3. 物件探し 

2005年06月01日(水) 22時22分
 私の場合、最初にマイホーム購入を考えてから最終的に契約する物件を見つけるまでに、1年以上の日数を要しました。じっくり悩む事が良いという事ではありませんが、理想と現実が自分の中で、すり合うまでの期間がこれくらいかかったという事です。初めて不動産屋に行って、その場で契約を決める方も中にはいるかもしれませんが、多くの方は購入までに自分の理想と現実の間をさまよう事になると思います。
 ここで理想とは、立地、日当たり、土地・建物の広さ、間取り、外観、内装、設備、価格等の条件がすべて好条件という事になりますが、最終的に私は、自分の購入出来る価格という事を第一優先として、他の条件がほどほどの物件を見つける事が出来ました。
 それでは具体的にどういった方法で、物件を探すかという事ですが、私のおすすめは、まず近所の信頼できる不動産屋に行く事です。そして、資金計画を相談して、購入可能な価格(ローンの組める金額)を把握します。この時、不動産屋には年収、自己資金、月々の支払可能額、ボーナス時の支払可能額を伝えれば計算書を作成してくれると思います。この後不動産屋は物件の案内をしてくるかもしれませんが、今回は参考程度にしておきます。
 その後はat homeや不動産会社のホームページ、無料の不動産情報誌等で自分が購入可能な価格内ではどのような物件があるのかを検索します。ここでの目的は多くの物件を見る事で相場観をやしなう事です。もちろん、不動産屋で探してもらっても良いのですが、”その後どうですか?”といった電話がわずらわしかったり、不動産屋の売りたい物件しか見せてくれなかったりする場合があるので、あまりおすすめしません。
 ある程度相場観がついてくるとインターネットやチラシ、不動産屋の広告で実際に見てみたいと思う物件が自然と出てくると思います。この頃からは、不動産屋に連絡を取り、気に入った物件を実際に見てまわります。これで、だいたい的がしぼれてくると思います。

2.マンション派VS一戸建て派 

2005年05月31日(火) 21時44分
 私は限られた予算内で考えた場合に、立地、防犯、構造の面からマンションを購入したのですが、結論から言えば、この問題もどちらが正解という事は無いと思います。皆さんが、何を重視するかで、答えは異なってくると思います。
 ちなみに、不動産業者の意見については、売りたい物件(マンションか一戸建てか)によって異なった回答をしてくると思いますので、あまり参考になりません。
 以下にマンション派一戸建て派の長所・短所を整理してみました。

 1) マンション派
  長所
   コンクリートで作られている為、強固である。
   機能の割には安価である。
   立地(駅近等)の割には安価である。
   防犯上有利である。
   木造住宅に比べ火災保険が安い。
   冷暖房費が節約出来る。
   フラットで広い間取りを確保出来る。
  短所
   管理費・修繕費が定期的に徴収される。
   飼えるペットが管理規約で限られる場合がある。
   増改築が出来ない。
   上下左右の音が気になる場合がある。
   庭が無い。
   駐車場の賃料がかかる場合がある。
   自転車置場に賃料がかかる場合がある。

 2) 一戸建て派
  長所
   自分の好きな外観・内装・間取り・設備に出来る。
   増改築が出来る。
   大きな犬等、好きなペットが飼える。
   庭があれば好きな草木を植えられる。
   駐車場があれば無料で使用できる。
   地震・火事等の災害があっても土地は残る。
   楽器の演奏等、音を気にしなくて良い。
  短所
   木造の場合、火災時に燃えやすい。
   立地により土地取得費用に資金をかなり使う。
   年配の方には階段の昇降が辛い。
   泥棒が入りやすい。
   資金によっては、不便な立地を買わざるを得ない。
   修繕費用を自分で管理しながら、貯めなければならない。
   他人に賃貸させ難い。
   

1.賃貸派VS持家派 

2005年05月31日(火) 15時58分
 これまでずっと借家に住んでいた私が、住宅購入に踏み切ったきっかけは、最近は不動産価格が安く、ローン金利も低いという事です。また住宅ローン控除もありますし、借家の家賃に少し足した金額でマイホームが買えるという事は、やっぱり今が買いどきかなぁ。ということで、私は購入しました。
 結論から言えば、どちらが正解という事も無いと思います。皆さんそれぞれの生活スタイルによって、どちらが良いか考えてみてください。
 参考までに賃貸派の長所、持家派の長所についてそれぞれ以下に整理してみました。また、短所は他方の派の逆と考えて下さい。


 1)賃貸派
    住宅のメンテナンスを自分でしなくて良い。
    転勤等の住所変更に対応しやすい。
    地震・火災により住宅が被災したとしても、借り替えれば良い。
    好きな地域・場所にすぐ住む事が可能。
    収入が落ちた場合に対応しやすい。 
    固定資産税を払う必要が無い。
    不動産の価値が将来下がれば家賃も安くなる。      
       
 2)持家派
    資産として建物・土地が残る。
    リフォーム等が自由に行える。
    定年退職後も家賃なしで住む家がある。
    不動産の価値が将来上がれば投資的効果がある。
    ペットを飼いやすい。
    家に愛着が湧く。 

このブログの趣旨 

2005年05月31日(火) 15時10分
皆さんこんにちは。
 さて、このブログ”マイホーム取得大作戦”を作成した趣旨ですが、皆さんがマイホームを購入する際に参考になれば幸いと思い作成しました。
 先日、私も新築マンションを購入したのですが、マイホームを購入するという事は一生に一度有るか無いかの事ですし、私にとって初めての事だったので、購入までにいろいろな事に悩み、いろいろな事を調べ、やっと契約にまでたどり着きました。結構苦労しましたが、そこで得られた知識が、皆さんの役に立てばいいなと思ってます。
 今後どんどん情報を追加していきますので、宜しくお願いします。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:myhomeget
読者になる
Yapme!一覧
読者になる