悪の法則

May 12 [Thu], 2016, 16:52
たいして真剣に観てませんでした。
最初の三十分で飽きた。
てか、ついていけなくなった。


1 主人公の弁護士の顔が覚えられなかった。ケビンスペイシーだと思ってたけど、違った笑
知らない俳優なのに、最初にはっきり顔を見せないとかないわ。
そのせいで感情移入出来なかった←自分のせいですね


2 ペネロペちゃん可愛い
化粧が濃くても
すっぴんでも
確かに老けたけど、シワがあっても、
可愛らしさは変わらないものね


3 逆にキャメロンディアスは老け過ぎ。
てか、誰も言わないけど、
顔変わったよね。
整形じやないと思うけど、崩れたよ。
ただ、役は良かった。
開脚すごかった。
足もめっちゃ綺麗。


4 ブラピも老けたなぁ。
もう、50でしょ?
そろそろこういうチンピラの役は卒業した方がいいんじゃないのか?


5 ハビエルバルデムは期待を裏切らない演技。
この人とどんな家庭生活を送ってるんだろう。ペネロペちゃん。
まあ、ペネロペちゃんもどんな妻なのか謎だけど。




内容はよくわかりませんでした。
いや、正直に言うと、わかろうともしなかったと言うべきか。
麻薬で金を稼ごうとするチンピラ達の心情とか、
理解する必要もないし・・・
それだけしか訴えることがなかった映画は、どうなのかな、と。
恋人にダイヤを買うためにヤバイ仕事に手を染める弁護士って・・・
ペネロペちゃんがものすごい強欲な女ならともかく、
普通の人なのに。
宝石で一喜一憂するタイプでもないのに。


あと、ペネロペちゃんとキャメロンディアスがどうゆう知り合いなのかも謎。
普通に暮らしてて、
キャメロンディアスみたいな人とは知り合えないよねぇ。


会話が多くて長い割には、
大事なことは言わずじまいで、
見てたら解決するのかと思ったら、
そのまま話が進んだり。


だから飽きちゃいました。

オブリビオン

May 11 [Wed], 2016, 16:51

素敵な雰囲気の素敵な映画ですが、
SFなのでよくわからないところが多かったです。

色んなネタバレサイトがあると思うので、
重要な点だけを簡単にまとめます。

【最初にわかること】

@60年前宇宙人スカヴが責めてきて、
核戦争になった。
地球は放射能で汚染され住める状態じゃないので、
木星に移住している。

Aトムクルとヴェカ(彼女)は、二人だけで5年間、
地球の監視員として住んでいる。
トムクルは無人偵察機ドローンのメンテナンス員として、
彼女はその補佐として働いている。

Bトムクルは地球が放射能に汚染されているということを
あまり信じていない。
小屋を見つけ、そこに拾った文明の物を集めて、
服を着替えて隠れ家のようにして暮らしている。
一方ヴェカは5年間一度も外に出ていない。

Cヴェカは任務を終えて木星に行くことを心待ちにしているが、
トムクルは帰りたくないと思っている。

Dトムクルは地球に来た時からの記憶しかない。
それ以前の記憶は、宇宙人に捕えられた時に、
利用されたら困るからと言って消された。

E毎日「サリー」という女性から連絡が入り、
報告をしている。それを担当しているのがヴェカ。

Fトムクルは断片的な記憶から、昔好きだった女性が
いることを覚えている。

Gヴェカとは恋人同士だけれど、違和感を感じることがある。

【物語の最中にわかること】

@宇宙船が落ちてきて、トムクルが確認に行くと、
コールドスリープの空のケースと中に人が入ったケースが
あった。
無人探査機はコールドスリープを攻撃しようとした。

A中に入っていた人はトムクルの奥さんだった。

Bトムクルはスカヴに誘拐されたが、スカヴは実は地球人だった。

Cモーガン・フリーマンに一緒にサリーを攻撃しようと持ちかけられて、
一旦解散する。


【ネタバレ】

@トムクルとヴェカは60年前の宇宙飛行士で、
その宇宙船にはコールドスリープ中の妻も乗船していた。

Aトムクルとヴェカが二人で起きていた時に、
宇宙人の襲来に遭い、トムクルの判断で、
コールドスリープ中の乗組員を切り離した。
60年経って、ようやく地球に到着した。

Bトムクルとヴェカはクローンで、たくさんの、
トムクルとヴェカが地球を監視している状態だった。
そのクローンとトムクルは出会った。


とまあ、こんな感じでかなりややこしく、
私も映画を見終わった後にネタバレサイトで確認した次第です。
情報を整理しながら見なければいけないけど、
一時にドドドっと来るので、
処理能力が遅れると物語についていけなくなります。

