薬剤師の仲間が服従した低級な病院のパワハラ

April 28 [Mon], 2014, 1:15
仲間が薬剤師をしていますが、病院のパワハラは卑怯なものらしいです。パワハラの事例は「人格を否定するような発言をする」、「休暇を認めない、残業手当をつけないなどの法違反強要」、「勤務時間外に飲み会などを強要する」の割合が多く、内容としては普通です。ただ、薬剤師のパワハラでは、この度合いが酷いと聞きました。先月の始めから一緒に働いている方は、前の腫瘍科でパワハラ的に告発があったそうなので、自分も注意しないといけなそうです。

仲間が薬剤師としてよく聞くのは、部下の事情意向を無視して一方的に指示するということです。薬剤師に限らずパワハラだと思いますが、達成不可能なノルマを求めるというのは、常識化していてパワハラとは通報されないかもしれません。特に、上司から部下という関係では一般的な会話になっており、当人たちにパワハラの自覚はありません。薬剤師は賢いので、仮に上述のことをしても被害者が嫌がっていることを理解させるのが難しいことを言い訳に罰を逃げると思います。

それどころか、薬剤師の職場の文化として若手をきちんと教育できなくなることを主張して、行動を正当化しようとします。実態として、法律で定義するなど明確な基準作成、当事者間の調整・仲介は存在しているだけで機能していません。これはある意味、薬剤師として働く以上、許さねばいけないかもしれません。

前に、蟹江敬三、明石家さんま、香川照之、岩城滉一、松村未央、中谷美紀、天海祐希、紺野あさ美あたりが出演していた病院のドキュメンタリーが薬剤師のパワハラとして生々しかったですが、放送の内容は、結構正しいと思います。もっとずっと前だと所ジョージ、生田斗真、宮藤官九郎、真田広之、麻生久美子、高橋愛、片瀬那奈、鈴木京香のドキュメンタリーや、石原裕次郎、瑛太、篠田麻里子、椿姫彩菜のドキュメンタリーがありましたが、内容に違いがないことを見ると、薬剤師の職場にはパワハラが周知の事実なのだと思い知らされます。

薬剤師は常に忙しいので、健康を損なう薬剤師が多いようです。体が壊れ、精神を病み、パワハラに走るようです。ただ、改善に向けた取組みを行うようにもなっており、チェックリストも配布されています。例えば、あなたが管理職であれば「自分が間違っていたとしても、部下に対して謝ることはない。」「なんとなく気に入らない部下や目障りと感じる部下がいる。」に合致したらパワハラとされます。また、現場が「人は厳しく指導することで育つという意識が強い職場だ。」「職場の誰かが困っていても、助け合える雰囲気ではない。」に合致するのであればパワハラの発生率が高くなります。

また、自分自身に目を向けるとどうでしょうか。「仕事でミスをするのが怖くて、不安だ。」「職場には、信頼して相談できる人がいない。」に当てはまる場合は、精神的に厳しい状況です。すでに「叱りながらものさしや書類で頭を小突く。」「過重なノルマや一人では無理な仕事量を与える。」「0」の1つでも受けていれば、パワハラを受けていると考えて問題ありません。これは、薬剤師に限らずです。

ネットを見てると、転職した薬剤師への追跡調査で、順天堂大学順天堂医院、大分大学病院、KKR東北公済病院の評判が高いことが分かりました。私も、実際に働く薬剤師に評判のよい職場で働きたいです。

■ この記事を読む方は薬剤師の転職に興味があります : 薬剤師転職ランキング1位



■ この記事を読む方は薬剤師の転職に興味があります : 薬剤師転職ランキング2位



■ この記事を読む方は薬剤師の転職に興味があります : 薬剤師転職ランキング3位



■ この記事を読む方は薬剤師の転職に興味があります : 薬剤師転職ランキング4位



■ この記事を読む方は薬剤師の転職に興味があります : 薬剤師転職ランキング5位

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mxyiy2bo
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mxyiy2bo/index1_0.rdf