では 通知カード到着後の流れってどんな風になるのか・・・

September 29 [Tue], 2015, 22:34
自分で手続きができるか心配な年金受給者・退職者も
申告が必要
になります。

そして 金融機関にも届け出る必要があるそうです。

つまり 年金を受け取る高齢者も日本年金機構へマイナンバーを登録し 
本人確認書類と共に届け出る必要がある以外に 上記の自営業者みたいに 
確定申告のときも必要になるそうです。

ただし 今年8月末の時点で 
年金分野についての紐付けは延期されるそうです。

しかし いづれはその手続きは必要になるんでしょう。


そして 退職者も国民健康保険への加入手続きの際には 
マイナンバーの申告が求められるそうです。

ただし 従来の国民健康保険加入時に必要だった「健康保険資格喪失証明書」の添付については 
マイナンバーの使用により省略可能になるそうです。

さらに 投資信託や株式、国債などの取引口座を持っている場合には
金融機関にもマイナンバーの申告が必要だとか。

更に 全ての金融機関に口座を持つ人は 
それぞれの対応に沿って手続きを済ませる必要があります。



最終的には 個人番号カード交付の手続きに備える必要もあるとか


個人番号カードは2016年1月からの交付が予定されているそうです。

その手続きは 通知カードと共に同封された申込書を利用して 
市区町村の窓口で申請
になるようです。

その手順には 原則として本人確認書類と共に本人による手続きが
必要とされているそうですけど 安心してください。

病気や障がいなどの理由があれば つまり窓口へ出向くのが困難な人には
委任状を持った代理人が手続きをすることができるようです。


そんな手続きを詳しく知りたい人には 2017年1月から始まる予定の
サービス・マイナポータルで知ることができるようです。

そのマイナポータルを利用して 行政機関の持つマイナンバーに関わる情報の閲覧とか情報を
いつ誰が利用したかという履歴の確認 そして住民異動などの手続きを
ネット上で済ませられるようになるんだそうです。

そうすると 役所でへ出掛けて行う手続きが簡単になるんでしょうか?


その程度のことは 今のところ分かっているとことですね。

これで役所の手続きが簡素化されれば 
無駄が省けて人件費が必要なところに
人材が回されれば嬉しいことですけどね(^^♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マイ
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる