Happy?Birthday to myself 

2006年05月14日(日) 22時10分
と、いう訳で、ゾロ目年を迎えてしまいました。22歳ってのはなんてリアルな響きでしょう 生きていくのがだんだん辛くなってまいりましたね〜

さて13日の0:00分を迎え、私は学科の後輩の男の子達と電話をしました。そのうちの一人も私と同じBirthdayで、私も彼のpartyに呼ばれていたのですが行けなかったのでおめでとうコールをしました。
そぅしたら、突然電話口でBirthday songを歌ってくれて、ものすっごく感動しましたいつも人のことを馬鹿にしてばっかりなのに・・・愛しい大事な私のかわいい後輩たちです。

話は変わりますが、この前部活の先輩に「お前、銀座(のクラブ)で働けよ。絶対モテるよ(売れるよ)。」と言われました。たまに色気があるなどのお世辞を言われたりしますが、色気の意味が間違ってるとしか思えないです。確かによく腹とか背中とか出した、体のラインのはっきり出る服を着ていますが、それだけです。
今年はそういうイメージから脱却し、クラシカルな爽やかさをかもし出していきたいと思ってます

in the dark 

2006年05月12日(金) 0時37分
大通りや大きなデパートの光が消えると、それを待ってたかのように路地裏の小さな飲み屋に灯がともり始める。外とも中ともつかない店で、客はその境界線に腰かけ、5分前に出会ったばかりの仲間と非現実的な酒を飲み交わす。吉祥寺の夜が降りてきた。

私はお酒があまり飲めない。だけど大好きだ。お酒を取り囲む空気が大好きなのだ。「飲まなきゃやってらんねーよ」酒より「飲まずにはいられねーよ」酒を私はよく飲む。夜の黒が隠れ蓑に感じる夜は酒をのむより帰って風呂入ってねる。気持ちのいい夜に、気持ちのいい場所で、気持ちのいい仲間に囲まれ、気持ちのいい酒を傾ける。

だんだん温かくなってきたね。吉祥寺の夜は長く、騒がしくなっていくね。

stay up late... 

2006年05月10日(水) 23時49分
明日は2限からだから久しぶりに夜更かししようかな
私の長い夜のお供は推理小説、温かい飲みもの、肌水
夜は乾燥するので15分おきに一吹きします。

今、読んでるのはアガサ・クリスティの『The mystery of the blue train』
物語りもクライマックスを迎え、お決まりの「皆を集めて、探偵さんよろしく」のシーンです。
ここまできても犯人が分からない・・・
まあ、そこが魅力だからいいのです!!

吉祥寺に「Trick Trap」という、推理小説専門店があります。
時間が合わずあまり行けないのですが、大好きなお店の一つです。
また新しい本を購入しに行く予定です

Daybreak 

2006年05月10日(水) 12時20分
この前ある人に教えてもらった。
人間の体は何一つ無駄なものがなくて
すべての体の細胞はそうあるべき姿でそうあるべき場所に位置するんだって。

昔読んだ絵本で
地球や太陽はどうやらねじでうごいてて
一年に一度だけ神様が宇宙に手をつっこんで
すべての惑星や銀河星のねじをまくんだって、書いてあった。
その中で神様が地球のねじをまいてる絵があった。

地球はもっとずっとシンプルで
ヒトが複雑にしてるだけなのかもね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mystery-with
読者になる
Yapme!一覧
読者になる