色んな要素がちりばめられている映画ですが、
私がこの映画好きだなと思ったのは、
何気にドロドロした三角関係です。
トムクルの映画は恋愛が絡んでくることがあまりないので、
嬉しかった。
私本当はトムクルのキスシーンとか大好きなんですよ。

ヴェカとトムクルは恋人同士なんだけど、
ヴェカはトムクルからもらった鉢をすぐさま捨ててしまうような
女で、その後すぐに、トムクルを誘惑したりして、
ちょっと変な、トムクルとは合わないなと思わせる女で。
でもトムクルも煮え切らないから、違和感を感じながらも、
別にそれでいいかな、仕方ないのかなって思ってる。
二人で映ってる写真、トムクルがキスしようとしてる、
その写真も実はヴェカが勝手に撮った写真で、
ヴェカはトムクルに最初から横恋慕しようとしていて、
それを妻は知っていたのね。
多分、ヴェカはトムクルがコールドスリープを持ってきた時から、
あ、この女なんかあるなって気づいていて、
それで「あなたはすべてを失った」とか言い出すの。
普通そんなこと言わないよね。
もっと他にいろいろあるでしょうよって思うけど、
そういう思いがあるから、そういうことを言って、
で妻が笑い出すと言う。
トムクルとヴェカが戻ってきた時に、ヴェカが取乱し、
二人をどうにかしようとして、サリーにちくったりするあたり、
ちょっと狂ってるというか、おかしくなってるような。
だって普通の人なら5年間外に出られないって辛いと思うし。
いくら規則って言ったって、ねえ。

そのほかにもいろいろ伏線が張られていて、
そういう部分がSFファンにはたまらないのかなって思った。
私はSFファンではないのですけど。
放射能で汚染されているということだったけど、
あ、犬は普通にいるんだ。と思ったあたりとか、
そういう違和感が最初からあって、
そこが上手いななのかもしれません。


ラストは隠れ家に送られた妻が一人で目覚め、
双子を育てながら自給自足をしている、というものでした。
でも服とかどうしたんだろう?と不思議に思いました。
あと双子は一人で出産したのかな?
生き残った人々が助けてくれたのかしら?
生き残った人々がトムクルのクローンを連れてきてくれて、
再会できてハッピーエンドなんだけど、
トムクルとヴェカのクローンは他にいっぱいいるんだよね。
少なくともヴェカは二人余っちゃってるんだけど、
その辺は大丈夫なのかな?
てか、トムクルが一回家に戻った時に、
ヴェカがすでに家に居たんだけど、いつ派遣されたんだろう?
だって宇宙から戻ってくるのに60年かかったと言うのに。

そんな感じでSF要素とかも楽しめるし、
ドロドロした恋愛劇も楽しめる映画でした。

ファインド・アウト

May 10 [Tue], 2016, 16:50
アマンダ・サイフリッド主演の映画です。
B級映画というやつなんでしょう。

アマンダは一年前に何者かに誘拐されて、
自力で逃げてきた。
しかし誘拐された証拠が見つからずに、
妄想ということにされて病院に入れられてしまう。
妄想でいいよと警察と病院を納得させて、
退院し静かに妹と暮らしていたが、
妹が誘拐されて、警察に駆け込むが、
誰も相手にしてくれない。
そこで一人で犯人を捜しに行ったが、
銃を持っていたため、銃刀法違反の狂った女とされて、
警察から追われることになる。
警察に追われながら、犯人を探し、
単独で犯人のところに乗り込む。

以下いろいろネタバレ。

広大な公園、日本では想像もつかないような、
小さな村一個分くらいある公園の小さな穴を
探すために一週間しか時間を使わなかったので、
当然見つけられず。
なんでみんなで妄想としたのかね?
普通の映画だったら、協力してくれるイケメンが現れて、
二人で捜査するんだろうけど、
そうしなかったのは予算の都合?
相手役がトムクルとかだったらもうちょっとましな映画に
なったような気もしますけど。
最後放火するんだけど、その火すら警察は見つけられないというね。
警察無能すぎ。
あまりに無能で違和感がありましたよ。
でも前から言われていた通り、
アマンダちゃんを堪能する映画で、
アマンダちゃんの綺麗な金髪や細い体や、
ジーンズにパーカーにリュックって言う服装がかわいかった。
まあ、それだけですね。
他に特にないです。

八月の家族たち

May 09 [Mon], 2016, 1:48
なぜ、そんなに攻撃的なんだ。
なぜ、人に敬意を払えないんだ。


これは、劇中のセリフです。
私はまさに、
今、会社でそんな扱いをされています。?


な、気持ちのまま見始めた映画ですが。


凄く楽しいとか、
面白いとか、
感動するとか、
お涙頂戴とか、
じゃありませんでした。


もっと言えば、この映画から何かを感じようとか、
読み取ろうとか、
そういう行為すら蛇足に思えました。


ジュリア・ロバーツは、まともで、
思いやりがあり、
間違ったことを一つも言ってないけど、
正論て相手をやり込めようとする嫌な人でもないし、
何も悪くないのに、
なんか知らんけど、
周りがおかしいので、
最後は一番損な役回りになってしまう。


なにが悪いのか、
なにが足りないのか、
本人も見てる人もわかりません。
多分、彼女の周りもわかってないと思います。
ただ、八つ当たりしやすいからしてるだけ。


だけど、人生、
そういう時もあると思う。
そういう役回りの人もいると思う。




そして、冒頭のセリフ。
それをひっくるめて、
後味の悪い映画だったけど、
見終わった後、妙にスッキリしました。


多分見る気持に左右される映画でしょうね

久しぶりです

May 09 [Mon], 2016, 0:59
なんか、すっごい久しぶりですね。


実は、ここ数年全く映画を観てませんでした。
映画より宝塚にハマってしまったからですが。


あまりの映画の見てなさに、
映画を見てても、知ってる顔が出てきても、
名前がすぐ浮かんでこなくなりました。
昔は、名前と代表作が数本すぐに言えたのにね。


久しぶりにヤプログを見たら、下書き記事が残ってたので、
投稿します。


下書きにしてたのは、
写真を入れるつもりだったけど、
もう、探すのも面倒なので、
そのままで。


あと、久しぶりに映画を見たので、
それについても書きました。
八月の家族たち、ね。


見たら書くというスタンスのブログなので、
更新を待っていてくれる方にはとても申し訳ないのですが・・・


すいません。
これからはなるべく映画を見るようにします

2014年 アカデミー賞ノミネート作品

January 17 [Fri], 2014, 13:34
■作品賞
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
『アメリカン・ハッスル』
『それでも夜は明ける』
『ダラス・バイヤーズクラブ』
『her/世界でひとつの彼女』
『キャプテン・フィリップス』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
『ゼロ・グラビティ』
『あなたを抱きしめる日まで』

■主演男優賞
キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
ブルース・ダーン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
レオナルド・ディカプリオ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
クリスチャン・ベイル 『アメリカン・ハッスル』

■主演女優賞
ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』
サンドラ・ブロック 『ゼロ・グラビティ』
ジュディ・デンチ 『あなたを抱きしめる日まで』
メリル・ストリープ 『8月の家族たち』
エイミー・アダムス 『アメリカン・ハッスル』

■助演男優賞
マイケル・ファスベンダー 『それでも夜は明ける』
ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・ハッスル』
バーカッド・アブディ 『キャプテン・フィリップス』
ジョナ・ヒル 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

■助演女優賞
ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』
ジェニファー・ローレンス 『アメリカン・ハッスル』
ジューン・スキッブ 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
ジュリア・ロバーツ 『8月の家族たち』
サリー・ホーキンス 『ブルージャスミン』

■監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』
アレクサンダー・ペイン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
スティーヴ・マックィーン 『それでも夜は明ける』
デヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
マーティン・スコセッシ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

■長編アニメ賞
『クルードさんちのはじめての冒険』
『怪盗グルーのミニオン危機一発』
『アーネスト・アンド・セレスティン(英題) / Ernest and Celestine』
『アナと雪の女王』
『風立ちぬ』




驚いたのは、監督にスティーブ・マックイーンって人がいるんですね。
まだ生きてたのか。監督もやってるのかとびっくりしたけど、
別人ですね。紛らわしい。これは良くないと思う。

作品賞はゼログラビティが取るのかな。
私は見ていないけど、画期的な映画だと思うから。

女優賞は久しぶりに全員有名どころが揃いましたね。
あんまりこういうメンツで揃うことはないのですけど。
ケイト・ブランジェット姉さんかジュディ・ディンチが取る
のではないでしょうか。
メリル・ストリープもと思いますが、
メリル・ストリープの完成度はいつも安定している上、
サッチャーを超えるものはなかなか難しいと思うので。

男優賞はディカプリオがノミネートされたけれど、
受賞するのにはまだ早いんじゃないかな。
映画を見ていないので、完成度がどんなものかわからないけど、
少なくとも受賞は50歳からのような気がします。
案外マシュー・マコナヒーが取るような気がしますね。

今年のアカデミー賞ががぜん面白くなったのは、
ジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされたことです。
エリンブロコビッチで受賞した時の感動は忘れられません。
それからしばらくノミネートから遠ざかっていたので、
あると思います。

