すき 

2004年10月04日(月) 3時53分
ベビィドォルの香りは苦手

ケーキは苦手

キッスの香りは嫌い

あなたの手が、すきよ

過ぎ去った光 

2004年10月04日(月) 3時50分
薬、薬、薬
三つ編みをして何を誤魔化そう

目がくらむような黄色い光
その頬を伝う真珠

黒い髪がばらばら と
崩れて音は無い

鏡を割って、全て割った気になっていたけれど
私の姿は忘れられない

どんなに美化しても、終わりには屑星の凝縮

坂を下って、急ブレーキはもう間に合わない

Distance of Darkness 

2004年09月29日(水) 3時25分
膝に落ちた 暗い欠片
気づいて欲しくなかった

手を振った無表情、笑顔、の交差が
運命を別れさせる階段になる

たなびくカーテンの隙間から見えるものは何
…見つめる先には 、何もない

犬になったら大切にしてもらえる?
貴方が犬なら私は大切にできる?

口がなければ、涙がなければ、喉がなければ
私たちは今も、手をしっかりと握っていた?

知ることは出来ない
寒くなる季節をめくるたび
貴方との距離は遠くなる


話す言葉も、なくなってしまって
顔を見ることも砂のよう

貴方の顔はどんなだっけ、出会った頃は、
幸せな笑顔しか 思い出せなかった

今、貴方の顔を思い出すとき、疲れ切って、
幸せの真反対にある、暗い顔

猫になったらその笑顔を向けてくれる?
貴方が猫でも私は愛せる?

口があれば、涙があれば、喉があるから
本当の私たちを今、知ることができている

連なるトランプ
カードはいつも黒
偶然と偶然が、
重なることはなくなった

いつか離れてしまう時、私たちの日々はただの笑い事
その時の私たちは、違う人と 幸せを重ねている

幸せを、笑顔を、ありがとうを、またねを、
重ねて 階段を上り、頂上についたとき
二人は手をしっかりと握り合い、目をふと合わせ…
微笑みと優しい口づけを心から交わす

月のゆりかご 

2004年09月29日(水) 3時22分

私が星だったら、貴方を永遠に見ていられるね
私が太陽だったら、貴方は私に気づいてくれるね
私が月だったら、貴方も私を見てくれるね
私が空だったら、あなたの世界をぜんぶ包んで、幸せを降らすこともできるよ

あなたが月のゆりかごで、すやすや眠っているころ
私は貴方の周りに光を灯すよ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:my-wii
読者になる
Yapme!一覧
読者になる