やる気を出すにはどうすればいいのかわかった

November 19 [Wed], 2014, 22:43
最近どうしてもやる気がなくて、ダラダラする日が続いてた。そんなとき、離れて暮らす親から電話があり、久しぶりに様子を見に来るという。ふと、部屋を見回すと………汚い!いわゆる汚部屋というやつか??「やる気のなさ」というフィルターが目に覆いかぶさっていたせいか、今まで床に散らばった本や洋服が見えてなかったようだ。これはまずい。親が来るまであと一日。超特急で片付けなければ!そう思い立ってからは、こんなにも機敏に動けたのかと思わず驚くほどの動作で要るものと要らないものを分別し、床に散らばった本を本棚に納め、洋服をクローゼットに押し込み、そこら中に落ちている髪の毛やホコリのクズを拾い、ゴミ袋5個分にもなる大量のゴミを捨てに行き…一日の大半を片付けに捧げ、私の一日は幕を閉じた。ものすごい疲労感で床に座りこみ(今までは床に座るスペースもなかった(笑))片付いた部屋を見ると、あまりの変身ぶりに驚いた。そして達成感が半端なかった。「人間は追い込まれればなんでもできる、やる気を出すには自分を追い込んでみること」を学んだ一日だった。
いや、かっこよくまとめたけど、要は追い込まれる前に普段から片付けとけって話しでした(汗)

ホームセンターでの買い物中に色々考える。

November 19 [Wed], 2014, 22:43
ホームセンターに買い物に。
入口にはクリスマスツリーが。
ああ、もう11月だし、そういう商品が並ぶ時期なのね。
我が家は昔から電飾はやらない家だから、ご縁はないけど。
クリスマス、といえば、今年は病院で過ごすことになる。
特にクリスマスだから何をする、
というわけでもないから、別にいいんだけど。
年賀状用品も置いてあったが、これも見るだけ。
入院前に年賀状を作成しておけば済む話だけど、
なんだか今年は気が乗らなくて・・・。
年末には退院できると思うから、
年明けに来た分だけお返しする、みたいな感じにしようかな。

出会いは遊び友達だったのに

August 03 [Sun], 2014, 11:16
女友達から<知り合いが一泊のスキー旅行の計画してるんだけど、メンバーが足りない>
と誘われ、参加した中に、彼(今の主人)がおりました。
最初に見た時は、何も思わずに
他の人たちと同じような挨拶をかわしただけでした。

スキーの最中も何もなく過ぎました。
夕食後の夜に、飲むことになった時、
みんなで部屋に集まりました。

今でもその時のことは、よく覚えています。
お互いに自然に磁石にすいよせられるように
となりに座りました。
そして、あの不思議な感覚でした。
体中を電流が走るような!

のちに松田聖子さんが言った言葉。
まさに<ビビビ>でした。

あくる日からは、そんなことも忘れ、
また現実の生活に戻りました。

それでもしばらくは、
たまに日帰りテニスや飲み会で顔をあわせていましたが、
常に遊び友達でした。
楽しい人だな〜くらいの気持ちでしょうか。

半年も過ぎた頃でしょうか。
今度は、一泊のテニス旅行で一緒に。
夜に出掛けた散歩では、また自然におとなりにいた彼です。
それから、おつきあいがはじまりました。

出会った瞬間雷が落ちたように恋に落ちました。

July 15 [Tue], 2014, 22:07
前職でレジの店員をしていたのですが、配属がかわり新しい上司が来た時の事でした。
私は自称イケメン好きで、次に来る店長は猿のような人と聴いていたので
相手が20も年上だったこともあり、恋愛の恋の字も考えることはありませんでした。
朝の朝礼で上司の挨拶があるということで、皆集まりました。
よしよし猿のような上司の顔を見てやろうじゃないかと顔を見てやると
雷が落ちたような衝撃を受け、心臓がバクバクいうのを感じました。

猿っていうからブサイクを想像していたのですけど
実際は日本人顔で俳優の「玉木宏」に猿を2匹足したような顔で
今思ってもきわめて標準的な顔だったと思いますし、けど私のタイプではなかったし
背は小さかったですけど、なぜだか好きになってしまったのですよね。
不思議です。
ゆっくり相手を知ってから好きになるタイプだったので、こういう経験は後にも先にも
これだけでしたね。

貴重な体験となりましたが、あんまり好きになりすぎて仕事になりませんでしたw

普通の幸せが手に入ったこと

July 08 [Tue], 2014, 21:20
夫と出会って幸せなことは、自分が諦めていた幸せの全てが手に入ったことです。
10代のはじめに人生につまずいてから、私には普通の幸せすら手に入らないのだとまで思い込むようになりました。

