インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは費用がかさむことに尽きま

February 21 [Tue], 2017, 16:29
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rina
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる