『森と湖の国 フィンランド・デザイン』@道立近代美術館 

October 02 [Wed], 2013, 14:02
いいちゃんの夏休みで札幌へ。
最初東京行きのチケットを押さえていたんだけど(IKEAとタイガーとH&Mに行きたかった)
子連れでエレベーター等の場所も熟知していない、ただでさえ駅構内をたくさん歩かせられる東京に挑むのはやめて、なじみの札幌旭川ちょっとずつツアー。

夏休みといっても、9月30日からの一週間。
去年イチオシモーニングの愛里ちゃんが夏休みを取ったのがたしか9月下旬で、おいー夏休みじゃないしょーかわいそうに って勝手に思っていたんだけど今年のいいちゃんも、愛里ちゃん並の遅い夏休み。
でもすいてるからいいよねー

私もmarimekkoとか好きだけど、まあイッタラとかも知ってるけどその程度で。
いいちゃんは、北欧の誰かが作ったガラスの入れ物とかろうそくの台とかポットが好きでそれらを夕張時代にネットで購入して今も飾ってる。
その人々の作品が見られるとあって、うれしそう。

匡さんはベビーカーで。2階にベビー用のスペースがあるのを調べていたので、まぁなんとかなるかなーって。
そしたら序盤でぐずり始める。
半券にはんこを押してもらったら再入場できるということで、すぐ出た。

2階に授乳コーナーとベビーベッドとちょっとした遊ぶスペースがあって、平日午前だからか誰もいなくて貸切。
授乳していたら係員の方が「ご主人と思われる方が携帯電話でお探しのようでしたが、こちらにいらっしゃることをお伝えしましょうか」と来てくれたので、「メガネの!緑のフリースがかかったベビーカー押してた人!」と確認し合い、お願いした。
静かな展示室でぐずる息子にビビった私は荷物を何も持たずに2階に来てしまったのだ。携帯はバッグの中〜
匡太郎は朝の昼寝がまだだったので、ずーっと寝てる。

ちがう「ご主人」来たらどうしよう ちがうメガネのお父さん・・笑
と期待と不安で入り交じりながら絵本読んで待ってたら、けっこう経ってからいいちゃん(本物)来た。
全部観て来たとのことで、交代して展示室へ。

いろんな器や置物?がたーくさん。
あ、これが以前いいちゃんが力説していたティモ・サルパネヴァか。
あーイッタライッタラ。これは私でも知っているぞ。
これどうやって作ったんだろうっていう細かーい模様のとか、おもしろい形のとか。
ガラスの中にいろんな植物みたいなのがたくさん集まったやつすごかった。

2階に戻ったら、匡太郎もちょうど起きた
下でムーミンのお菓子買って、いいちゃんは感動した作品のポストカードなどなど買って、終了〜
おもしろかったー

それにしても近代美術館のホスピタリティはすごかった。
お礼を言おうと思ったんだけど、さっきのステキな係員さん見つけられず
ありがとう近代美術館
駐車料金をもっと割り引いてくれるとなお良し

『片桐仁 感涙の大秘宝展 〜粘土と締切と14年〜』@PARCO 

September 22 [Sun], 2013, 23:25

これは東京のチラシなんだけど、札幌のやつに行ってきましたよ。

そういうクリエイティブなやつを見るのがすごく久しぶり。
内容はもちろん、行けること自体がうれしすぎる〜
私は不器用なので、ほんと美術芸術関連のすごい人がうらやましい。
せめて鑑賞してあやかりたい。


息子を抱っこして鑑賞。
生でガリガリ君の入れ物を見れてよかった

帰りにいいちゃんがガチャガチャでミニチュア作品を購入。
気持ち悪い。夜見たらこわい。

昼間のピンポン 

April 08 [Mon], 2013, 13:48
仕事してた時は、誰かがピンポンするのって時間指定で宅配便を頼んでる以外ではほとんどナシだったので、昼間のピンポンがとても新鮮。
といっても、出産直前の夕張同居時代(8月〜9月中旬)は、Amazon頼んだ時のヤマトさん以外は誰も来ず(笑)
自由に来るのは鹿とキツネとクモだけ。いやクモは家の中にいたからちがうか。

