月日が経つのは早いもの

July 01 [Fri], 2011, 22:57
早いものだね。前回記事を書いてから5年近くが経ってしまった。

「ボクはおうさまだぞ〜!」

August 27 [Sun], 2006, 8:49
近所に小さな公園がある。パーゴラとベンチ、ブランコ、滑り台、鉄棒がある。
先日通りかかったときには子供たちと親御さんが遊んでいた。小さな男の子が滑り台の一番上に乗っていた。見るとその子はダンボールで作った王冠を被っている。
その男の子は右手を突き上げると甲高い声で叫んだ。
「ボクはおうさまだぞ〜!」
滑り台の下ではお母さんや他の子供たちがニコニコしながらその子を見上げていた。
男の子はもう一度叫んだ。
「ボクはおうさまだぞ〜!」

昨日、森田健氏が主宰する不思議研究所から『不思議の友13.1』増刊号が届いた。

「…魚、食べちゃってゴメンネ」その1

July 17 [Mon], 2006, 19:36
これは2005年8月1日に書かれた『時空研ニセグッズ事件簿 その5』の続きです。

…さて、そういうメッセージを無視してしまうと次はどうなるか?
もう一度メッセージが来るのである。しかも前回よりも厳しい内容で。これはメッセージを受け取る側がキチンと人生に対する学びや気付きを得るまで続く。先延ばしにすればするほどメッセージは厳しくなっていく。いずれは古村先生もニセグッズ事件の対応に関しては、もう1段厳しいメッセージを受け取ることになるのだろう…。

メッセージを無視してしまった僕には、やがて次の厳しいメッセージが届くことになる。
母が倒れたのだ。

僕の母は学校の先生だった。
もっとも僕が3歳くらいのときに教職を辞め、主婦業と父の会社の手伝いをしていたので、母と教職を結ぶ記憶は僕にはない。が、時折同窓会に招かれて出かけていったり、かつての教え子の披露宴に呼ばれたり、教え子が生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて挨拶に来たり、そういうのを見ていて「よい先生だったんじゃないかな?」と子供心に思っていた。今ははっきりと思う。母はよい教師だった。

時空研で得られる究極の悟りとは?

April 23 [Sun], 2006, 18:38
春になりました。暖かくなってきましたね。
僕の事業も一段落。とは言っても明日からまた中国なんだけどね。
今回の旅程は青島→天津→北京。

これだけ放置したにも関わらず、毎日そこそこのアクセスがあったのには驚かされます。サーチエンジン経由のアクセスが多いね。「時空研」で検索をかけるとここもヒットするんだね。とてもよいことだと思います。別の角度から眺めた時空研を時空研に何らかの興味がある人に知っていただけるのはとても嬉しい。
これからまた僕が知っている時空研について、またぼちぼちと書いていきます。

古村先生はとても優しい人なんですよ。
先生に責められた人はいないでしょう。たとえ貴方が誰かを怪我させたとしても「過去世では逆の立場でした」と言って慰めてくれる。たとえ貴方の子供が同級生を刺し殺したとしても「殺された子には母と祖母の水子が祟っている」と言ってくれる。

優しいよね。凄い優しさだ…。
時空研で得られる究極の悟りを知っていますか?

何が見えるか? 何を見るか?

November 26 [Sat], 2005, 8:20
以前に書きましたが僕が石を買うときにお世話になっているKさん、ヒマラヤに水晶の手作業による採掘のルートを持っている方、この方がですね、趣味でBlogを始めました。
出会った人や訪れた場所について書かれている私的な日記Blogなのですが、Kさんは万物に神様を見出すのが上手い。
いや、こういうのは上手い下手の問題ではないのかもしれないけれど。KさんのBlogを読んでいると僕までその場にいて同じ体験をしているような柔らかな気持ちになります。

これもまた以前書いたけれど、一方の古村先生は何で他人のノイズばっか見えるんだろうね?僕が時空研セミナーに通っていた時のことを思い出しても、先生ご自身のことを語られたことはなかったよ。僕はその人に借金があったとしても過去に事業に失敗していたとしても気になりません。むしろそれをバネにより素晴らしい人生を拓いていくのであれば、過去なんて成功であろうが失敗であろうが全て肥しじゃないかな?

最近、幼い女の子が犠牲になる痛ましい事件が起こってしまったけれど、僕がセミナーに行っていた頃は先生はこういう事件をレジュメに取り上げ、HPにも実名を出し『因は母親の水子が何人』とか、死者を辱め遺族を嬲る(なぶる)ようなことを平気で書いていました。馬鹿信者だった僕だって、「これでは時空研は世間の理解を得ることは難しいな…」と思いました。

神様を見出す人。
水子霊を見出す人。

時空研の教えを適用するのなら、これは波動共鳴なのだと思う。
古村先生、基本浄化してますか?(笑)

ズシンときた言葉

October 24 [Mon], 2005, 6:52
闇は光のイメージの超越。死は生命の向こう。
「13の月の暦」より リンクから飛べますよ。

油断顔

October 22 [Sat], 2005, 21:26
さて、僕の時空研に対する興味は急速に失われつつある。
中国の事業が忙しくなりつつあり、またこのところの株式相場が濡れ手に粟状態だったので、敢えて時空研というツマラナイ物に対する興味が失せたと言うか、まぁ、充実した毎日を送っていれば、時空研というものはどうでも良いものなのだ。

