介護疲れで殺人未遂の被告に逆転無罪 大阪高裁(産経新聞)

March 26 [Fri], 2010, 20:05
 介護疲れから叔父の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた大阪府枚方市の無職女性(47)の控訴審判決公判が19日、大阪高裁で開かれた。湯川哲嗣裁判長は「ベルトで首を絞めたとするには合理的な疑いが残る」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)とした1審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 湯川裁判長は判決理由で、「首にベルトを周回させて絞めた場合、本来あるべき首の前後の傷がない」と指摘。「ベルトで首を絞めたと認定した1審判決には事実誤認がある」との判断を示した。

 女性は平成20年4月8日午後7時半ごろ、大阪府枚方市内の自宅で、介護疲れから叔父=当時(75)=を殺害しようとベルトで首を締め、皮下出血など全治2週間のけがを負わせたとして殺人未遂容疑で逮捕、起訴された。

【関連記事】
介護疲れで妻の首絞める 78歳夫を殺人未遂容疑で逮捕 兵庫県警
「老老介護」殺人で夫に実刑 同意殺人の成立認めず さいたま地裁
「殺して」と依頼受け…介護疲れの妹殺害で71歳兄に実刑 千葉地裁
「老老介護」殺人初公判 弁護側、同意殺人罪を主張
老老介護疲れ…83歳夫が妻の首絞め殺人未遂容疑

<爆発>幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/mx6wxen1ey/archive/103
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。