生きてはいない。

January 24 [Mon], 2011, 9:57




優しさが、今のボクには暴力になる。


お人好しが、今のボクにはただの偽善者に見える。


正論が、今のボクには罵倒に聞こえる。


どうしてこんなに辛いのだろう。


しかし、それは本当に辛いのだろうか。


どうしてこんなに虚しいのだろうか。


しかし、それは本当に虚しいのだろうか。


空の蒼も眩しい過ぎる。


ボクはここに居て良かったのだろうか。


本当にボクはここ居るのだろうか。


ボクは生きているのだろうか。


ボクは本当に生きているのだろうか。


こんなボクが本当に生きているのだろうか。


こんなボクを生きていると言って良いのだろうか。


多分生きてはいないのだろう。


ひたむきに前を向いて、まっすぐ生きて。


めげずに、挫けずに、まっすぐに。


例え挫けても、また前を向いて手を伸ばす。


それが出来る事が、生きている事だとおもう。


ならばそうい事なのだ。


もはや生きてはいないのだろう。


これはそこに在るだけなのだろう。


生きてはいない。


命はあるが、生きてはいない。


この生命の活力の様な者は自分には欠落している。


ならば生きてはいないのだろう。


もはや興味もない。


またいつか、空の蒼が明るいと思える様に。


またいつか、優しさが優しさに見える様に。


しかし手を伸ばす事が出来ない。


しかし足を一歩踏み出せない。


この手はボクを支える為の物だから。


この足はボクを支える為の物だから。


一度倒れて起き上がれば良い物を。


倒れまいと支え続けていた。


諦めなかったのだろうか。


この手足はとうにボクの物ではなかった。


倒れまいとする手は友で。


倒れまいとする足は家族。


ボクの事など知りもしない。


頑張れ。


そう言った。


努力は報われない。


本当に昔、そう気付いた。


誰も知らない努力を誰が評価する。


誰も見ていない。


誰も。


ならば努力は止めよう。


疲れるだけだ。


周りの評価などどうでもいい。


何も知らないのだから。


頑張った。


誰も知らないだけだ。


しかし、なにもしない奴だと蔑まれた。


やはり報われない。


だから頑張らない。


もう頑張った。


お前が知らないだけだ。


お前がボクを堕落させた。


次はお前が苦しめ。

旦那が川崎 デリヘル初めて行ってみたです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mykdsnq044
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる