上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)

May 12 [Wed], 2010, 9:51
【視点】

 アピール21の資料費は、政治献金の上限規制を超える「脱法的手法」として悪用される恐れがある。政治資金規正法は、特定の個人・団体からの高額献金が癒着を招くとして、寄付やパーティー券の購入に、年間で支出できる上限を定めている。だが、ビラなどの物品売買の対価として支払われる金銭に上限はない。

 こうした「上限破り」の手法は、これまでも政党機関紙への多額な「広告費」や政治家への高額な「講演料」など、たびたび問題視されてきた。アピール21は、1部100円の「プレス民主」を参考にして、ビラの購入価格を1枚100円に設定したとしている。

 だが、プレス民主はタブロイド判で8ページもあり、規正法に詳しい阪口徳雄弁護士は「無償のビラ1枚を100円で購入するというのは違和感がある。社会通念上の『対価』の範(はん)疇(ちゆう)を超えて支出された分は『寄付』として処理すべきだ」と指摘。総務省も「対価を超えた分は寄付扱いとなる」との見解を示している。

 一方で、基準は「社会通念上」(同省)とあいまいな上、「個別の契約について調査権がない」(同)とするなど、事実上、野放し状態だ。だがアピール21自身、資料費が寄付に近い性質であることを認めるコメントをしている。

 支持団体の「脱法献金」に対し、民主党自らが規制の網をかけなければ、「企業・団体献金の禁止」もまた、他の公約のようにウソだったとのそしりは免れないだろう。(調査報道班)

【関連記事】
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入
小沢幹事長 国民が納得できる処分を
陸山会強制捜査 小沢氏の政治責任は明白 土地疑惑の徹底解明求める
元秘書起訴 首相の政治責任は明白 「脱税」の疑い徹底解明せよ
鳩山首相上申書 知らなかったは通らない

舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
NPT会議 藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
電気自動車など 電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
介護保険、ドラマで区民に周知―東京・豊島区(医療介護CBニュース)
  • URL:http://yaplog.jp/mx6wxen1ey/archive/137
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。