一年の終わりに思うこと。 

December 29 [Sat], 2012, 20:26
ずいぶん長い間、日記を書いていない気がしていたけれど
よくよく考えてみてみれば
旅行中はアナログ(手書き)に戻っていただけで
思ったよりも続いていると思う。

ここ最近、調べ物のついでに過去の日記を読み返していたら
日記が残っているのはすごいって改めて思った。うん、いつものことだけれども。

ネット小説の夢みたいなラブラブ物語に負けないぐらい
乙女で、バカで、真っ直ぐで、ずるくて、情けなくて、でもなんかキラキラしてて
泣けてくる。

結局のところ、大阪のきみのとは縁が、縁を切れないし
ドクロのブレスレットをつけた手で優しく頭を撫でてくれたきみのことも
(ブレスレットのジャラジャラ音がいまでも忘れられない)
あんなにも大好きだったきみのことも
(おかげで本当に綺麗な思い出になった。今はそれが悔しくなってきた)
上京してきたあと、裏切りの中で見つけた痛い恋も
(誰かを裏切って、自分が幸せになれるわけがなかった)
ぜーんぶぜーんぶ、忘れられなくて、大切で、大事で、忘れたくなくて
強くなりたいと思っているのに、いつまで経っても弱いまま。

結局のところ、ひとりが苦手で甘えてしまう。

今年ももうすぐ終わり。
来年こそは、そう、来年こそは、と思う。
いい加減、唯一無二を見つけたいな。

サプライズ国際電話 

March 28 [Wed], 2012, 22:52
無理に日記を書くのは好きじゃない。
でも、帰国した翌日24日の夜と今夜かかってきた電話のことは
覚えておきたい。

最初に離れて過ごした期間は1ヶ月半以上あったけれど
その次は1週間、それから4日間、そして今回11日間。

24日は期待していたけれど、今日はサプライズ。
もともと安定していた気持ちが、さらに安定度UP。1ミリだって揺らがないよ。

そばにいられる間は、自分の全てで愛してあげる!

Instructions for Life 

November 07 [Mon], 2011, 18:05
Instructions for life written by Dalai Lama

1. Take into account that great love and great achievements involve great risk.

2. When you lose, don't lose the lesson.

3. Follow the tree R's:
- Respect for self
- Respect for other's and
- Responsibility for all your actions.

4. Remember that not getting what you want is sometimes a wonderful stroke of luck.

5. Learn the rules so you know how to break them properly.

6. Don't let a little dispute injure a great relationship.

7. When you realize you've made a mistake, take immediate steps to correct it.

8. Spend some time alone every day.

9. Open arms to change, but don't let go of your values.

10. Remember that silence is sometimes the best answer.

11. Live a good, honorable life. Then when you get older and think back, you'll be able to enjoy it a second time.

12. A loving atmosphere in your home is the foundation for your life.

13. In disagreement with loved ones, deal only with the current situation. Don't bring up the past.

14. Share your knowledge. It's a way to achieve immortality.

15. Be gentle with the earth.

16. Once a year, go someplace you've never been before.

17. Remember that the best relationship is one in which your love for each other exceeds your need for each other.

18. Judge your success by what you had to give up in order to get it.

19. Approach love and cooking with reckless abandon.

Trust 

October 27 [Thu], 2011, 22:18
11日目に届いたメール。
あなたの名前を見ただけで、嬉しかった。
悪いことが書いてあるとは思えなかったから
迷わず中身を開いた。

こんな気持ちになったのは、本当にはじめてかもしれない。
今でも正直、これが恋なのか愛なのかわからなくて
不安はあるけれど
ただひとつだけ確かなことがあって
それは、相手を信じている。ということ。
なかなか人を信じることが出来ない自分にとって、これはとても特別なこと。
もちろん、簡単じゃなかったし、それなりの時間は必要だったけど
今ならわかる。わたしがあなたを信じられるようになったのは
とてもゆっくりなわたしのペースに、あなたが合わせてくれたから。

それから、自分でもどうしてかはわからないけれど
再会する。それは未来のことで、普段から明日何が起こるかわからない。と
言い続けているのに、それが確実だとわかる。
再会しない未来はない。必ずあなたに再会する。それだけは1ミリも疑えない。

寂しくて涙が零れる夜があっても
わたしはあなたに再会出来るから、不安じゃない。
わたしたちは同じ空の下にいるから、大丈夫。

今、離れ離れなのは
ふたりがまた一緒に過ごすために必要な時間。
約1ヶ月半、わたしたちは毎日顔を合わせて
一緒にご飯を食べたり、散歩をしたり、笑い合ってた。
約10日間、わたしたちは毎日隣で眠って、ほとんどの時間を一緒に過ごした。
それでもまだ足りないから、わたしたちは再会する。

わたしとあなたの道が重なったのは偶然じゃない。
I trust Ganesha. Up to Ganesha. だから
わたしたちの道は再び重なると、信じてる。

秘密の夏の朝 

August 14 [Sun], 2011, 23:37
情けない。
「特別」なんて言葉は簡単に使ってはいけないのかもしれない。
それでも、やっぱり何年か前に出会った日のことを思い出して
勘は良いほうだと確信した。

どちらからともなく、手が触れ合って、手を繋いでキスをした。
ただ、それだけのこと。

予感があったわけじゃないけれど
違和感はなかった。
もしも、今までに同じ状況に出会っていたら
きっと今日と同じことをしたと思うから。

ただ、甘えてはいけないと思ったから
怖くて、自分からは手をのばすことが出来なかった。


――― なかったことにしてあげる。


帰り道、自然に話せたと思うから
不安がないわけじゃないけれど
次に会う時はまた今まで通り、元通り笑えるはずだから、きっと大丈夫。

朝の6時までみんなで飲むなんて久しぶりで、とてもとても楽しかった。
午後まで一緒だったのに、もう秋の再会を楽しみにしてる。