恋愛、結婚、子ども、家…幼い頃憧れた全てを諦め、同性の友達と仲良く過ごして自分の辛さに蓋をして生きてきました。
夫と会うまでに何人か好きになりましたが、恋愛を諦めた足かせから自由になれず、恋愛関係に至ることなく、彼氏いない歴年齢分の人生を送ってきました。

夫と出会ってはじめて、恋愛関係を結べるようになりました。そしてとんとん拍子で結婚しました。
アパートで、自分が干した洗濯物をみて、しみじみ、幸せを感じました。

子どもは最初は望みませんでした。自分に子どもが産めるわけない、ましてや育てることなんて、と思っていたからです。
でも、夫と暮らして一年間ほど経った頃、この人がいれば大丈夫だと思い、子どもを望むことにしました。

その後、私の体質が妊娠・出産に向かないことがわかりましたが、夫の支えもあり、数年後には待望の第一子が産まれました。
妊娠中に、幼い頃から一番の憧れである、一軒家を買いました。この家購入の時が二人で協力作業をしている気分で一番幸せでした。

実際、私が望んだ一軒家での子育ては、私の産後の肥立ちが悪く、壮絶なものでしたが、お互いに思いやる気持ちは忘れずにいられて幸せでした。

今は、夫の転職などの理由から、自分のお城を売って、夫の実家にいますが、夫を育てた義父母は優しく、子育てでも新しい支えができて、幸せです。

出会いを作るには待つのはやめて自分から攻める

June 21 [Sat], 2014, 10:53
仕事も恋愛も、待っているだけでは何も変化はないと思います。
欲しい物は自分から欲しい!という意思を表して、どんどん目標に向かっていきます。

私が出会いを求めている時は、まずは友達や知り合いに「出会いを求めている事」を知ってもらいます。
そうしておくと、飲み会などに誘われる事が多くなります。
そして、フットワークは軽くしておく事が大事です。
飲み会に誘われたら必ず行くようにします。
せっかく誘ってもらって行かないのでは、次回誘ってもらう事がなくなりますよね。
だから、必ず行きます。そして、盛り上げます。
盛り上げ役になってしまっても、出会いを場を増やす事で、恋愛をできる確率が上がるはずです。
同じ人が主催する飲み会に何度も参加する事で、異性の知り合いも増えて、そのうち個人的に飲みに行くようになったりして、恋愛に発展するなんて事は良くある事だと思います。

出会いを求めている時は、誘いは断らず、フットワーク軽く行動する事ですね。
ただ、軽い女になってしまってはいけないと思いますが…

ハッピーメールの運営するスマホのアプリ「ソーシャルゲーム」

January 01 [Wed], 2014, 23:40
ハッピーメールの運営しているアプリヒルズというソーシャルゲームはご存知でしょうか。

SNS機能というのかな、普段スマホをいじりながら次々先へとゲームを進めることができる結構面白いサイトです。

このアプリヒルズってゲームの数もなかなか多くて、つきっきりじゃなくても、ちょっとゲームをして辞めることもできるので、空いた時間や待ち時間にぴったりなんですよ。

まだやったことがないって?

そうかもしれないですね。

わたし的には結構メジャーかと思っていたのですが、あまりメジャーでもないみたいですね(笑)

もっと宣伝してもいいんじゃない?って思うくらい面白いサイトなのにね。

でも無料とかにしているから宣伝までは広告費が回らないのかな。

とはいいつつもこのブログを書いたあとにまたアプリします(笑)

予防接種

December 26 [Thu], 2013, 18:54
インフルエンザの予防接種をしていますか?わたくしは、インフルエンザだけではなく、そのほかの予防接種もやったことはないです。もう今ではあんなことはないけれど、ほぼパンデミックじみた状態のインフルエンザのころ、その時も大丈夫でした。それに病院での予防接種は保険がきかないので、自費だからかなりお高い。4千円こえたような気がします。それもあってなかなか足が向きません。風邪をひいてからしかいったことないですねぇ。あぁ、たとえば1週間くらい休みにするときとか、お医者さんに診断書をもらうときも、たかが紙一枚ですが、やっぱりこれも4千円はかかるのですよ。普段はあんまり気づかないけれど、保険がきいているというのは、かなりお得なんだなぁと思いました。風邪をひかないのが一番いいのでしょうけれど。もし風邪をひいてしまった場合は、お休みをとるときが来た、ということですよ。普段ぎりぎりまで頑張った結果ですね。だから堂々と休むのがいいのです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/my6zargk8t8e/index1_0.rdf