お引越し

November 10 [Tue], 2015, 22:57
お久しぶりです

どれぐらいぶりでしょうか。

もうずいぶんログインしていませんでした。

コメントを残してくださった方々、テレビで私を見つけてくださったり、

共感してくださったり


とてもうれしいです。

放置していた自分が腹立たしいです

ごめんなさい。

このたび、ブログをお引越しすることにしました。

まだ、
何にも出来ていないまっさらなページです。

当初ここに書き始めた私は

どんどん

変わっていきました。

成長なのか、そうでないのかわかりませんが、

書かなければならないこと、書きたいことが

すこしずつ変わってきたのです。

「愛莉」から「私」へ

たぶん、大きくは変わらないけど、

いろんなものをひっつけたり、切り離したり、
できるようにはなったつもりです。

これからも

応援していただけたら

うれしいです。


しばらくここはこのままにしますね

愛莉

ここ最近のこと。

December 23 [Mon], 2013, 22:55
お久しぶりです
お元気でしょうか?

ずっと書いてなかったので、ざざっと書きたいと思います。

4月に仕事が決まり、
パートで働きながら、
毎日一時間以上の通勤をしています。

みなさんは障害者雇用についてどんなイメージをお持ちでしょうか。
障害者手帳のイメージってどんなんでしょうか。

一気に5人、障害者パート採用をされ、
障害の度合いもまちまち、
身体、精神、先天性、後天性。

本当に考え方がそれぞれ違うので、
日々驚きながら仕事しています。

仕事は前の仕事と職種は同じなので、
細かいやり方や考え方の違いに悪戦苦闘しています


そして、先日NHKのバリバラという番組に参加しました。
前よりずっと、じぶんの障害について
話したり、見せたりできるようになりました。

最近は、Facebookばっかりになってしまったけど、
また更新して行きたいと思います。

皆様も、気が向いた時に覗いて頂けたら嬉しいです。

LIVEに行きました

February 04 [Mon], 2013, 0:46
昨日は、 LIVEに行ってきました

とっても楽しかったので、せっかくなので、書いておきます


buzz the bears さんというバンドの方々のワンマンLIVE

出来るだけ近くで見ていたい、、、
立ちっぱなしになる、、、
と、いうことで、壁側の前の方という、微妙な場所をゲット(笑)

でも、もたれながら近くで見れて、特等席でした

LIVEはすごい盛り上がりで、
観客の熱気がすごく、盛り上がって、ジャンプするお客さんや
肩車しあっている人たちも(^ ^)

女の子達が熱狂しすぎて
なんどもぶつかりそうになったけど、
一人のお客さんが松葉杖に気づいてくれて、
体を張って、守ってくれていました(^^)


LIVE中は、なんども泣きそうになりました。

毎日、遅くまでライブの質をあげるために、

練習を重ねている努力を思うと、感動しました♪

会場の一体感にも胸が熱くなりました♪

仕事を辞めてから、何となく孤独感を感じていたのでそういうのも、あったと思います。

帰りは、仲良くなったお客さんと、ご飯を食べて、今度またかならず会おうって、約束をして

帰りました♪


再放送のお知らせです(^ ^)

January 30 [Wed], 2013, 23:26

NHK Eテレアーカイブス
2月1日金曜日 深夜0時〜(2日)

「バリバラ」
再放送があるみたいです(^ ^)
日付が変わって2日ですが、、、

撮影したのはちょうど一年前♪
とっても寒かったのを思い出します(^ ^)

もう、何回も再放送されてるけど、一度ご覧いただいた方は、
もう一回♪
まだ、ご覧いただいてない方は、
ぜひこの機会にご覧ください(^-^)

愛莉という名前ではありませんが(^^;;

サブタイトル
相方は松葉杖からわかっていただけると思います
お楽しみに

あけましておめでとうございます^^

January 02 [Wed], 2013, 0:02
あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

今年もよろしくお願いします。

皆様にとって素敵な一年でありますように^^

2013 元旦 
愛莉

いかがお過ごしでしょうか^^

今年もたくさん、ブログを放置してしまいました・・・

今日、やっとお家でもインターネットが使えるようになりました^^

iPadを買ったのです^^

使いこなせないのに・・・(苦笑)

