最強のガールズバーは、どこだ?

June 25 [Sat], 2016, 15:09
女の子の数か、女の子の質か、値段か、お酒の量か、お酒の質か、立地条件か、内装の格好良さか。

そもそも、人それぞれ、求めるものは、違うので、一概には言えないのかもしれない。

可愛い女の子と話に来て、あわよくば、、という方も居れば、一人で飲むのは、さみしいからとりあえず、誰かと話したいという人もいる。

ここで、どうしたら売上が伸びるかと考えた時、一番マーケットのある層を狙いに行くのが定石だ。

たぶん、名前の通り、ガールズバー まずは、女の子を集めるのが最優先だろう。

しかし、ここで、間違っては、いけないのは、女の子を集めるだけでいい というわけではない。

ということをしっかり意識しなければならない。

売れているお店というのは、あらゆる要因が、他のお店の追随を許さないことであると言えるためである。

『 あそこのお店は、女の子いっぱいいる  けど、、 』となると黄色信号。

けど、の後は、お酒がまずい、店員の態度が悪い、可愛い子が居ない。等、いろんな不満が待っている。

これらを確実に1つずつ解消していくことが、より良いお店になっていく第一歩なのだ。

神楽坂にて、そういうお店を探している。

ネットで検索してみると結構上位に表示されるガールズバーを神楽坂で見つけたからだ。

いろいろ、興味深い。

ブログを頻繁に更新していたり、ツイッター等 きめ細かい仕事をするお店のように感じる。

ただ、少し気になるのは、いわゆる都心部にあるわけじゃないので、どういうガールズバーなのか見当もつかないこと。

神楽坂という立地上、値段が、他のお店より、高いことが想定されること。

である。

だいたい1万円前後であろうか?

ちなみに私の目的は、美味しいお酒。(と可愛い女の子!)

ま、つまりは、可愛い女の子も美味しいお酒も欲しい欲張りなのだ。

しかも値段もなるべく、安い方がよい。もちろんである。

そんなガールズバーを探して、夜な夜なもう、何年も歩き続けている。

水商売。

どんなお店も何十年もやってくれる、お店は今まで、出会ったことは、なかった。

もちろん、ガールズバーの女の子も刹那的に働いて、皆、卒業していくのだ。

そんな切ないお仕事、それがガールズバー。

もう、二度と会えないのだ。

と思うと、いつも会えているこの瞬間に、少しだけ頑張っちゃおうかなっ

と思ったりもする。

すこし、話がそれるのだが、女の子があえなくなる理由で、一番多いのが、留学にいくの、、というのをよく聞くのだが、なぜ、留学なのだろう?

ま、いいか。

ガールズバーの話だった。

今回、神楽坂にて、骨を埋められるガールズバーを見つけたい。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mwmve
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mwmve/index1_0.rdf