日本10位浮上 松山68マーク

January 30 [Wed], 2013, 14:25

トルコアンタリヤ(2コース)で開催された世界アマチュアチーム選手権で順延になった第2ラウンドの残りを行って、コーネリアGC(パー72)でプレーした日本は139打数とスコアを伸ばし、TaylorMade RBZ STAGE2 Driverで通算6アンダーの280打数で第1ラウンドの17位から10位に上がっています。アメリカが通算20アンダーでトップをキープしています。

  日本は広島瀬戸内高からの小西健太が71打数で回って、個人で通算4アンダー、139打数の14位にランクされた。東北福祉大からの松山英樹はロケットボールズ フェアウェイウッドで68打数を取っていて通算2アンダーの141打数、宮崎日章学園高からの香妻陣一朗は74打数で通算9オーバーになっています。
  第3ラウンドを行って、2位で出た日本は145打数で通算2アンダー、430の8位に下がっています。韓国が通算11アンダーでトップに立っています。
  日本は個人で3位につけていた兵庫滝川二高からの堀琴音がテーラーメイド バーナーアイアンで74打数とスコアを落とし、通算2アンダー、214打数の9位に後退しています。岐阜美濃加茂高からの鬼頭桜は71打数、大阪白鷺中からの松原由美は78打数を取っています。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mypsctsu2293/index1_0.rdf