プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mvxyawslysjpzm
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
VMの新戦力に鈴木健想! 武藤を流血葬に=全日本プロレス / 2010年07月26日(月)
 25日の全日本プロレス東京・後楽園ホール大会では、今年で5回目を迎えるジュニア・ヘビー級リーグ戦が開幕。今リーグ戦の優勝者には、世界ヘビー級王者カズ・ハヤシへの挑戦権(8月29日、東京・両国国技館)が与えられるが、現在13度の防衛を数えるカズは自らがリーグ戦も優勝し、渕正信が保持する最多連続防衛記録のV14戦は意中の挑戦者を指名したいと宣言している。

 そのカズは、初戦で元IWGPジュニア王者の稔と対戦。全日本、新日本と両団体でトップを極めた者同士、いきなりの超ハイレベルバトルが期待されたが、最凶ヒールユニット「ブードゥー・マーダーズ(VM)」で活動している稔は、試合序盤からVMのTARUらを呼び込み、アシストを受けてのパイプイス殴打で試合を優位に展開。この凶器攻撃で頭部に大ダメージを負ったカズはファイナルカットなどで応戦するも、最後まで流れを完全に引き戻せないまま、掟破りのパワープラント、そして新技の変型フェースクラッシャーを立て続けに食らい、まさかの初戦黒星スタートとなってしまった。

 勢いづいたVMは試合後にリングになだれ込み、今度は右ひざ治療中のため戦線を離脱している武藤敬司に標的をスイッチ。今大会をリングサイドで見守っていた武藤を、どこからともなく現れたドクロマスクの男が襲撃し、これにレネ・デュプリ、ヘイトも加わって滅多打ちにすると、最後はリング上でテーブルクラッシュを食らわせ血祭りに挙げたのだった。
 TARUが「VMの新戦力や!」と呼び込んだこのドクロマスクの男の正体は、なんと鈴木健想。「世界ナンバーワンのアジアのレスラーはグレート・ムタじゃない。このオレ、ケンゾー・スズキだよ!」と健想はマイクでまくし立て、大ブーイングの中、VM新加入後最初の獲物をグレート・ムタに定めた。

【7月26日0時17分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100726-00000002-spnavi-fight
 
   
Posted at 02:39/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!