なので、本格的な昼間のピンポンを経験するのは出産直後、富良野に引っ越してからでした。
あーもう半年経ったなぁ


昼間のピンポンは、まずピンポンが昼夜問わず音がいちいちドキっとするし、寝かしつけて一緒に寝てるところ(とにかく寝たい)だったりすると、貯めたチャージ(睡眠の「質」のポイント)がゼロに戻り、最悪息子も起きてしまう。

しかも慌てて玄関行って出た時、郵便局さんとかヤマト佐川さんならいいんだけど、宗教・生命保険・宅配の乳酸菌の飲み物屋さんだと、脱力
それでも新鮮だから最初の3ヶ月ぐらいは何でも出てたし、気分が乗ればドアも開けて対応していたのだけど。


うちは建物の4つ入り口があるうち端っこのしかも1階の手前側なので、たぶん「よし、勧誘がんばるぞー」とか思ったままのテンションでぶつかられることが多いように思う。まぁ逆の入り口からかもだけど、そっちよりはサイドの道が広いし。

てことは犯罪にも巻き込まれやすいかもね(端っこの家だと逃げやすいし試してみやすいし突発的になんかやってみられそう)、ってことで、家族会議で、わざわざドアは開けなくていいよね。ということになった。

そのうち、もう寝てる時や授乳中にわざわざ出なくても、荷物系なら不在票入れてくれるしいっかー ってなって、先月ぐらいから手があいてる時以外は居留守に。

で、今日習得したのが、「ピンポンの聞き分け」。「利きピンポン」。
「これゆっくりで自信なさげだから、荷物系じゃないな」と思ったら、当たった。
後で郵便受け見たら宗教のチラシ入ってた。


ピンポン(チャイム?)は、
●どんな押し方でもピンポンの音が均等に鳴るデジタル的なやつ。押してすぐ離そうがゆっくりためようが音が全部同じ
●ピンとポンのタイミング・速さが自分次第で調節できるやつ
の2種類があると思うんだけど、あ あとブザーのとかもあるか

うちのは後者のやつ。押し手に委ねられているタイプ。
だから、その人の緊張感やあっさり感が指からボタンに伝わるのですよ。わかるんですよ。

宅配便や郵便局の人は、早く次配りたいし後ろめたくないから普通のリズムでピンポン。
勧誘系の人は、「居ますように!出ますように!開けてくれますように!」の念が強すぎて自然とためて押す傾向にあると思う。
いや中には「なんかめんどいけどノルマあるからピンポン押すけど居ませんように!」の場合もあるかもだけど。どっちも念が人差し指にこもってると思う。


というわけで、どうでもいいことに気づいたのでした
今後はこんな激ゆる記事になるのかなー

ベビーはスター 

February 18 [Mon], 2013, 22:04
ただいま育児休職中。
産んで退院する日にいいちゃんの転勤決定で、富良野にいます。へそ祭り!

息子は5ヶ月。職場に顔を見せに行った
担当へはお菓子を。
連名でお祝いを下さった方々にはふらのワイン赤白小瓶セットを。全員飲む人なのでね。

・・・これがまちがいだった。
正面が子(8.2kg)
両手にワイン(計算したら2kgはある)とお菓子と母バッグ
りえじがその日午後から出勤だったので、午前中会ってそのまま一緒に札駅まで行ったんだけど
分かれ道のPASEOからは一人。
肩もげるかと思ったー

各フロアまわる。人群がる。
赤ちゃんの集客力のすごさね。
これ見よがしにシロクマの着ぐるみみたいな服を着せてった。
「赤ちゃんに着ぐるみみたいな服着せるなんて、ぐうの音も出ない!ずるい!」と前々から思っていたんだけど、ついに着せる立場になりました。
話したことのない人も来て、ソワソワしてるので、抱っこさせてあげた(もはや上から目線)

