国難に直面している今の日本にこそいてほしい理想の人物なのではないかという熱い思いを語った。

June 21 [Tue], 2011, 11:42
世界各国にいる邦人をテロなどの危機から守る密命を与えられた外交官・黒田康作の活躍を描く『アンダルシア 女神の報復』に主演した織田裕二が、自身が演じる黒田は未曽有(みぞう)の国難に直面している今の日本にこそいてほしい理想の人物なのではないかという熱い思いを語った。ポーチ
 本作では、国際会議の準備でパリを訪れていた外交官・黒田康作(織田)が、時を同じくしてスペイン北部の小国アンドラで発生した日本人投資家の射殺事件の調査を命じられる。遺体の第一発見者で銀行員の新藤(黒木メイサ)、事件の担当者でインターポール捜査官の神足(伊藤英明)と共に事件の真相に迫っていくサスペンスドラマだ。織田が黒田を演じるのは今回が4度目だが、最新作ではより人間味が増したキャラクターとして登場する。グッチ財布&小物コピー自らに危険が迫るときでさえ、「国のトップに言われてもノーを貫き通せる、一本筋を通してしまう男ですよね」という従来の基本的な性格はそのままに、新藤や神足の心の傷を気遣い、親身になって思いやる優しい一面も見せるのだ。「神足役の伊藤君に、『黒田って、優しいですよね』と言われたけれど(笑)、僕自身も黒田を見ていて、今の日本にいてほしい男だなあと思うときがあります。大事な局面で国の代表として外交を成功させるには、強い信念や愛情がないと無理だと思う。そういう意味でも、黒田のキャラクターには僕らの願望が込められているのかもしれないですよね」と織田自身も黒田へのあこがれを隠さない。財布

 とはいえ、上質のエンターテインメントを追求する劇場版では、シリアスなテーマだけを声高に叫び続けるのではなく、ちょっとしたお遊びも用意されている。織田に言われなければスルーしてしまいそうだった遊び心あふれるシーンが、コーヒーのくだりだ。「実は4回ぐらい、黒田にはコーヒーを飲めるチャンスがあったけれど、いつも飲めていないんです(笑)。最初のパリではカフェに入ってきた黒田がコーヒーを頼むけれど、とある事情で飲めていない。その後の列車の中でも飲めず、最後に至ってはマシンに問題が(笑)。その瞬間は気が付かないかもしれないけれど、よくよく考えたら今回の黒田はコーヒーとは縁がないことがわかるんです」とコミカルな演出が盛り込まれているという。コーヒー以外にも目を凝らして観ていなければ見抜けない細部にまで仕掛けがあるそうで、「僕も1回観ただけでは見逃している気がして不安ですね(笑)」と出演者も舌を巻く徹底ぶりだ。

 また、本作はスペインを始め、空前の規模で海外ロケが敢行され、オールスターキャストが繰り広げる豪華絢爛(けんらん)なサスペンス超大作だが、本作の完成前、撮影中に大震災が発生。織田自身にも迷いが生まれたことを告白した。「今回の撮影中に大震災が起こったけれど、悩み考えた末に、やっぱりこういう作品でメッセージを出していく、元気を出してもらうことこそが、僕たちにとってはベストの方法で、自分たちにしかできないことだなと思えたんです」と被災地、被災者へ思いをはせながらも、自分の持ち場で全力で戦うことの重要性に気付いたという。何よりも映画というのは、そして今回の『アンダルシア 女神の報復』は、「後味が暗くないところがいいですよね。確かに苦いことは苦いけれど、それこそエスプレッソに砂糖を入れて飲むスタイルに似ているというか、底のほうに砂糖が溜まっているから、ビターなだけじゃなくてスイートな味わいも待っている。でも甘すぎず、後味はすっきりしている、この感じがすごくいいなあと思いました」。黒田はコーヒーを一度も飲めなかったが、観客には品質とサービスを保証する。「そうですね(笑)! 青島(青島刑事)ならコーヒー牛乳だけれど(笑)、この映画はエスプレッソ。大人の香りで上質だけれど、実はとても身近でおいしい。そんな映画かもしれないですね」と自身の『踊る大捜査線』を例に挙げながら、本作の魅力を語り明かした織田。映画は観る者を一瞬で夢の世界へ誘う娯楽の王様だとすれば、本作がその目的を期待以上に果たすことに驚くだろう。キーコインケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:myselfhandbag
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/myselfhandbag/index1_0.rdf