新年の挨拶&お知らせ 

2005年01月07日(金) 12時25分
新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新年早々ですが、ここに来ていただける方にお知らせがございます。
このブログをお引越しすることにしました。
引越し先もまたブログなのですが、ここよりはちょっとは軽いような気がします。
「お気に入り」に登録していただいている方はお手数ですが、変更お願い致します。

新しいアドレスはこちらです。

通常営業中です。 

2004年12月30日(木) 22時44分
今回は遠くにあるだんなさんの実家には行かず、私の実家(車で1時間)にしか行かない予定なので、まだ自宅でのんびりしています。
のんびりついでに今頃、あたふたと年賀状の準備中です(以前、日記にも書いた年賀状は、どうも気に食わず、只今再度作り直し中です)。

で、大雑把だけど、変なところで凝り性のこのワタクシ、年賀状を昨晩からあーだ、こーだと作っておりまして、結局2パターンのものが出来上がりました。
で、こっちはだんなさんの会社用、こっちが私の親戚でこっちがお友達関係などと分けて出そうと思っています。

でもね、お友達・・・元々そう多くはなかったのですが、量産期?には私にしてはそこそこのお友達に年賀状を出していたように思うのですが、ほんとここ2,3年でめっきり減ってしまいました。
一応送り主が私の名前だけの年賀状も10枚ほど作ったのですが、友達でも子供関連の友達や子供がいる友達には子供の写真入の年賀状を・・・と思っているので、その10枚・・・さばけるかどうか非常に怪しい情勢です。どよ〜ん

去年は喪中だった為、年賀状に関しては空白の1年でした。
やはり年賀状でしか交流のない人達もいるので、年賀状は結構楽しみです。
私の年賀状も心待ちにしていてくれる人がいるかも知れぬので?!、これから取り掛かるとしますか!



といいつつ、今日で今年の日記も最後です。

私&我が家の今年のニュースは?と今思い返してみても、別段何もないような・あるような・・・。
寂しくもありますが、みんなが大きな怪我や事故等もなく毎日を過ごせたということでもあるので、そう悪くもなかったかな?と思います。
来年は・・・もしかしたら、大きな動きが起こる1年になるかもしれないので、ふんばらねば行けぬ年になるかもしれませぬ。
でも、ちょっとワクワク・・・(足元が浮ついてはいけませんが)ちょっとそんな気持ちで迎える年の終わりです。

でも、今年は日本を含め、世界各地で自然災害がとても多かった年のように思います。
何かの警告?!とは思いたくはないですが、何かそういうような大きな力が働いているとしか思えないような1年でした。
来年は出来る限り、穏やかな年になって欲しいものです。

災害に遭われた方のご冥福をお祈りいたします・・・。

「私は言う」 

2004年12月29日(水) 16時31分
さて、どうせなので、連ドラ話題をもう1つ。

現在放映中の『わかば』のお母さんがよく言うセリフに「私は言う」っていうのがあります(ひらがな表記にすると「わーたーしーはぁ、う」って感じです。)。

それは子供の進路なりの問題があった時に普通の親なら心配してあれこれ口出ししそうなものをそのお母さんはいともあっさりと「お前の人生だから」と。
で、子供が「普通はそういう風に言わないよぉ」と言うとそこで冒頭の決めセリフ?「私は言う」が出てくる。

この言葉、こうやって文章に書くだけだときっと何なの?よく分からないわって感じだと思うけど、その母親役が演技派の田中好子さんなので、このセリフをなんとも言えないような絶妙なイントネーションで言うんです。
これを聞く度に私の心はスカッとする。

で、思う。

あぁ・・・私もこういう母親になりたいって。
ドラマを見ていない人にはこの微妙な感じが伝わらないかと思うが、でも、このお母さん、私は大好きです!

※それから、この連ドラでもう1つキーワードになるセリフはこの母親の母親、つまり『わかば』の祖母が言う「生きてるだけで丸もうけ」でしょうか。
ちょっとさんまさんを思い出すセリフですが、ほんとその通りですよね。
でも、なぜか私はこのセリフよりもやっぱり「私は言う」が好きでたま〜に実生活でも使ったりしています

笑顔、笑顔。。。 

2004年12月29日(水) 15時55分
NHKの朝の連ドラ、皆さんは見ていますか?

