語学としてのスペイン語はすばらしい

February 23 [Thu], 2012, 15:08
僕は大学で一年間だけ、スペイン語学を学びました。しかし、自分の根気のなさと必修の授業多さに挫折した僕は、2年のときに転部しました。そして何とか大学を卒業した、僕は、接客業につきました。その仕事は、大変でしたが若かった、僕はがんばっていました。そんなある日のこと、店の先輩が接客していたのですが、どうも困ったふうでいたので、様子をうかがうと、相手は外国人でした。黒い髪、堀の深い顔立ち、もしかして、スペイン系か、僕は2人の会話に聞き入りました。会話というより、その外国人が一方的に
話、先輩が困っているのでした。それは、まさしくスペイン語でした。すべてがわかったわけではありませんが、近くの駅に行きたいと言っていました。よーく聞いていれば駅の名前をいっているので、スペイン語をわからなくても、わかりますが、先輩は外国人というだけで舞い上がってしまつていたようです。すかさず僕は、片言のスペイン語で、話しかけるとその人はにっこり笑って、喜んでくれました。そして、先輩はびっくりしていたのが、いまでも印象的です。結局近くだったので、僕がその人を駅まで送りました。
わかれの時、僕の手をにぎり、何度も礼を言うかれを見て僕は、少しでもスペイン語を学んでいてよかったと思いました。そしてそれがきっかけで、スペイン語のすばらしさと、発音のしやすさ、親しみやすさを思い出し、今でも少しづつですが、勉強しているのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mwtkg
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mwtkg/index1_0.rdf