考えてみる

November 27 [Tue], 2012, 18:33


たまに考えてみる。



たとえば、わたしがいなければわたしが間に入らなければ二人の空気は殺伐としたものになる。

だからわたしは間に入る。

感謝される。


たとえば、父が、最近弟は自分と話をしてくれないと言う。

避けられているようだと言う。

弟は両親をうざいと言う。

だから弟の前で父とたのしく会話でもしてみる。ゲームする。バスケでもする。

弟も父をうざがらなくなって、父も弟への接し方がわかる。

感謝される。


たとえば、あの先生は嫌いだからみんなでボイコットしちゃおうよって誰かが言う。

先生は相談する。

何がいけないのかしら。


だから、授業中ずっと発言してみたり面白い会話してみる。

みんなも加わる。

感謝される。

いざっていうときはいつも助けてくれるんです、って三者面談で母に話す。


たとえば、友人関係が上手くいかなくなってる子の話を聞く。

友達の彼氏を好きになって、それがばれちゃって、グループの子たちから無視されてる。


君は悪くないよ
大丈夫だよ
好きになるのは仕方ないじゃん
わたしは味方だよ
今度遊ぼうね
いつでも話聞くよ


感謝される。

あいつは話がわかるやつだ、大人だ、いいやつだと言う。



調子にのる。
人の扱いを知っているような気分になる。




でも、わたしなんだ。

弟の前で両親の至らないところを責めたり、クラスのみんなにあの先生の教えかたは気に入らないと喋ったり、Mちゃんの彼氏はT高らしいって教えたのは。


役得、なんだ。

どうしてみんな。

どうして気づかない。


種をまいたのはわたし。

あとは自然だった。

育ってしまった。


だから種の責任をという名目でわたしは、得をしている。


簡単すぎて怖いくらい。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なお
  • アイコン画像 趣味:
    ・どくしょ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mymoomin/index1_0.rdf