オズ はじまりの戦い

November 12 [Tue], 2013, 13:46




CGが素敵そうだったので、借りました。
CGは素敵でしたよ。CGとは思わなくなるくらい。

全体的に長いです。
最初のシーンとかもあんなにしっかり書かなくてもいいんじゃないかな。
この映画でジェームズ・フランコがあまり好きじゃないなって思いました。
役柄じゃなくて、笑顔とかなんかあんまり好みじゃないというか。

最初に出会った魔女(妹)とオズの関係が、
なんか・・・どうなんでしょう。ご都合主義というか。
オズ、これでいいの?って感じでした。
内容がなんとなくいまいちで、キャラクター設定もいまいちだったんだけど、
それでもこの映画を支えていたのは、
陶器の少女の存在でした。
この子がなければこの映画は大失敗だったというくらいです。
この子のサイズもキャラクターも良かったです。
この子の生い立ちだけが、あまりに悲惨で、
だからこそ、物語に感情移入できました。

ラストの戦いも、こんなんで??って感じで拍子抜けでしたけど、
ディズニー映画ですしね。
とにかく陶器の少女だけでもこの映画は見る価値があると思います。

一枚のめぐり逢い

October 25 [Fri], 2013, 15:28




コンセプトはよかったと思います。
まあ、でもラブストーリーとしては入り込めなかったかなぁ。

ヒロインはシングルマザーですが、シングルマザーだからって
そんな思いやりのない態度でいいんですか?
何をやっても言っても許されるんですか?って感じ。
ヒロインの兄とザック・エフロンは同じ戦地に居たそうですが、
まるでザックが兄を殺したかのような言いぐさ。
こんな女を好きになるかなぁと思う・・・
ヒロインは美人なだけで、他に長所を感じませんでした。
ヒロインの元夫は、最低な奴で、もしかしてアメフトの花形選手
だったりして。とか思ったらその通りの人でした。
あんな男を好きになるような女だもの、たいした女じゃないような。
だからラブストーリーとして全然入り込めなかったです。

君のいないサマーデイズ

October 23 [Wed], 2013, 15:25



つまらない映画でした。しかも3時間も・・・・
悪人はいないし、みんな善良でいい人なんでしょうけど、
どことなくイライラさせられる人ばかり。
特にあのメールの男ね。30半ばの男がメールでいつまでも悩んでるんじゃないよ。
うざいし、きもいんだよって思いました。
あと、ホモの人ね。
普通、告白しないと思うわ。言われたって困るし、どうしてほしいの。
気持ちを知ってほしいってそんな自分のストレスを他人にまで押し付ける
ってひどい。
しかもそれを口止めするもんだから、言われた人はどうしたらいいか
わかんなくて混乱するに決まってる。
偶然にも最高のふたりの車いすの人でした。
うざいわ。

他に取り立てて言うこともないんですね。
そもそも瀕死の友人を放ったらかしてバカンスに行くかね。
そこがフランス人なんでしょうね。

以下ネタバレ

だから彼が死んだときみんな号泣するけど、
ものすごい嘘くさかったです。
そもそも結局、このバカンスは失敗だったわけでしょ。
それを押して行って、友人が死んで・・・・
号泣したところで、別に何がどうというわけじゃないです。
ホモの人は最後切れて好きな人を殴ってたけど、
殴りたいのはこっちだよ。ほんとに。
なんなの?あんた。


ほんとイライラする映画でした。
嫌な人は出てこないけど、後味の悪い映画です。
バカンスの話なのに・・・・

最強のふたり

October 21 [Mon], 2013, 15:23





フランス映画です。シリアスかと思えばコメディで、最後までコメディでした。
もっと何かあるかと思ったんだけど、さすがフランス映画。
何もありませんでした。
主人公の黒人・・・本当は白人なんですね・・・は、
周りを幸せにする人で、ああいう人はめったにいないけれど、
いたら人生が楽しくなるなぁと思いました。
彼は自分の人生はままならないけれど、周りにハッピーなオーラを振りまき、
周りを幸せにする人です。
でもそうしたいなんて全然思っていないんですね。
すごい人だと思います。
ああいう人が天使なんでしょうね。
彼は根っから親切で面倒見がいい人で、彼の家庭環境は複雑だったとしても、
良い影響を与えていたんだろうな。
それを考えると彼の弟はいったいなんなのって感じ。

彼はこの仕事は君の一生の仕事ではないと言って、首になり、
その後どうなったのかな。まともな職についたようですが、
いったい何がどうして職についたのか知りたいですね。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:花王 上子
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
北海道在住のOL