私の場合、気に入ったものは見るが、それ以外の時は全く見ない人でした。
でも、今回はなぜか続けてみています(子供たちも巻き込んで)。

前回は我が仙台を舞台にした『天花』。
で、今回は阪神大震災で被害にあった神戸を舞台にした『わかば』。
前回の『天花』ちゃんが表面はか弱そうだが実は芯はしっかりに対して、『わかば』ちゃんは逞しい。
そりゃー、人間だもの、落ち込むこともある。
でも、持ち前のパワーとチア(リーディング)の笑顔で乗り越えていってしまう。

最初いい感じになっていた宮崎にいる彼が「愚痴を言う『わかば』は『わかば』らしくない。俺は今の『わかば』は好かん」と言い切ってしまうシーンがありました。

私は、人間だもの、心を許した人にぐらい愚痴りたい気持ちは当たり前じゃないのー?!とそれを見た当初は思ったものです。

でもね、今はちょっとその気持ちが分かるかな・・・と。イヤ、ほんのちょびっとですが・・・。

というのも最近私がとある人に似たようなことを指摘されたからっていうのもあるのですが。
悩まない人はいない。ただ、違うのはそれを人に言うのか、言わないのか。自分の中でどう受け止めて、それを解決なり解消するのか・・・。

で、話は戻りますが、今回の連ドラで大事なもの、それは"笑顔"です。

私はいつごろからなんだろう・・・???
どうも自分と笑顔は結びつかないっていうか、いつも笑顔っていうキャラじゃないと思ってしまっている自分がいます(笑うと歯茎が見えるのが嫌だっていうのもあると思う。あぁ〜、時間とお金があれば矯正したい!というのも歯茎が見える原因はちょっと出っ歯になっている部分があって、その歯が邪魔をしているのではないかと自己分析しているのですが・・・)。
いつも笑顔っていうのも変だとは思うけど、出来るだけ笑顔な自分でいれたらなって最近思う。

5年後、10年後には今よりも少しでも笑顔が似合う人になっていたいなぁ・・・と思う私なのでした。

近況など。 

2004年12月26日(日) 1時22分
ちょっと雑事でごたごたとしておりました。
で、ブログをちょっとお休みしようかな???と思ったのですが、『マイペース』という名前の通り、マイペースに続けていくことにしました・・・。



今日はクリスマスでしたね。
我が家は都合により、1日前倒しのクリスマスとなりました。
例年、子供の枕元にプレゼントを置くのですが、それもイブの日に・・・。
なので、気持ち的にはクリスマスはすっかり立ち去った感があるのですが、テレビはクリスマスムード一色。
正確にはクリスマスの日程を把握していないもじえもちょっと怪しんでいる様子・・・。
ま、でも、無事に済んでよかったです♪

プレゼントは今回は子供の意思は全く考慮に入れず、親がよかれと思ったものにしました。
で、結果ですが、それはそれでよかったように思います。

ちなみにもじえはオセロ(正式にはリバーシというらしいですが)やチェス等が出来るディズニーのボードゲーム、もじのはピクニックセットです。



しかーし、年末という感じが全くしませんねぇ・・・。
ということで大掃除もきっとなし!でしょう。もしかして、年末に突如やるかもしれませんが。
某・友達もブログで書いておりましたが、我が家も家中に魔界があります。
魔界とは・・・本人でさえも把握出来ていない程雑然としているおうちの中の場所のことです(で、いいのかな?aricaちゃん?)。
私の場合、以前買った雑誌、後で見ようと思って一応取っておいたダイレクトメールやフリーペーパー、他にも捨てようか捨てるまいか迷っている物の数々・・・。
決して物が多い訳ではありません。むしろ少ない方だと思います(引越しの際、2トントラックで済むレベル)。
でもね・・・それでも、雑然としてるんですよ。
今、誰かが我が家に来たら、私の人格を疑われることでしょう。

部屋もさっぱり、文章もスッキリ、自分もぱっきりになりたいものです(意味不明)。

やってしまいました・・・ 

2004年12月24日(金) 1時42分
賃貸生活歴、約10年近く・・・カナ。

で、ついにやってしまいました、階下への水漏れ。

原因は洗濯機で無理やり敷布団を洗おうとしたこと。
はい、すべて私のせいです・・・。
本当に無理やり、ぎゅーぎゅーっと押し込んだんです。
でも、入ったから洗っても大丈夫だ!と自己解釈し、洗濯を始めました。
途中、今まで聞いたこともないような怪しげな音も聞こえました。
けど、ま、大きいものを洗っているんだから当然かな・・・くらいの気持ちで別室でその音を聞きながら、家事をしておりました。

で、トイレに行こうと思い、洗濯機の前を通りかかると・・・
水が漏れてるではありませんかー!
急いで洗濯機を止め、バスタオル2枚で水を吸い込み・・・していると♪ピンポーンとチャイムの音が・・・。
そうです。階下の人、登場です!

