できれば手コキ本来の堂山がきます

November 12 [Fri], 2010, 18:47
それを通して要請される衣服のアドバイスは堂山順当に、しかし、手助けとしてでなく分配されました、多くの記載での「伸縮性をもたせた」、そして、「オーバーシューズ」。

その手コキくじけずに夏のドレスのかなりランダムな一式の被覆材、そして、我々がはね返した厚い黒い冬のタイツ(ちょうど私、夫でない)我々の最初の目的地(ルーム)へ行く途中は、我々の夕食予約の前に、彼らの半額のシャンパンを利用するために申し出ます。

都合の悪いことに堂山シャンパンのえさでそれビンにつきそれは雨に勇敢に立ち向かうよりはむしろ、マンチェスターの全体を仕事の後そこで立ち寄る気にさせたようでした、そして、バーは巻かれる彼らのワイシャツの袖と顕著にテーブルに置かれる彼らの携帯電話でわめいている男性の偉大なギャングで詰まっていました。我々はそれが詰め込まれて同様にあった急なそれを打ちました、そして、我々はますます濡れていて腹を立てていました。

人々がそれを知っていないので手コキあるいは、彼らは飲物が恐ろしく高価であると思うので、セルフリッジスのそれバーは忙しいそれです。

バーは、何かあるとすれば、いつもより、さらにより静かでした(取引所スクエアのその美しい眺めによる落ちつきのオアシスと私が私の靴を脱いで、休みの私の足を乾燥させるのを許す十分に数人)。

上機嫌が回復して堂山サムのそれ下院(以下の理由のための誕生日会場の私の夫の選択)の時間でしたそれここの食物はおいしいです。

これは、管理に図々しい確かに唯一のレストランです一杯のタマネギスープのための、そして、あらゆるそれの価値があるそのスープのためのそれ。