結婚に伴って転居し立ときに利用したのはヤマ

January 26 [Thu], 2017, 15:21

結婚に伴って転居し立ときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。





実は、業者さんを頼っての引っ越し自体が全く初めてで電話では本当に緊張していました。





引っ越し当日には、スタッフの方々にきちんと対応していただき、作業も丁寧で荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。引っ越しはまたあると思いますが、その時にも同じ業者に依頼したいです。




大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。



設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、工事費の例としては、取り付け一台で約一万円ほどかかるようです。引っ越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合は安くなるはずですが、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取って貰うようにするか等々いろいろと、考え合わせてみると良いですね。



引っ越しのやり方はさまざまではあるものの、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。



ですが沿うして任せてしまうにせよ、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、業者の作業を見ておいた方が良いです。




もしも、業者の人が大型の荷物を運んでいる時に誤って壊したり、傷をつけたりすると、業者は、約款により補償を行わないといけません。



ただし、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。転居などきっかけがあってNHKを見なくなるという事情があり、受信契約を打ち切ろうとすると、自宅に受信機がないという証明が必要になるなどまあまあ面倒なことになると思ってちょうだい。受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、解約手続きで時間をとられている間に、NHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。結論を出したらすぐに、契約を解除する手続きを進めるのが正解です。


最近、引っ越ししました。



準備をしているときにナカナカ整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、新居に持っていく気にならないものばかりで呆れかえりました。



特に服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。



思いがけず、引っ越しのおかげで不要なものを片付けることができて、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちも余計なものがそぎ落とされました。



専門の業者におねがいすると、引っ越しの費用は日によってずいぶん変わってくるようです。最も引っ越しが多いのは、学校や職場が変わる春先で、この時期はどんなことをしても費用は安くなりません。土日および休日の引っ越しも当然割高になります。いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。


インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや引越し業者の比較サイトがあり、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。費用面もふくめ、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、一円でも出費を安くしていきましょう。大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。もし、落下指せて完全に壊してしまった、なんていうことになると大変ですから、可能な限り、丁寧なしごとをしてくれ沿うな業者を選びたいと思っています。転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も共になってやっており、それもあってか、目の前で荷物を荒くあつかわれた、という経験はないです。



万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償をうけられるので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。


まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。





はずかしながら、自作の陶器でしたから、衝撃は大きかったです。




ただ、おきにいりのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。



ですがこれ以降、大切なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。


毎日快適に生活するために必要な環境は、家や部屋の中だけではありません。



近所との関係も住環境を構成しています。



良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日のうちに済ませるべきです。無難なおみやげを用意して伺うのが良いでしょう。



簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、良い印象が伝わるようにしましょう。





どんな人間関係も、第一印象で決まります。



何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。


初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。引っ越しの負担を軽減するためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。


その設計を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えるでしょう。もちろん設計に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば一番ですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。設計にゆとりがあれば多少の遅れがあっても気持ちに余裕がもてると思います。



新生活をはじめるにあたって、どうしても必要となる諸々の手続きと同様に転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。





思うところがあって、プロバイダを変更したい時は契約を切るいい機会になりますが、特に不満もなく、このままでいい場合は、契約を終わらせてしまうのではなく住所変更などの手続きを行ないます。転居先で今までのプロバイダが利用できないこともあるため、確認は必要です。また例えば、新居にネット環境が全くないとなると設備を新設する工事もしなければいけなくなります。


引っ越しを終わらせてすぐネットができるようにしたいのなら、早めに動いた方が良いでしょう。



引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。



大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが要因だと言えるでしょう。実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話をよく耳にします。



詳しく聞いてみると、どうやら手続きがややこしいという点が原因だ沿うです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。


引っ越しを業者に依頼する場合、引っ越しの場所や日程などが決まれば、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、自分たちが納得いく結果が出れば、業者に引っ越しの正式な依頼を行います。




業者に荷造りを丸投げせず、自前の荷造りをすることになった場合、段ボールなど梱包材は業者から貰えるので、当日までに終わらせます。





いよいよ引っ越すときには、作業については引越し業者が仕切ってくれると考えてちょうだい。引っ越しで、プロの手を借りずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は一番のコツは、荷物を減らすことだと言われているのです。



普通の、あまり大聴くない車で運ぶワケですから、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷物を作るようにする、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。



今の家に私たちが引っ越し立とき、1歳のおこちゃまがいました。



こんな幼いおこちゃまでも環境の変化はわかるものでちょっと戸惑っているのがわかりました。引っ越し立ときに、おこちゃまのものについても使わないものを思い切って処分しました。仕分け作業のときに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、なんだか懐かしく思いました。



http://www.transfer2020.org/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうた
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/myhtwfw438947/index1_0.rdf