばれるように、狭い島国日本で独自の進化を遂げてきた歴史があり、日本国内の携帯電話メーカーは、海外企業に比べてグローバル展開に弱いため、日本国内向けの展開を主に考えているようです。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mz65plt/index1_0.rdf