なんか調子乗って、「このかわいいスターを産んだ私を褒めよ」みたくなってきたし
「痩せたね」といろんな人に驚かれて「母乳で栄養取られて痩せた私を褒めよ」ってなってきて
何か脳から出てた気がする。ハイになる物質が。あぶなかったー

みんなにかまってもらい、気づけば2時間経過。笑 そんなに長居して、いよいよ迷惑だ。
仕事終わりの母と待ち合わせて帰ってきた。


いつも一緒だと「とにかく今は寝ててくれ」「このセブンの山頭火を食べ終わるまで起きないでくれ」「そんな怪獣みたいな声で呼ばなくてもすぐ参上できるわい」となりがちなんだけど、
そういえばキラキラした存在なのだった。なかなか客観視する機会がないもので。

「褒めよ」と得意気になった自分を思い出してこれからもがんばろー

『テルマエ・ロマエ』 

May 05 [Sat], 2012, 8:45
GWの釧路は全部雨で、厚岸もトドワラも行かず。
でも、行かずして親戚の家で、食べたかった海の幸全部食べることができたので、よし。

ひまなので、イオンをはしご。
はしごついでに、元々札幌で観るつもりだったテルマエ・ロマエを。
ポスターに書いてある出演者の名前を見ただけで、濃いんだよね〜

天気悪いからか、みんな集まっちゃって、すごく混んでる。
釧路には今映画館が1館しかない。車ないと住めないわ

私の隣は小4ぐらいの男子2人。他にもファミリー連れとかもいる。
ど真ん中映画なのねー

序盤から家でテレビ観てるみたいにみんなゲラゲラ笑って、一体感があったなぁ。
嫁が友人と・・のシーンでは、隣の小学生、大丈夫か?!と気になった(笑)
でもおやつバリバリ食べてた。

阿部さんは、すごくいい体をしていた 古代ローマの人として何も違和感なかった。
上戸彩は、ああいう映画にちょうどいいね。ちょうどいい。
途中 中だるんだけど、おもしろかったです。

Perfume 3rd Tour 「JPN」@真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 

April 21 [Sat], 2012, 22:55
いいちゃんと。
けっこうギリギリに着いた。けど、グッズ買う。
デザインがかわいい パキっとしててよい。
本場のファンの方が、おそろのスタッフジャンパーみたいの着てて楽しそう。

席がけっこう上の方で、階段がしんどい(妊婦)。
立ち見の人がたくさんいる!すごいなぁ
まだ開演前なのに、なんらかのコールが始まってる。たのしー


とうとう開演
ギャー!かわいいーーー!!ってみんな言ってる!
ほんとにかわいい。そしてあーちゃんやっぱすごく大人になってる!
ダンスうまい!(当たり前)


一緒に踊りたいのをすごくがまんして(妊婦)、前方の席で振付を完コピしてる男子を観察。
おもしろい。世が世なら彼らはピンクレディー踊ってたね。私はどっちも踊るけど。


客いじりコーナー?では、ちびっことお父さんで来てる家族連れとかけっこういたなぁ
しかもすごくいい席に・・・ いいなぁ


いちばん印象に残っているのが「GLITTER」。
レーザーと一緒に踊るのがすごくかっこよかった!たぶん伝わらないけど。
大きい会場の豪華な演出、いいねー
あと、YUKIちゃんのきたえーるの時のすごい反響に比べたら、離れてる割にすごく聞こえやすかった。天井の形がちがうからかね。


帰りは、興奮してファンクラブへの入会手続きをして、グッズを買い足して、タクシーで駐車場へ。
ずっと立ってたから足パンパン。具合悪くならなくてよかった
そこから夕張まで・・ 長い道のり


『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』 

March 19 [Mon], 2012, 15:13
映画祭、タイミングが合わなくて観れず。試写会応募するの忘れて観れず。
せとっちとウハウハ行ってきた。
※前回のウハウハぶり