今は実家に帰ってきています^^

そして、
新年早々、ご報告。

私、平成24年12月28日をもって退職しました。

病院の窓口業務 5年という短さでした。

がんばれなかったこと、本当に悔やまれますが、
これからまた自分の居場所を探していけたらと思います^^

ただただ、仕事がいやという理由で退職を決めたわけではないので、
とても前向きです^^

退職に至るまでのことは、また後日、アップしたいと思いますので、

お時間ある方は読んでください^^

ブログを放置している間に
本当にいろんなことがありました…
それも順々にアップしていきたいと思うので、お時間ある方は読んでください^^
ない方も…お暇なときに読んでください。

私も就活の合間に書いていけたらと思います^^

今年も一年、愛莉を宜しくお願いします^^

メッセージをくださった方々へ

December 07 [Fri], 2012, 12:32
かなりの間、また放置してしまいました
その間に、メッセージを下さった皆様(^-^)/

かなりの間、すみません。

ぽんさん。
素敵女子になりましょう♪
私も同じ夢を持っています。
お互いにがんばりましょうね。

ぽんさんは、まだまだ、若いので可能性たくさんあります。

よかったらまた、メッセージくださいね。

お返事先がわからなかったので
お返しできませんでした。

どうか、また、この記事に気づいてくださいますように(^-^)

三輪自転車−報告−

June 02 [Sat], 2012, 23:22
また

久しぶりの更新になりました><

三輪自転車の報告からです

とはいえ、ずいぶん前ですね(苦笑)

まずは出発して、到着して、

東京でぶらぶらしてまわりの関東弁を満喫しました^^

自転車屋さんに
いくと、自転車やさんのおじさんは元気に迎えてくれ、「遠いところはるばるどうも」

いろんなタイプの自転車をみせていただきました。

絶対に転倒しないだろうというぐらいのおおきな、まるで遊園地の乗り物みたいな三輪車

普通のタイプの三輪車

前輪二輪三輪車

バンビーナ

おじさんと何度もいろんな自転車に乗って、こぎました

自転車教室並みでした

結論から言うと・・・

やっぱりバンビーナは無理でした。
(前輪二輪自転車のタイヤの幅が狭くて、比較的普通の自転車と見た目も似ている)
もともと自転車に乗れる人が対象の、子供を2人乗せて運転するための自転車なので、
もともと乗れない私は、停止時に足をついたり、まがったり、ペダルに足を乗せるのがすぐにできないと、
その間に倒れてしまいました。
スウィングという機能が付いてるせいでした・・・。

第一候補は泣く泣く断念・・・

そして前輪二輪自転車の安定感のあるもの・・・

これは、ずいぶん普通に乗れました。
でも、おじさんは後輪が2輪の三輪自転車で十分だよとのこと。

前輪二輪はやっぱりまだまだ珍しいし安定感もさほど変わらない上に規格が自転車ではないそうです。

でも三輪自転車はおばちゃんぽい・・・

そう思っているのが分かったのか・・・(苦笑)

「かごを取れば、そんなにおばちゃんっぽさはないんだよね。無理にバンビーナとか普通の自転車に乗れるようになりたいと思うより、三輪自転車で便利に生活するほうがずっといいよ」

