血の流れをよくする二ι(´Д`ι)

September 24 [Mon], 2012, 12:33
"テクノストレス症候群で最も問題視されるのは視力の低下であるが、コンピュータのVDT作業をしていると、どうしても姿勢が悪く前かがみになりがちで、重い頭が、その重量を支えてくれている頚椎よりも、やや前に出る。
そうすると、ほんのわずかでも重心が外れただけで、頚椎に大きな負担が掛かり、首の筋肉を鍛えてない人は、どうしても支えきれなくなって、頚椎が微妙にズレる。
ムチ打ち症である。
いわゆるムチ打ち症は、交通事故の衝突の衝撃によって、瞬間的に引き起こされるが、VDT作業によるムチ打ち症は極めて緩慢に進行するから、容易には気づかれず、手遅れにしてしまう。
盲腸炎(虫垂炎)にも急性と慢性の別があるが、ムチ打ち症にも急性と慢性がある、ということになる。

急速に進んでいる目の老化@
ドッグイヤーという言葉をご存知でしょうか。犬(ドッグ)にとっての1年は人間に換算すると、7年分になります。つまり、犬は1年間で、人間にとっての7年分の年をとってしまうのです。今、人々の目の年齢はドッグイヤー化しているといえるかもしれません。
原因はハッキリしています。目の使いすぎです。私たちの目は使いすぎで、猫烈なスピードで老化しはじめるようになったのです。
たしかに、一昔前と比べて、日本人は子供のころから目を酷使するようになりました。小学校に入る前から、受験勉強を始めさせられる子供もたくさんいます。小学校に入ったら、さらに勉強しなければなりません。学校で勉強、その後も塾で勉強。幼い身体と心にストレスは積み重なります。" 視力回復のツボ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mymnd
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mymnd/index1_0.rdf