隙き間 

2006年07月28日(金) 23時59分

なんということ、もう、こんなに時間が経ってしまったなんて。
時間を持て余すということは、そうそうない今日この頃だけれど、ときどき思い出したかのように、神様がなにもない時間をくださるときがある。
うっかり手ぶらで乗ってしまった20分の東西線。思いついてしまったから。
この忙殺されそうな時間のたった20分の隙間に思いついたこと、それは、綴るという行為だったのかもしれない。
言葉がこぼれるのに、受け止めなければ、私の時間は刻まれてしまうだろう。急に恐ろしくなって、また、書いてしまうことにする。
時間と戦ったら、その瞬間に負けてしまう。戦う相手を間違えなければ、努力した方が勝つことになる。はちみつのにおいにむせかえりそうになりながら、綴る。繰り返すこと何度目だろう。綴りあきてしまうまで。

The last way 

2004年09月23日(木) 21時18分

大学に入る前に、大学在学中に絶対にこれだけはしようと思っていたことが二つあった。
一つは、留学。
もう一つは、ファッションデザインの専門学校に夜間で行くこと。
サークルには入らないつもりでいた。
しかし、父がサークル入らないと文系は就職厳しいよというものだから、不定期だと思われたこのサークルにね。
しかし、入ってしまったらなんとなく一生懸命になってしまった。
足るを知れない愚かなあたしは、やっと川から海に出たのに、今度は空を見上げている。
きっとプライベートが減ってしまったせいだと思う。
内緒ごとが大好きなあたしは、薄暗い部分がないと息切れしてしまう。
今までは、酸欠をハイな気分で楽しんでいたけれど、次は死んでしまうから、自分の時間を大事にしていきたいと思いました。
例えば、自信を裏付けるものや、奪うものが、WESSであってはならないと思う。
プライズであったり、周りの評価であったり、そういうものは、享受していくべきだけれども、自分の核に据えてはならない。
核は、自分自身でなくちゃならない。
すごく仲良くなったり、好きになってしまうと、すぐ、核の部分に招きいれてしまう。
これは、信頼云々ではなくてただの阿呆だ。
あたしは狡猾である一方、酷く単純で阿呆である。
自分で招いたくせに、核に来られると苦しみだし、追い出す方法を考えている。
だったら最初から入れなきゃいいのに。
こんな形で時が満ちるのは、気分のいいものではないけれど、時をグラスに溢れさせないためにはこれしかない。

ジャンケン 

2004年09月11日(土) 22時35分

さて、わけのわからない妄想にとりつかれて、後悔しているよ。
危ない、逃げろ!
しかし、怖いもの見たさとはこんなにもおそろしいものか。
危険を承知で、飛び込む飛び込む。
あたしなんか、しんぢゃえ。

funny diamond 

2004年09月01日(水) 16時29分

ここは、あまりにも、あたしの使った汚い言葉で汚れてしまったので、新しいものととっかえたいと、ただ単に思ったわけでした。
新しいノートを買った時だけは、今度こそ、綺麗に使おうと思っていたのに、だんだん汚くなって、半分くらいまで書く頃には新しいノートが欲しくて仕方なかった小学生のような、稚拙な振る舞いなんだけれども。
新しい日記は、素直に謙虚に正直に楽しいことを書いていきたいのです。
ここを嘘にまみれさせたつもりもないのだけれど、文字を人の目にさらすことに慣れすぎて、見てくださる方に甘えてしまった感がすごいありましたから。
新しい日記は、死んじゃったライオンが最後に流した涙が化けたダイヤなイメージで。
形見だから変えはきかないし、彼の名誉にかけて綺麗に扱いたいという願いのようなものです。
終わってからも覗いてくれてる貴方様はどなた様なのでしょうか。
ダイヤになってもよろしくお願いします。
ご覧になってくださるお礼でもないですけど、先行予約みたいな感じで、まだ、HOMEでも開いていないfunny diamondのURLをのせておきます。
今後とも今までみたいに優しい目で、励ましてくれると嬉しいです。

http://yaplog.jp/funny-diamond/

ライオン・ハート 

2004年08月28日(土) 23時59分

話すべき人に話すべきことを話し、大きかった疑問が消えた。
そして、疑問が消えた今、ここ10日くらいのあたしのしたことの全てを灰にしてしまいたいと思うほど、懺悔。
世界中の多くの人は、あたしが思っている以上に誠実で、立派なのだ。
こんなことをこの年になるまですっかり忘れていたとは、3回くらい死んだ方がいい。
まじ、あたしはゴミだ、消えちまえ。
しかしながら、その後、4年会のある先輩とお酒を頂いて、非常にポジティブなパワーを頂戴した。
感謝につきます。
今まで、URLを控えてまで、見てくださってありがとうございました。
この言葉足らずな場所も、私自身、予想外のタイミングで、最終回を迎えたようです。
私のライオンは死んでしまった。
死んじゃったの。
まだ平気、まだ平気と、汚いものを飲ませていたら、気づけば虫の息でした。
どんなに抱きしめても、泪を流しても、腕の中でどんどん熱を失い、固くなってしまったよ。
ライオンは最後に一粒、目から雨だれを零し、それはダイヤになりました。
今度こそ、それだけは大切にしましょう。
我最大級感謝、感謝。