「すみません、今気づいたんです」と謝るも、「こっちはもう(バケツ等を置いて)処置したから、大丈夫よ。気をつけてね」と一言だけ残し、立ち去って行きました。

次の日、菓子折りを持って謝りに行くと「たいしたことなかったからいいのよ。ただ、教えなくちゃと思って、行ったのよ」と言われ、菓子折りもいらないとばかりだったのですが、それは無理やり手渡して来ました。

実際、洗濯機の横とその隣の洗面台の下に水が漏れていた程度だったので、ボタボタというよりは天井を伝ってポト・・・ポト・・・と落ちた程度だったらしいのですが、迷惑掛けたことは事実です。
深く反省すると共に、階下の人の懐の深さを改めて感じることが出来ました。
あぁ〜、いい人でよかったですぅ

ちなみに階下の人(70才前後のおばあさん)はこの団地が出来た当初・30年くらい前からずーっと住んでいるらしいので、水漏れも今回が初めてではなく、4度目のようでした・・・。
一番ひどい時は子供用のビニールプールを用意しても駄目だったとかで、もしもの時のために常に大き目のビニールを用意していたらしいです・・・流石です

で、結局水漏れの原因は排水用のホースが外れた訳でもなく、大きなものを入れすぎたために振動で洗濯機から水が溢れたようでした・・・。

ほんと大雑把ですみません・・・。

冬休みスタート。 

2004年12月22日(水) 0時52分
今日からもじえの幼稚園の冬休みがスタートしました。

幼稚園とは言え、どこかに通うというのは少なからず時間を拘束されることになります。

うちの場合で言えば・・・
 あぁ〜、お弁当を作らなくちゃ!から始まり、着替え、髪の毛を結ぶ・・・等々。

それから、1日2回の幼稚園のバス停までのお見送り。
私が幼稚園の頃(実は田舎過ぎて1年保育でした)は、1人で家の近くのバス停まで行っていました。
親には玄関先で「行ってきま−す」の挨拶のみ。
帰りも親は出迎えてはくれず、「ただいまー」と自分で勝手に帰っていたような???
実際、大きくなってから他の友達と自分達の幼稚園の頃について話した際、その子は自分で路線バスに乗って行っていた、と言っていました。
その子が住んでいたのは○○市なので、私程(小学校はずーっと1クラス、クラス替えなし)の田舎ではありません。
でも、たまたま友達と私のところがそうだったのか?今が過保護?という訳ではないけど、慎重なのか?どうなんだろう・・・
ものぐさ母の私は今でこそそれが当たり前となる日常を送っておりますが、当初は"これを後、最低5年(もじのもいる為)も続けなくてはいけないのか・・・"とうんざりしたものです。

と話は逸れてしまいましたが、そういう縛りのないなが〜いお休みです。
まったりのんびりと過ごしたいものです♪

で、今日は初めて近所の郵便局までのもじえのサイクリングデビューとなりました。
結果は、結構イケマシタ!
補助輪付とはいえ漕げるのはわかっていたけど、段差で転んだりしないかな?坂がある地形なので大丈夫かな?等と思って、今まで実行出来ずにいたのですが、こっちの杞憂だったようです。
もじえは坂道は降りて押して歩いたり、歩道と車道が交わるような所では止まって待っていたりと自分なりに判断して行動していました。

親が勝手にあーだ、こーだと決め付けて、その子の小さな可能性までも否定しちゃいけませんねぇー。
私が思っているよりいろんなことが出来るようになっていたり、感じていたり、反面、まだまだ幼かったり。
でも、その子の力を信じて、冒険させる・・・っていうことが今の時代は特に必要なのかなと思います。
私達が子供の時代は勝手に冒険とかしてたから、そういう面ではあの当時の親は楽チン☆だったと思うんだけど・・・どうなんだろ。

緊張の裏返し。 

2004年12月18日(土) 22時52分
今日は楽しみにしていたクリスマスこども会当日でした。

もじえは、周りのお母様達に絶賛?される程、終始笑顔で無事舞台を終えることが出来ました

・・・でもね、これ緊張の裏返しでもあるんです。
私も小さい頃、もじえには敵いませんが、運動会で走っている最中、えへらえへらと笑いながら走るような子供でした(幼稚園の頃はついでに舌まで出して!)。

この親にしてこの子供あり、ですね、まさしく。

けど、やっぱり今日の笑顔は可愛かった

うちでもいつもあの笑顔でいてくれよ!と思うのですが、楽屋裏はそううまくはいきませんねぇ・・・


で、ちょっと話は逸れ気味になるかもしれませんが、幼稚園のことを。

今年は前半・年少、年中グループ、後半・年長グループという具合に会は進んでいったのですが、待っている間ずーっと(だと思うのですが)幼稚園の先生達は手遊びやら紙芝居やらを読んでくれるのです。
ビデオを見せっ放しという所もあるらしいので、本当に小さな園なのですが、キメの細かさにはいつも頭が下がる思いです。
最後のサンタさんからのプレゼントも直接サンタさんからではないですが、園児の下の兄弟達の分まで小さなプレゼントを用意してくれていて、規模が小さいから出来ることかもしれませんが、その気配りには本当に感心してしまいます。

