目が疲れたらパーミングでリラックス

July 11 [Wed], 2012, 15:56
パームとは、手のひら(手掌)のことです。
手のひらで目を覆ってあげるだけの、シンプルなリラックス法なので、仕事の合間でも数分あれば簡単にできます。

やり方は、まず左右の手のひらを合わて、擦って摩擦をさせます。手のひらが、温かくなったら、手のひらの中心を少しくぼませにして、手のひらで目を覆います。
時間は、だいたい3分くらいですが、注意したいのは、目を覆ったときの力の加減です。
子供の場合、どうしても手のひらを目に押し付けるように力を入れてしまいがちになります。目を押すと、眼圧が上がる危険がありますので、軽く触れる程度の力具合を教えましょう。

手のひらの温かみで、目の周りの血行がよくなりますし、手のひらで目を覆うことで、外部からの光が目に届かないようになるので、目がリラックスするのです。

仕事で毎日VDT作業に従事するような場合、一定の時間ごとに目を休める習慣をつけて、パーミングや蒸しタオルで温めるなどで、目の疲れの解消に努めましょう。




視力回復プログラム「ジニアスEye」(川村明宏博士監修)

目と脳の見る能力をアップさせる視力回復トレーニング法です。