「MYCODE(マイコード)」で自分の遺伝的リスクを知っておきませんか?

August 19 [Wed], 2015, 14:28

近年、健康への関心が高まってきていて、健康に関する情報の発信も増えてきました。

また若いころは特に気にしなかったけれど、30代後半から40代、50代と年齢を重ねるにつれて体の不調を自覚する方も多いのではないでしょうか?

実際に食事に気をつけたり運動を始めたりした方もいらっしゃると思いますが、テレビか雑誌で、生活習慣病の原因は「生活習慣だけではなく遺伝的な要素もある」と見聞きして、「実際のところどうなんだ?」と不安を覚えるケースもあるようです。

例えば・・・

「そういえば、うちの家系はがんが多いな・・・」

「祖父は脳卒中で亡くなった。俺は大丈夫かな・・・」

「遺伝で糖尿病になるって聞いたけど、そうなの?おじさんが糖尿病治療を受けているからちょっと心配」

などなど。

遺伝となれば自分で気をつけて何とか出来る話ではありませんから、心配ですよね。

それならば一度調べてみてはいかがでしょうか?

何も入院して詳しく検査してもらわなくても、もっとお手軽な手段があります。

唾液を採って送るだけで、3大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)や糖尿病などの生活習慣病のほか、患者数が少なめの病気まで約150種類の遺伝的な発症リスクを調べることのできるサービスがあります。

ここで紹介している「MYCODE(マイコード)」は日経日曜版(2015年6月7日)など様々なメディアでも紹介されたいま注目の遺伝子検査サービスです。

もちろん検査結果に基づいた運動・食事の生活改善アドバイス、リスク低減のためのレシピ情報もうけられますので、今後の生活に活かしていただけます。

もし遺伝的リスクが見つかったからといっても、必ずその病気にかかるというわけではありません。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、ストレスなど生活習慣を見直すことでリスクを減らすことが出来ます。

また、保険を見なおして補償が手厚いプランに変更しておくなどの手を打つ事もできます。

一度、下記のサイトを訪れてご自分の遺伝的傾向を調べてみてはいかがでしょうか↓