津久井のエロンガートスゴールデン

July 01 [Fri], 2016, 10:59
看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、別名「白衣の天使」ということからも一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。
とは言え、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入はそこそこあるとはいっても、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。



看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。
以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、負の動機であった場合、不本意な評価をされかねません。
要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、未来志向であることを印象付ける志望理由を言えるように準備しておきましょう。
病棟勤務の看護師は2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて誰もが夜勤を経験します。
なくてはならない夜勤業務ですが、医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。



もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤のそれを上回ることになります。大方の場合、看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。


二交代制の病院勤務の一例を挙げると、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。
こういった長時間労働の現実も一般的に、看護師の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。

ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、熟慮していくのがよいです。



緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。看護師転職サイトで自分に合うものを見つけるためには、最初に自分の希望をしっかりと知っておくことが大事なことです。

ただ何となく、「転職してみたい」と思い描いているだけでは、自分に合う転職先なんて巡り会えるはずがありません。
何度か話をしたことがある看護師が長い間、人間関係で悩んでいたのですが、とうとう先月、退職してしまいました。このような状況に置かれているご時世、新人の看護師を迎えるとしても看護師になりたい人が少ないそうで、病院側は対応を迫られているみたいです。

看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのようになることを防ぐために、もう少し配慮すればいいのにと呆れました。昨今の看護師不足は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。

代表的な要因として厳しい労働環境にあると言えるでしょう。
法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に辞める道を選ぶ人も多いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タイチ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mwohcaehreooam/index1_0.rdf