だけど、その時空研のツマラナサに拍車をかけた出来事があった。
古村先生に会ったのだ。正確には『見かけた』のだが…。

僕はその日、某JRの駅で待ち合わせをしていた。約束の時間よりもかなり早く着いてしまった僕は煙草が吸える場所を探していた。最近は吸える場所が限られていて、慣れない場所だと探すのに一苦労するときがある。「喫茶店にでも入ろうか?」と思ったときケータイが鳴ったので、僕は立ち止まった。通話を終えケータイをポケットにしまって顔を上げたとき、僕の方に向かって歩いてくる古村先生の姿が目に飛び込んで来た。

いつものあのバッグを転がしながら、背中を丸め気味に視線を足元に落とし、ゆっくりとこちらへ歩いてくる。
咄嗟に僕は思った。

「…老けたなァ〜」

株雑記 9/14

September 14 [Wed], 2005, 19:43
本当に強い相場だな。
5月中旬からの上昇で、利益は800万と少し。この利益で長期保有目的の国際優良銘柄と内需関連銘柄を買い増しした。
これからまた中国への行き来が増えるので、大きなポジションは持たないつもり。でも、チャンスがあれば買っていくし、下げていくようなら空売りでしっかり取るつもりだけどね。

プロスペクト理論と時空研(1)

September 04 [Sun], 2005, 21:08
2002年のノーベル経済学賞にダニエル・カーネマン氏が選出されたことは多くの日本人にとって馴染みがないことだろう。2002年のノーベル賞といえば小柴昌俊氏(物理学賞)、そして田中耕一氏(化学賞)。受賞理由や研究内容よりもワイドショー的(?)話題で注目されてしまった。

カーネマン氏については知らなくても、彼の唱えたプロスペクト理論、これは近年マネー雑誌などでそのさわりが取り上げられたので目にされた方もいらっしゃると思う。特に株式投資をする方はそのさわりの部分はよくご存知ではないかな?
カーネマン氏は「行動経済学の見地から投資で実際に生じる損益と、投資家が得る効用とが一致しない」と言い「投資家の行動が経済的な観点から見ると合理性を欠く事がある」ということをプロスペクト理論で証明した。

…なんのこっちゃかさっぱりわからん人が多いと思います。(^^;)
それとこの理論が時空研とどのように結びついてくるのか、ということも。
では、カンタンにいきましょう。
まず次の質問に答えてください。

1)次の2つの選択肢からどちらかを選んでください。
 A 80万円もらえる。
 B 100万円もらえるが、15%の確率で全くもらえない。

2)次の2つの選択肢からどちらかを選んでください。
 A 80万円を支払わねばならない。
 B 100万円を支払わねばならないが、15%の確率で全く支払わなくてもよい。


…これは正解を選ぶ質問ではなく、あなたにどのような傾向があるかを見る質問ですので、深く考えないで「こっちがいいなー」と思う選択肢を気楽に選んでみてください。
また、どうしてそれを選んだのかその理由も少し考えてみてください。

続く…

株雑記 8/28

August 28 [Sun], 2005, 22:09
3404三菱レイヨン
8/17のBlogで上抜けするなら面白いと書いてから買いの逆指値を468円に入れてほっておいたら19日にヒットした。案の定急騰。しかし上げすぎだってば。こりゃ目先調整だな。明日の寄り付きで一部利益確定の予定。

9132第一中央汽船
全部繋いだ。たぶん25DMAに向かっていくのではないか? 一応上がったときにすぐに買い戻せるように逆指値を入れておく。

NYが弱い。
月末に向けて、外国人投資家がNYでの損を埋めるために利益の出ている日本株を帳尻合わせのために売ってくるかもしれない。
いずれにしてもこの日本株の上昇は9/9までだと僕は思っている。その後の下げがトレンド転換になるのか押し目になるのかはわからない。しかし、「自民党圧勝なら株価は天井知らずになる」という人もいる。僕も天井知らずかどうかは知らないけれど、確かに日本株が買われる理由になると思うね。
為替はじりじりと円高へ向かいそうだ。
ブッシュの次の手はなんだろう? もっともコイツは原油が上がってくれれば、一族の懐が超えるからそれでいいだけなのかもしれないけどね。
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像時空研ってなに
» 月日が経つのは早いもの (2011年07月16日)
アイコン画像元時空研会員
» 月日が経つのは早いもの (2011年07月16日)
アイコン画像時空研ってなに
» 月日が経つのは早いもの (2011年07月16日)
アイコン画像時空研ってなに
» 月日が経つのは早いもの (2011年07月07日)
アイコン画像時空研ブログ読者
» 時空研で得られる究極の悟りとは? (2011年06月14日)
アイコン画像まだセミナーしているらしい
» 「ボクはおうさまだぞ〜!」 (2011年05月12日)
アイコン画像お願いします。
» 「ボクはおうさまだぞ〜!」 (2011年03月28日)
アイコン画像時空研ってなに
» 「ボクはおうさまだぞ〜!」 (2011年03月28日)
アイコン画像元時空研会員
» 「ボクはおうさまだぞ〜!」 (2011年03月26日)
アイコン画像元時空研会員
» 「ボクはおうさまだぞ〜!」 (2011年03月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:myjikuuken
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R