蝉しぐれについて
2007.10.15 [Mon] 12:01

時代劇では一番好きかもしれない。特に、内野聖陽さんが好きです。文四郎と言う役柄にピッタリですね。 物語としては悲しい物語がメインですが、くすっと笑えるシーンもちょっとだけあります(様な気がします)。お子様には理解できないちょっと難しい話だと思いました。 まぁ、シナリオを解釈させて頂くと、「藩(お偉いさん)の陰謀の被害に遭いながらも、懸命に生きる下級武士の文四郎と、幼馴染みの娘との悲恋を描いた切ない物語」といったところですか。 文四郎とライバルたちとの戦いのシーンは緊張感があって面白かったです。NHKの番組なので出血表現はありませんでした。僕は出血有った方が好きなんですけどね。 このDVDには、得点映像が存在するんですけど、どうもNGシーンとか、出演者の裏側とか、そういう笑える映像が欲しかったですね。 7話で終わったのが勿体無いくらいの面白いドラマでした。もう少し細かく、長くやって欲しかったです。 まぁ、お子様が退屈しないうちにパッパと進めるのもイイかもしれませんね。 この作品を見れば内野聖陽さんのファンになるでしょう。僕もこの作品でファンになりました。 あと映画の蝉しぐれもオススメです。 とにかく、時代劇に少しでも興味があるなら見てみてください。