妊娠中のむずむず脚症候群の症状に、ムクナ豆が効果あり?

September 23 [Wed], 2015, 20:47
妊娠8か月になってから、
夜寝るとき、足がむずむずして眠れない。



レッグウォーマーや湿布をつけたり、
足を摩ったりしても、足裏の違和感がまったく消えない。

どうすれば、このむずむず脚症候群を改善できるの?

・・・と悩んでいる妊婦さんも多いと思います。

足を温めたり、マッサージすることで
足の不快感をごますことはできますが
残念ながら、むずむず脚症候群の症状は解消できません。

そもそも、むずむず足の原因として、
ドーパミンの機能低下や貧血などが言われているからです。

脚のムズムズ感を軽減するには、
食事で鉄不足を改善をしたり、適度な運動がおすすめです。

たとえば、レバーやひじき、牛乳、豚もも肉、卵、大豆などに
鉄分の多く含まれていますので、
バランスよく食べるようにするといいでしょう。

運動するなら、スローウォーキングが効果的です。

お散歩しながら、ゆっくり歩くだけでいいので
妊娠中でも、無理なくできると思います。

ただ、食事や運動で、なかなか症状が改善しない場合には、
サプリメントにたよってみるのも、1つの方法かもしれません。

私もいろいろ調べてみたのですが、

体にやさしい天然成分で、足りない栄養素を補うことで
むずむずが軽減して、夜ぐっすり熟睡できるようになれると
口コミで話題になっているのが、「たっぷく豆 こがね散」です。

「たっぷく豆 こがね散」は、
ムクナ豆が原料になっているのですが、

ムクナ豆に含まれるLドーパという天然成分が
脳内ドーパミンの生成を助けて、
ムズムズ脚症候群の症状を軽減してくれるのですね。(^.^)

鉄分も含まれているので、鉄不足が気になる方にもおすすめです。

今なら、約1週間分のお試し用50gが2500円程度で
気軽にお試しすることができます。

気になる方は以下の画像をクリックして
詳細を確認してみてくださいね。
↓↓↓↓↓




P R
カテゴリアーカイブ