ACIDMAN「季節の灯」 

November 06 [Sun], 2005, 22:41
ACIDMANの「季節の灯」
この曲は三ヶ月連続リリースの一枚目の曲。”REST SINGLE”となっています。
「静」を表現している曲です。

友達曰く、怖い、とのことですが、私は好きです。
「いつの日か私も君も終わってゆくから 残された日の全て心を添えておこう」
サビの歌詞はこう歌われています。
私はなかなか言葉の裏側の真意をわかることができない人間なのですが、ACIDMANにしては比較的ストレートな表現だったので、命の終わること、そしてそれを知っているからこそ大切に日々を生きていこう、と歌っているのかなと思うことができました。
毎日が忙しくて人生の意味とか考えて生きていくことができていないし、私にはその”日”が想像できてないのだけれど、サビの、強い歌声がそのどうにもできない感じや、それに対する強い思いを訴えているんですよね。

きっと、自分の「その日」が来た時に後悔しないように毎日生きていくべきなのですよ。
今の自分に終わりが近づいたら、私は絶対に後悔すると思います。まだなんとなくしか生きていないから。やりきれていないことが多すぎるから。
けれど、この歌を聴いて、自分のできることからでいいから日々に心を置いて、その記憶を残して、生きていこうと思うようになりました。

「何回でも陽は昇る 遠くへ唄を乗せて」
人生はまだまだ長く、続いていくはず。
だから自分の伝えたい事を少しでも伝えて生きていこう。
私は、そんなことを考えています。

今月9日には”ACT SINGLE”である「world symphony」も発売されます。
これを聞くのもとても楽しみな今日この頃です。

応援していて… 

September 08 [Thu], 2005, 22:35
久々の投稿です。今回はGOING UNDER GROUND の「きらり」について書きたいと思います。
えっと、曲自体はGOING UNDER GROUNDのHPで聞くこともできるので、まだ聞いてない人はぜひぜひ行ってみて下さいな

えーっと私にとってGOING UNDER GROUNDの曲は応援歌みたいな感じです。
今、きらりを流しながらこれを書いてるんですが、サビの”今季節が流れました”ってところが胸にくるんです。
なんか不本意っていうか、勝手に時が経ってしまったんだよ、って訴えてるような感じがするんです。この主人公は「あの時」という過去を思い出してるのかなぁ、なんて……。
私は、あれからどれくらい経ったんだろう? なんて数えてしまうような思いを時々記憶の彼方から掘り起こしてみて、一人で落ち込んじゃう時があるので……。

そして出だしにある歌詞が”過ぎていく夏の日は蜃気楼”これがまた、重なって……。(発売がこの時期ってこともあるんでしょうけど)
あの人がいない”毎日”はあるはずなんだけど、無いんです。
ほんの少し日が経ったら蜃気楼のように記憶から消えてしまいそうな、ただの”毎日”なんです。
きっと、あの人がいた「あの時」こそ、今、蜃気楼になっているものなのに、私は”今”を蜃気楼みたいに感じてしまう。私はこの歌詞を見てこんなことを思ってしまいました。

”別々の毎日を生きてはきたけど”

”伝えなくちゃ・・・”

”忘れることも できないくせに”

歌詞のひとつひとつに共感してしまうんですよね。もうここでは書き表せないくらいのたくさんの言葉がココロに響くんです。
そう、GOING UNDER GROUND の曲で、自分の心を再発見することが多いです。あぁ、こんな気持ちだな……。って。
うまく言葉じゃ表せないような感情を、彼らは歌っていて……。とっても、素晴らしいと思います。きっと色々切ない思いをしてきてるんだろうな、なんて思うと余計に曲が大好きになります。

今回は「きらり」についてでしたが、お気に入りの曲はまだまだあるので、追って書いていきたいと思います。

ザ・ベイビースターズ 

March 19 [Sat], 2005, 0:28

ホウキ雲→焼きたてじゃパンつながりで、ザ・ベイビースターズのSUNDAYという曲を知りました。なんか、弟どもがホウキ雲よりこっちのが好き、とか言ってるモンですから……。
それで聴いたのですが、おぉ、いいじゃないですか。ってね(笑)んまぁ、RYTHEMと比べてどうする、と言いたかったですが。

さてさて弟にも同意された、何気なく覚えてしまう歌詞の部分は、”それって外見ばっかり肝心の中身はどうなのよ”というトコです。男性グループなのですが、歌詞の中で、曲の主となってる男の子が彼女から質問されてる部分です。なんか、男声で、”どうなのよ”って歌ってるところが良くって……。いつも楽しく歌ってます。
もちろんサビの部分も好きな感じで、その他の所も語感が良くって、大好きです。
曲は男の子の視点からカップルのほのぼのとした感じを歌ってるなぁ、って感じです。相手の女の子はおしゃべりで、笑顔が可愛いくって強がりで……。あぁ、うらやましい。普通なコトは大切なコトなんだなぁ、って思わせられます。”いつもと同じSUNDAY でも特別なSUNDAY”ですから。私もいつか、誰かとそんな普通の特別な日を過ごしたいです(泣)さぁ、笑顔で頑張っていこう。

そうそう、笑顔と言えば、laugh→love が彼らのキーワード?らしいですよ。これからザ・ベイビースターズのほかの曲も聴いてくつもりです。爽やかさを得るために……!

ルームシェアの女 

February 19 [Sat], 2005, 1:59
NHKの”ルームシェアの女”というドラマを時間があれば見ていました。
最初からしっかり見ていたわけではなかったので詳しく説明することはできないのですが(汗)、話としてはタイトルの通り、ルームシェアをする話です。
この話は少女漫画でよくあるような十代とか二十代のルームシェア(同棲?)ではなくって、三十代のルームシェアの話でした。恋愛にすぐ結び付けてしまう私としては煮え切れない思いも正直あったのですが、簡単に恋人同士とかになってしまわない二人の関係があぁ、大人なんだなぁ、と思わせました。私がルームシェアの話書いたら毎回恋愛要素たっぷりでくっつかせちゃうだろうな(苦笑)
そして、キスシーンを一回見たのですが、もう、なんか久しぶりですよ……。結局そっちかよ、って感じですが。……あんなにドキドキしたのは本当に久しぶりなんです。ここで少女漫画だったら両者とも声を高く・大きくして何らかの反応があったのかもですが、そうはならない二人がよかったです。

ここまで読んで、おばさんだ!!とか思われた方もいらっしゃるかと思います(汗)けど、本当に面白かったんですよ。ルームシェアの女は終了してしまいましたが、この時間帯のNHKのドラマはけっこうはまれると思いますょ〜。一日15分なのが恨めしくなります!たしか11時くらいからです。機会があれば見てみてください。

RYTHEM 

February 07 [Mon], 2005, 22:57
RYTHEM
今、RYTHEMの”ホウキ雲”を聴いてます。

どこで知ったかというとアニメの焼きたてジャぱん(?)のOPからなのですが、それを聴いた瞬間、もしや、と思い弟の横で「ねぇ、これRYTHEMだよね!?万華鏡キラキラの!」とか一人で興奮していたら、直感した通り、RYTHEMだったのでした。

二人のハモリはいつ聴いてもいいなぁ、なんて思って、今現在、聴いている次第です。
RYTHEMのことはNARUTOのハルモニアから知っていたのですが、光とともに・・・のEDだった万華鏡キラキラを聴いてからカラオケでよく歌うようになりました。

実際、万華鏡キラキラとハルモニアは一通り聴いたこと無いのですが(汗)フィーリングで、なんとか80点台です……。

ただ一つ、RYTHEMをカラオケで歌う難点は、ハモれる人がいない!?ということです……曲知ってても、下のパート歌う人はなかなか……ね。
微妙な音の差がハモりできれいに聞こえるのだとは思うのですが、聞き取れないという(泣)音感ないですから、自分。もし聞き取れたら自分が下パートで誰かと歌ってもいいなぁ、とか思ってみたりしますが、いかんせん、わからなぃ。悔しいかぎりです。

だから、ハモりを楽しむのは原曲聴く時だけですね。癒されてます。貴重な時間ですよ〜。

今度のカラオケではハモれない分、思いっきり主のパート歌って、すかっとしてくるつもりです(笑)

テスト 

February 06 [Sun], 2005, 22:48
テストです
可愛い感じですね。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像まさる
» ACIDMAN「季節の灯」 (2008年09月30日)
アイコン画像嶺中 真
» 応援していて… (2005年11月05日)
アイコン画像Matsuoka
» 応援していて… (2005年09月14日)
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mwjp
読者になる
Yapme!一覧
読者になる