とってもいい自転車やさんでした

ということで
普通の三輪自転車に決定しました


・・・が。けっこうなお値段がするので(安月給なので、お給料一か月分ぐらい)購入は見送り・・・

でも
これでいつでも自転車(三輪)ライフがスタートできそうです

三輪自転車へ向けて

March 24 [Sat], 2012, 16:14
また
ひさしぶりの更新になりました

こんにちわ。

なかなか
更新しなくてごめんなさい・・・

こないだ友達から、全然内容が進まないとメールをもらって
今日は久しぶりにおうちにいるので

近況報告がてら
更新してみました^^


まずは

前回の転職から
4年半。


仕事をやめることにしました。

前回の転職は
ずっと働きたかった職業に就けるから
という理由でした。
ステップアップ
チャンス

そんな感じでしたが・・・・

今回の
退職は、


理由としては

情けない理由かもしれないです。

まだ
書くには、心の整理が付いていないので、

また
あらためて書きたいと思うけど、

辞めたら何しよう

舞台がやりたい

本音は、これ

今のままでは
時間がなさすぎて、
やりたいことを諦める毎日だから。

そして、
旅行したい。
憧れでだった、海外旅行がしたい


もちろん、ぷーになるわけには、いかないし、
次の仕事も探さないといけない。
久しぶりに
履歴書を書いてみたり
証明写真を撮ったり

転職って

本当に体力がいる

また
書きます。

そして、
今日のタイトル

以前にも書いていた
三輪自転車の試乗をしに行きます

関西には試乗できるところ(販売してるところはいっぱいあるけど)が、全然無いので

関東方面まで
今夜、夜行バスに乗っていってきます

三輪自転車
前輪二輪自転車
両方、試乗させてもらえることになりました

前輪二輪自転車は
二種類あって、もともと、
@ 子供二人を乗せて走るためのもの。

A 二輪車に乗れない人が乗るための安定感の得られるもの。


本命は@です。

前輪の幅が狭くて、細いから
憧れの二輪車に見た目がとても似てるから。

でも、
自転車屋さんからは
普通の二輪車に乗れない人には、
多分難しいですといわれたけれど・・・

でも
どちらも乗ってちょっと練習してもらって良いですよ〜
と、
いい感じの返事をもらえたので

楽しみ

もし、@に乗れなくても
Aが乗れるようになったら、いつか@に乗れるようになるかもしれない^^

結構なお値段がするので
(三輪だからか?自転車ってもともとこんなものなのか?)

すぐに買えないけど・・・

とりあえず
乗れますように


一週間後の舞台のお知らせ(遅くなりました)

January 28 [Sat], 2012, 23:04
また
舞台があります。

今回はとっても遅いお知らせになりました。

いまさら皆さん観に来てくださいといっても
難しい方もいらっしゃるかもしれません・・・が、

やっぱり

少しでも観に来てほしい。

ので、

一週間後です!!


ご案内させてください。


劇団態変 「一世一代 福森慶之介 ゴドーを待ちながら」


●日時
 2月 4日(土) 18時半〜(あたしが出演する日です)
 2月 5日(日) 15時〜


受付は開始の一時間前
開場は開始の30分前になります

●料金

前売り 
(一般) 3000円

(学生・シルバー) 2500円

(障害者・健常者ペア) 5000円


当日 3500円


●場所
AI・HALL

JR伊丹駅下車 すぐ
 
兵庫県伊丹市伊丹2−4−1


今回主役の
福森慶之介さんは
この劇団態変の旗揚げから
役者として活躍してこられたそうです。

その福森さん主役の舞台です。

憧れの
福森さん。

彼は、私の歩き方を観て

「君は、フラミンゴのように歩くね。とてもきれいだよ」と
素敵なたとえをしてくださったことがあります。

今回、私はダブルキャストです

出演日は4日(土)です^^
なんと、同じ役をするのは態変のベテラン女優さんです。

私のような、素人役者・・・とてもプレッシャーです><

でも、
出演チャンスは一日しかありません。
悔いの無いようにしないと。

私の出演しない日の5日(日)
二回楽しんでいただけると思うので^^
お時間ある方は、是非・・・二日間ともお越し下さい^^


とってもとっても
急なお知らせなので
ひとまず載せました。

コメントを下さっている皆様^^
初めての方も・・・
本当にありがとうございます。

改めて、お返事を書かせてくださいね^^

ご予約は
是非メッセージ下さい^^
または、愛莉に直接メールして下さい^^

まだ、空席少しありますよ^^




 

自転車と戦った子供時代

October 02 [Sun], 2011, 4:08
劇団態変さんの稽古に通っていると、
たくさんの障害者の方と、かかわる

私と同じ、障害の方が、二人も三輪自転車を使っていて、
先日、乗せていただいた。

実は、友達にも三輪自転車を借りたことがあって、
ちょっとの段差のところで、転倒してしまい、それ以来乗っていなかったけど、

やっぱり
私の自転車への想いが強くて、最近は、稽古のたびに考えてしまう。

「自転車に乗りたい」
足が悪い愛莉ちゃんと、言われ続けてきた子供の頃。

友達はどんどん乗れるようになっていく。
そして、新しい自転車を買ってもらっては、楽しそうに自転車に乗って私の家に遊びに来る。
そして、私と一緒に買い物へ出かけるときも、自転車を押しながら歩く。
一番つらかったのは、「ばいばい」した後、
友達は坂道を自転車ですいすい下っていくその後ろを、
装具をはいた私は、ゆっくりゆっくり歩いてかえる。
その自分が大っ嫌いで、そのうち、自転車に乗る友達をも嫌いになっていたりして、
家でよく泣いていたし、そのことで親とも何度も喧嘩した。

弟が自転車に乗れるようになったときは、悔しさと、悲しさ。
人一倍、二倍、異常なほどに自転車に対する想いは大きくて

母親に内緒で、電話帳にのっている自転車やさんに電話して、
「22インチの補助輪ありませんか?」(当時20インチぐらいまでの補助輪しかなかったので)と、聞きまくり、見つけたときは内緒で取り寄せてみた。
でも、補助輪をつけて乗るのは、乗れるようになったことにはならない!と
あくまでも、友達と同じように二輪の自転車に乗る。ということしか頭に無かったから、
しばらくしたら、はずせるようになると思っていた。(当時から気の強い子供だった^^;)