イギリス紳士のファッションが大好きなので、片時も目が離せない。
ホームズとワトソンくんの超高速インテリユーモア漫才もすごいので、字幕も見逃せない。
ヒントもどこで出てくるかわかんないので、集中。

ホームズはケンカがすごく強いんだけど、相手を倒す前に心の中の一人つぶやき作戦練り練りコーナーがあって、
「フェイントかけつつの頭ドーン からのみぞおちパーーーンチ からのキーーーーック」
みたいなことを言ってその通りに倒すのが、別に説明してくれなくてもいいのに…と思っていたんだけど、あれがないとただすごい速さで倒すのを見るだけになってしまうので、あってよかったの思う。

しかも今回はモリアーティ教授と、もはやテレパシーで会話してるとしか思えないシャドウなやり取りがコントみたい


とにかく
・ホームズが変態
・ワトソンかっこいい
・ワトソンのお嫁さんがまたしてもかわいそうな扱い
・ホームズのお兄ちゃんが、ブラスに出てた人。
・パリのオペラ座(今年のうちの年賀状参照)が出てきた!
・エッフェル塔は行ってないので思い入れなし。

ということで、観てほしいです。
3作目作ってくれるかなー ヒットしたら作るのかなー



コロッケ@ニトリ文化ホール 

March 14 [Wed], 2012, 23:56
まず去年。
母と二人でなぜかコロッケがフィーバーした。
コンサート行こうとしてたんだけど、発売してからけっこう経ってしまったので、もういい席ないかもねと見送った。

今年。
私「コロッケ来るけどー?」
母「へー」こういう時AB型だよなって思う

そのままコロッケのことは忘れかけていたんだけど、先週末、北広のフードDで優待券(2,000円で買える)発見!キャー とりあえず2枚もらってきた。1枚で6名まで買える(笑)

私「コロッケ!2,000円!」
母「行かなーい」こういう時AB型だよなって思う

りえじを誘う
私「水曜休み?コロッケ行かない?」
り「休み!超行きたい!!」

あゆあゆにもう一枚のチケットをすすめる
私「明日コロッケが!2,000円!」
あ「キャー コロ様〜

会社で自慢したところ、誰もお金出してまでコロッケ行きたい人いなくて(笑)、でも周りの友だちには人気で、類友だと思った。

そして当日。あゆあゆは調子が万全ではなく、断念。
楽しみでソワソワしすぎて洗濯できなかったりえじと待ち合わせ。
西11からおじさんおばさんたちが同じ方向に向かっている

当日券、売り切れているのではと不安になる。
でも大丈夫だった!
優待券は2階席と決まっているもよう。まん中でラッキー

おなかがすいたので、ロビーでサンドイッチを買って食べる。
おばちゃんのソワソワトークを聴いてにやける二人。
夫婦で来てる人、小学生ぐらいのお子様含む4人家族、カップル、6人組の男性の団体などなどすっごく混んでる。


始まった!司会のおじさんがいる。毎回このおじさんとやってるのかな。
ひばりでスタート早着替えでどんどんいろんな人をやってくれる
(リアルスコープに今回のコンサートのもようが出ていたのだよ)

私が一番見たかったのは、岩崎宏美。わかっててもいつも笑っちゃう。
「アハハハ〜」ってスキップしてた

となりのお客さんがゲラゲラ笑ってたのもあり、私たちも家にいるみたいに笑わせてもらった。
それにしてもすごい体力だなぁコロ様。

そういえば、コロッケのものまね中の特徴として、
「やってて自分でも笑っちゃう」というのがあると思うけど、よいと思う。
楽しそうなのがよいと思う


なんと今回は、前日の3/13がコロッケの誕生日だということで、
サプライズで青木隆治が登場
青木隆治はコロッケを本当に尊敬していて、コロッケも立派な若者だとほめていた。
青木さんは、急に来たのに、声とか何もきっと準備してないのに、ひばりの愛燦燦・徳永さんの壊れかけのradio歌ってくれた!ひばりは特にすごかったわー


