みっちぃ(みっちー)だけどおいちゃん

August 20 [Sat], 2016, 18:39
いつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になると乾燥してしまうこともあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水をつけたり、乳液を使うと良いでしょう。
冬になると肌トラブルが増えるので、スキンケアをサボらないようになさってください。
きちんと保湿を行うことと血行促進することが寒い季節のスキンケアのポイントです。
乾燥肌の時、スキンケアが非常に重要になります。
誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、適切な方法をわかっておきましょう。
まず、洗いすぎはタブーです。
皮膚のてかりが気になるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌が水分を失ってしまいます。
逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝夜2回で十分です。
寒くなると空気が乾燥するので、その影響から肌の潤いも奪われがちです。
肌が乾燥してしまうと肌にトラブルを起こす要因となるのでケアが必要です。
潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを起こさないためにも保湿と保水を普段より気にかけてください。
寒い時期のスキンケアのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。
ヒアルロン酸は人体にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」と言われるゲルのような性質を持つ成分です。
とても水分を保持する能力が高いため、サプリメントには、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。
加齢に伴って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。
保水力が弱まると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、気をつけてください。
では、保水力を上向きにさせるには、どのように肌を守るのかを試すと良いのでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血行を正常にする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、顔を洗い方に気をつけるという3つです。
コラーゲンの最も有名である効能は肌トラブルの改善といえます。
これを体内にとりこむことによって、自分の体内にあるコラーゲンの新陳代謝の働きが活発になり、肌に、潤いとハリを与えることが出来ます。
体内のコラーゲンが減少するとお肌の老化が著しくなるので若い肌を継続するためにも積極的な摂取が必要です。
乾燥肌の人は、お肌に優しい洗顔料を選択してよく泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。
力任せに洗うと肌に良くないので、ポイントとしては優しく洗うことです。
さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿をしましょう。
化粧水だけに限らず、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて使用するようにしてください。
乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは一にも二にもまず保湿です。
それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。
クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまって乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。
顔を洗うときのお湯の温度はヒリヒリするような熱さではダメです。
それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。
洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。
もしその順番が間違っているなら、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。
顔を洗ってからつけるのは化粧水です。
これにより肌に水分を与えましょう。
もし、美容液を使うときは化粧水の後になります。
続いて、乳液、クリームと続きますが、これで水分を肌に染みこませてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。
毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるような成分をなるたけ含んでいないということが最も大切です。
刺激の強い成分(保存料など)はかゆみや赤みを引き起こしがちで、何が入っているのか、よく確認しましょう。
また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので最も自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カノン
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mwonaodr8unk2g/index1_0.rdf