さらには、リハビリテーションのある病院に電話をして、「リハビリで自転車の練習をさせてほしい」と問い合わせてみたり。
カウンセリングの先生に相談して、警察に子供の自転車教室があると聞いては、
自分で電話をしてお願いしてみたり・・・・
結局、親の許可、親の付き添いが必要ということで断念したり・・・
(多分、親の力を借りずに自転車に乗れるようになってやろうという意地みたいなものだったと思うんだけど・・・)

今からでは考えられないぐらい、そんなところだけは、積極的。

高校のとき、養護学校の高等部に入学したのをきっかけに、
また練習を始めたけどなかなか乗れるようにならなくて、
そのうち、車椅子の子供たちやその親から反感をかうようになり、
先生に「愛莉。もうすぐしたら免許が取れる。足は(移動手段)自転車じゃない」
と、言われ、
人生で初じゃないかと思うぐらい、挫折した(苦笑)

あれから10年近くの年月が流れ・・・

以前は絶対に考えられなかった三輪自転車に目を向けてみた。

三輪自転車も立派な乗り物。
でも、
私の中の子供の頃の二輪に対する憧れ、「三輪なんて年寄りみたい」という子供目線。
近所に、三輪に乗るおばあさんが住んでいたこともあって、
三輪はおばあさんぐらいになったら、乗ろうとか、思っていた。(若くして乗ってらっしゃる方、ごめんなさい)

でも、ペダルから足が離れてしまう私は、どう考えても二輪は不可能だと、
今では客観的にそう思うようになり。
もしかしたら、
今、こぐということを、しなければ、
将来、三輪すら無理かもしれない。
そう思ったら、
見た目や憧れやプライドや・・・
心を邪魔するいろんなことはあるけれど、

私も
三輪自転車という移動手段を考えてみようか?
と、思い始めた。

三輪自転車、前輪2輪自転車、などなどあるらしい。

ただ、転倒したときに、自分で起こせるか、という問題や、
松葉杖はどうしようか、というクリアしなければいけない問題があって
私の三輪自転車ライフが実現できるかどうかは、まだ分からない。

でも、
10年という月日が私を強くしたな、と思う。

絶対に友達と同じ二輪にのりたいと思っていた子供時代
あきらめた高校時代
そういうのを乗り越えて、三輪自転車も視野に入れられるようになった。

妥協とかじゃなくて、チャレンジにしたい。

とか言いながら三輪自転車にすら危なっかしくて乗れないという結果もあるかも?と覚悟はしているけど(そうなればある意味大笑いです)

舞台が終わったら生活に少し時間ができるので、
前輪2輪自転車を試乗できるところがないか探してみようと思う^^

(どなたか、知ってるよという方、持ってるよという方、乗っても良いよという方がいらっしゃれば、是非ご連絡下さい)


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛莉
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
相方は松葉杖
身体障がい2級
努力は好きじゃない
がんばり屋さんじゃない
堂々とミニスカートで歩くのが
自分流
ゆるゆる愛莉の日常を
つづっていきます


4年半前の転職を機にブログをはじめました
そして、窓口業務に奮闘しつつも、
舞台に出会いました。
舞台に立つことが目標になりました

そして、

母になるということ・・・はどういうことなのか

も、考えるようになりました。
たくさん考えることがある年齢になりました

ゆっくりゆっくり
つづっていきます
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像
» お引越し (2015年12月02日)
アイコン画像愛莉さん
» 障害者としてではなく、女として。 (2015年10月18日)
アイコン画像とも
» 足の悪いあたし (2015年03月21日)
アイコン画像axel
» ここ最近のこと。 (2014年12月05日)
アイコン画像
» ここ最近のこと。 (2014年09月06日)
アイコン画像元自衛官
» ここ最近のこと。 (2014年09月06日)
アイコン画像キティ
» ここ最近のこと。 (2014年08月21日)
アイコン画像わたしも同じさんへ愛莉より
» 足の悪いあたし (2014年08月11日)
アイコン画像キティ。さんへ愛莉より
» ここ最近のこと。 (2014年08月11日)
アイコン画像タチバナヒカルさんへ愛莉より
» ここ最近のこと。 (2014年08月11日)
Yapme!一覧
読者になる