川上雪_01

May 06 [Mon], 2013, 13:45
(一)

ー上夕阳西沉的光景,稻垣吾郎会拄了拐杖,到那条穿城而过的江岸边坐一坐。隔着滚滚流淌的江水,他又一次地望见了属于他们的年代。那里有声色犬马的飨宴,有街头四溅的鲜血,有最浓重的夜色,和彻夜不息的灯火。那是最好也是最坏的年代,却终于渐渐远去,褪为尘封旧照里一片依稀光影,和着袅袅茶烟忆起的一场繁华旧梦。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:elaine
読者になる
一只自然卷的K猫发发呆抓抓痒晒晒太阳码码字的窗台。
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる