受験生のみなさん早寝早起きができてい

January 16 [Sat], 2016, 11:17
受験生のみなさん、早寝早起きができていますか?特に宅浪の人は、時間の制約がないため不規則な生活をしているかもしれません。しかし、当然ですが入試は午前9時ごろから始まることになります。

テストぎりぎりになって生活を変えればいいと思うかもしれませんが、起床・就寝のリズムは、そう簡単には変えられません。



起きたてはなかなか頭が働かないので脳が起きるための時間も必要ですし、日頃から早寝早起きをしておくおことが大切です。

受験勉強はいつから始めるべきなのでしょうか?実は、高1から始めてほしいのです。なぜかというと、最近は私立大学を中心に、推薦入試の募集枠が増加しています。



そんなとき、必要になってくるのは調査書の評定平均です。高校1年生からしっかり授業を聞き、定期テストで高得点をとり、評定平均をできるだけ高くすることが必要なのです。また、成績を高く維持すれば、例え推薦を受けるのを止めたとしても基礎学力がついていますので勉強が捗りますよね。



センター試験数学で満点も目指せる方法をお教えします。その方法とは、「黄チャート」を完全マスターすることです。センター数学はこれ1冊でOKです。むしろ他の問題集はやらずに「黄チャート」だけでいいので、確実に覚えるまで何周もしてください。

問題数が多いので、さらっと1周解いただけでは身につけることはできないでしょう。覚えていないまま次の問題集に進んで問題の種類ばかり増えてしまいセンター試験で満点をとることはできませんよ。





東京大学の二次試験では、英語は文法・読解だけではなく、リスニング・英作文まで、問われるジャンルは多岐に渡ります。





ちなみに、知らない人も多いと思いますが、英語の代わりにドイツ語・韓国語といった、英語以外の外国語で受験することも可能です。

ハードルが高いようにも聞こえますが、一部の受験生には有効な手段で、英語には昔から苦手意識があってどうも…という人は、英語へのこだわりを捨てて、他の言語を選ぶのも一つの手です。始めてみると、意外と他の言語はすんなり身に付いた、そういう意味でも他言語を選ぶメリットはありますよ。真面目な受験生はどうしても全ての時間を勉強に費やそうと思ってしまいますが、勉強の効果を増やすためには、勉強だけでなく運動にも時間を使ってください。

と言うのも、最近の研究では、適度な運動をしている人の方が、記憶や仕事の効率が上がったという事実です。少しの時間でいいので、家の周りをジョギングするなど軽い運動を取り入れてください。勉強に使う時間は減る可能性もありますが、結果的にそちらの方が効率アップを狙えるのです。浪人生は、一日何時間くらい勉強すればいいのでしょうか?受験教科数にもよりますが、志望校に合格するためには、最低一日10時間は必要です。





そのとき、当然ですがただ机に向かえばいいというわけではなく、集中しておらずろくに勉強できていなかったというのではダメですよ。10時間集中するために、一時間に一回、10分休憩を取りましょう。また、長時間一教科だけに取り組むのではなく、全教科毎日まんべんなくやりましょう。

気分も変えられますし、全教科に毎日触れると記憶が定着しやすいのです。



高校生になると文理分かれたカリキュラムが組まれます。







と言うことは、高校1年生のときに出来る限り志望校を決定しなければならないのです。



まずは将来の夢を決め、もう夢がある人はそれに向けてどう進めていけば近道なのか、志望校をどこにすればいいのか調べましょう。夢によっては、叶えるために大学院にも行く方がその職業に就きやすい場合もあるので、そこまで見据えた人生設計を立ててみてくださいね。教科書や参考書には、マーカーで線を引いてはいけません。





色をつけるのに時間を使ってしまうと、それだけで勉強した気になってしまっていませんか?さらに、復習をするときに、色がついている部分は当然印象に残ります。

線を引いていない部分にはなかなか印象に残りません。でも、教科書や参考書は全て重要な内容が詰まっています。





全て大切なのです。



つまり、全内容をデコレーションするか、一切しないかのどちらかになりますよね。受験生にとって、スマホやインターネットはNGです。





現代人は知らず知らずのうちにスマホを手にとってしまっている人が多いのです。



あなたは一日何時間スマホを使っていますか?一日に2〜3時間くらいはスマホを触っていませんか?その時間を勉強に回せたら、一週間で少なくとも15時間くらいは勉強時間が追加できるのです。15時間もあれば、苦手分野を何周も復習することができますね。センター試験国語の前半、現代文について、なかなか点数アップできない人が多い教科です。





現代文は他の教科のように、いくら問題をたくさん解いても、なぜか点は伸びませんよね。そして、センター国語では、点数アップのコツが存在します。その一つが「本文で述べていない内容が含まれる選択肢は選んではいけない」という点です。

ぱっと見正解に思えても、本文でその内容を述べていない場合は、言及していないものは選んではいけないのです。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春輝
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mwa1wa1fer58oy/index1_0.rdf