サンクコスト 

2004年08月27日(金) 23時59分

若干苦手な問題を抱えてしまったかもしれない。
気は強いんだけれども、なかなか心は強くなりきれないというのが、どうも私という生き物の性質なようで、どうしようもない。
見た目より、体力はあるし、精神力も多少は、年とともにタフになってきたと思うので、少し、表を歩いてみようかとも思っている。
このサークルで、これ以上、こんなみっともない思いをしなくちゃならないのなら、やっぱり、いろんな可能性を見てやらなきゃならないのかな。
一度決めたことを何度も行ったり来たりはしたくないのだけれど、経済学で、合理的な判断をするには、サンクコスト(過去のこと)は考慮しちゃならないってならったし、何度でも壊して組み立てようじゃないか。
ひとまず、話をするべき人と、するべき話をしなくてはならない。
生き方に関わる問題は、適当に処理しちゃいけないもの。

言葉の母 

2004年08月26日(木) 21時21分

帰ってきたよ、東京。
愛してるぜー!
やっぱり、ここを離れたくないです。
チャッキチャキの江戸っ子ですから!
うーん、テンションは、こんな調子なのに実はとても低かったりする。
スピが終わらないので、眠れない。
毎日こんなに日記ではべらべら喋っているくせに、産もうとすると、言葉は一つとしてでてこなくなる。
なんて、天邪鬼。
愛してんだけどね。

スピスピ 

2004年08月25日(水) 23時59分

朝から泳いで、近くのアウトレットモールに出かけた。
リゾート内の洋服屋は高いから買えないし、かといって、もう一度、あのイブニングの中にTシャツで混ざれるほど、かっこよくないんです、あたしは。
アウトレットは本当は大嫌いだ。
洋服に失礼な場所だと感じる。
しかしながら、なかなか良い買い物ができたので、ちょっと株があがりました。(何様でしょうね、いつもながら 笑)
そして、そして、スピーチを書いていましてよ、残りの時間は全て。
書いても書いても・・・
あぁ、愚痴はやめておきます。
犬が寝息を立てています。
スピーチを書くはずだった白紙に落書きを。
昨日、これでもかというくらい嫌な夢を見たので、その腹いせよ。

ホリディ・ホリディ 

2004年08月24日(火) 23時59分

今日から、家族で小淵沢に来ている。
犬も泊まれる宿というので、大したところでないだろうと、Tシャツとデニムしか持っていかなかったら、完全なるリゾートで、ディナーのイタ飯屋では、イブニングの女までうようよいて、久々のガビーンだ。
妹もそれなりに、可愛い格好で、歯軋りだ。
敷地内にモールがあって、いい感じのジャパネスクだったり、イタリアンだったりの雑貨屋や、画廊や、雑誌や本が読めるかあいいカフェや、洋服屋や、ジュエルの店、その間に、山梨ワインのワインセラーやほうとう屋や、地元の野菜を使ってのご飯屋さんがコリドーに立ち並び、歩いていて、楽しい。
近くにテニスをしに行った。
テニスは中学校から高校まで6年間軟式をやっていて、高校ではキャプテンまでやっていたのに、硬式はからきしだめだ。
それだって、楽しいんだって。
ついつい集中しちゃうものなんて、あたしにはこれを除いてそんなにないんだもの。
プールは、海のような大きいのが一番よかった。
もちろん一昨日の本物には足元にも及ばないけれど。
しかしながら、水に体を預けるというのが気持ちいので、いいのよ、にせもんでも。
家族での休暇は、あたしが一年余計に受験生だったせいで、久しぶりである。
妹に悪かったなと思うので、彼女に楽しんでもらいたいと思います。
やはり、ボーダフォンは圏外なり・・・。

聞湯 

2004年08月23日(月) 23時59分

今日は、宿の近くの温泉館に里美さんと遊びに行った。
塩サウナが非常に気持ち良くて、桶に入っている使い放題の塩を体に擦り込む。
ざりざりいいながら、肌の上で溶けていく塩は、ちょっとなく綺麗。
お湯に浸かる、という日本人の珍しい習慣は、こんなにも素晴らしいんですね。
日本人に生まれてよかったわ。
黄色い猿は幸運に見舞われているのですね。
帰りにここで、新鮮な雲丹(ウニ)を啜(スス)って、大満足だった旅はお終い。
持参した、GILBEYのウォッカがまだ半分残っている。
少し、舐めてから、眠りましょう。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:my_lion
読者になる
Yapme!一覧
読者になる