数えてないけど何十人もやってくれて、五木ロボットひろしとか、即興でエグザイルとか、すごくおもしろかったー
ちびっ子(女子)にリクエスト聞いたら「安室ちゃん」と返ってきて、しょうがないからダンスのマネするコロッケ。がんばるコロッケ。

最後の方は、被災地へ行った話や復興のためのプロジェクト、お母さんの話と持ち歌の披露。
しんみりしたり笑ったりこちらも忙しくて、コロッケすごいなぁと思った。
あんな一生懸命な大人、久しぶりに見たかも。


来年は行けなそうだけど、また優待券発見したらりえじとあゆあゆに報告しよう



『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 

February 26 [Sun], 2012, 17:52
夕張市民だというのに、映画が好きなのに、去年の映画祭は「めんどくさい・雪すごい」が理由で行かなかったので、今年こそは!と思い、行ってきた
ほんとは有給取ってオープニングのシャーロックホームズから観たかったのに、月末までの締切の仕事で断念。さらに風邪ひくし・・
いいちゃんに、メリル・ストリープのすごさを説明しながら会場へ(全然ピンときてなかった)。

まず、夕張市美術館の窓が途中から折れてた
シャガールとピカソの絵、大丈夫かな
みんなその話になると「売って足しにすればいいのに」と言う。
それより地下に保存て湿気とか大丈夫なのかね。


映画祭なんて、調べたら6年ぶり
司会が、気分は天気などでおなじみだった、長谷川アナウンサーでした。今フリーなのね。
おじさんになっても滑舌がすばらしかった。

んで鈴木市長がステージに出てきてちょっとトーク。
市長は立派な受け答えで、きちんとしてて、朝からえらいなぁ。熱いなぁ。と思った。

最後にフジテレビの笠井アナが出てきて、映画の解説とオスカーの行方「メリルが獲る!」と予言し、本編へ。
ちなみに笠井さんは、アヤパンの結婚式を欠席してこの映画祭に来たらしい。客席みんな拍手


普通のおばあちゃんとして生活するサッチャーさんが回想して過去に巻き戻ったり、現在のシーン(老いをすごく感じさせる)が出てきたり、という構成。
夫とのやりとりがおもしろくて、でもだんだん、あ 亡くなってるんだとわかり、最後には涙で服の襟がびしょびしょに。

議員になりたての頃の彼女は最初はカン高い声だったのが、キャリアを積みつつ発声の訓練して落ち着いた威厳のある声になってた。サッチャーもメリルもすごい!と思った。

『ブラス!』が大好きで、あれを観るとサッチャーめ炭鉱を閉鎖しまくりやがってという気持ちで炭鉱夫たちに感情移入してしまうんだけど、サッチャーはサッチャーでね。立場が変わるとね。



―――追記―――
メリルさん獲った!おめでとう!
笠井さんも当たっておめでとう!笑




まだ生きてる 

November 02 [Wed], 2011, 22:58
脱獄させてみた

飛んだらどうしよう
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
コメンツ
アイコン画像みわ
» コロッケ@ニトリ文化ホール (2012年03月20日)
アイコン画像のぶちゃん
» コロッケ@ニトリ文化ホール (2012年03月20日)
アイコン画像さやか
» YUKI tour“MEGAPHONIC”2011@きたえーる (2011年10月25日)
アイコン画像みわこ
» クワクワ (2011年10月24日)
アイコン画像チマチマ
» クワクワ (2011年10月22日)
アイコン画像みわ
» 年休つれづれ日記 (2011年06月16日)
アイコン画像さやか
» 年休つれづれ日記 (2011年06月16日)
アイコン画像みわ
» 年休つれづれ日記 (2011年06月15日)
アイコン画像チマチマ
» 年休つれづれ日記 (2011年06月15日)
アイコン画像2号(笑)
» ヤケだんご (2011年05月06日)