・・・と言いつつも、もじのはもじえ以上の内弁慶ちゃんなので、クラス替えのない今の幼稚園よりはクラス替えがある幼稚園の方がいいのかな・・・とかちょっと考えているハハなのでした。。。

独り言・・・ 

2004年12月16日(木) 23時58分


意味もなく、ぶつぶつぶつ・・・
本当にぶつぶつぶつぶつ・・・とただそれだけが言いたくなりました。
壊れた訳ではございませんので、あしからず。。。

私はしょっ中子供と一緒に寝てしまいます(特に子供が2人になってからは・・・)。
で、結果、自分のことがしたい(私の場合、単にぼぉーっとしたいだけとか、ちょっとしてる手作りとか、今借りているまんが本を読みたいとかですが)のに、朝起きてから、寝るまで子供と一緒。
ついでに夜まで一緒に寝ちゃっていると本当に自分1人になれる時間もない。
あぁ〜・・・1日が24時間だなんて、子育て中の身には少ないわ・・・、子育てしながらもいろんなことをしてる人の時間の使い方ってどういうんだろ?とか、たま〜にぼんやりと考えていたのですが。。。

今日、やっと気づいたのですが、きっと今の私だったら1日が例えば30時間になったとしても、だらだら〜と過ごして、気づくと時間が過ぎてて、やっぱり子供と朝まで寝ちゃったりして、やっぱり足りない・・・と思うのかも、と。
時間のせいではなくって、きっと自分のせいなんだなぁ・・・と。
かといって、明日から早起きするわ!とか、子供と絶対一緒に寝ないわ!とかいう確固たる決意もなく・・・。
出来ないのなら出来ないなりに考え方をどっか変えなきゃいけないのかな、きっと。
そっちの方が重要かもしれない・・・と身にもならないことをぐだぐだと考えるのが、私の懲りない習性です・・・


※実姉に以前、「あんたのそういうところ(1人でぐだぐだ考えて、勝手に話を大きくしたり、落ち込んだり、浮上したりする癖?)はある意味、すごい」と言われたことがあります。どうも姉とはタイプが違うので、軽蔑というよりは本気ですごいと思ったらしい。よくやるね・・・という思いを存分に込めて、ネ。

サンタクロースはさ○うさん?! 

2004年12月16日(木) 16時24分
今日は腹痛のため、幼稚園をお休みしたもじえ。

今週の土曜日には、楽しみにしているクリスマスこども会(お遊戯会)があります。
そこで最後にサンタさんからプレゼントをもらうことになっているのですが・・・。

もじえ:「サンタさんは、さ○うさん(ちょっと忘れてしまったのですが、幼稚園のお手伝いをしているおじさんか運転手さんの名前)何だって。」

母:「え?!そうなの?」←母、動揺中

もじえ:「うん、Nちゃん(去年の年少さんから一緒の女の子)がそう言ってた。年少さんの時から知っていたんだって。」

・・・おいおい、Nちゃーん
お子ちゃまの夢を壊すようなこと言っちゃいけないぜぇ〜、と母は思うのでした・・・。

ま、それはさて置き、年中さんくらいの年になると子供もぐんと大人っぽく?というのでしょうか・・・、いっぱしの憎まれ口やらを言うようになってきます。
今思えば、年少さんの時代の可愛かったこと(イヤ、今も可愛いですけどね)。

特に女の子はほんとあっ・・・と思った時には成長して、親の手をスルリと抜けていってしまうような気がしてしまいます。
その時にもっとこうしておけばよかった・・・と思わない為にも今を大事に大事しないとね。
戒めを込めて・・・。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
興味があるものをポチッとしてみて下さい。
コメントです。ありがと〜♪
アイコン画像堀江です
» 新年の挨拶&お知らせ (2006年05月05日)
アイコン画像arica
» 新年の挨拶&お知らせ (2005年01月11日)
アイコン画像まるこ
» やってしまいました・・・ (2004年12月28日)
アイコン画像まるこ
» 近況など。 (2004年12月28日)
アイコン画像arica
» 近況など。 (2004年12月27日)
アイコン画像けい
» やってしまいました・・・ (2004年12月26日)
アイコン画像まるこ
» 緊張の裏返し。 (2004年12月22日)
アイコン画像arica
» 緊張の裏返し。 (2004年12月19日)
アイコン画像まるこ
» 新鮮な風 (2004年12月06日)
アイコン画像けい
» 新鮮な風 (2004年12月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:my-pace
読者になる
Yapme!一覧
読者になる