小林とき子事務所Open

September 17 [Sat], 2016, 22:31
 11日は小林とき子さんの事務所開きを行いました。
 結構大きな事務所を借りましたが、ぎゅうぎゅう詰めの満員御礼。テレビや新聞マスコミも押しかけ、それはそれは熱気あふれる集会となりました。3号線沿い、諏訪野一丁田交差点南側すぐのマンション1階です。ぜひともお立ち寄りください。





 今日17日は、「困ったを希望に変えるには? 市民による政策会議」に参加しました。小林選対の本部長として挨拶。民進党新井選対からは事務局長の古賀市議も挨拶されました。古賀市議とは議会でしょっちゅうお会いしますが、このような場では初めてのこと。一歩づつですが、久留米市でも共闘の輪が広がっていることを感じます。



 80人の方が参加され、問題別のグループにわかれ白熱した論議が行われました。



 19日は安保法制・戦争法が強行されて一年になります。私たちの声を踏みにじった安倍政権を忘れようにも忘れられない。暴走する安倍政権をストップさせるため、頑張ります





自衛隊南スーダンに! 戦争する国NO!!

August 31 [Wed], 2016, 22:40
  「孫が『南スーダンに派遣を打診された』と言ったとき、しばらく娘と一緒に泣きました。なんで銃を持って、外国に行かなきゃならないんですか」−今朝の赤旗新聞の記事です。内戦が続くアフリカ・南スーダンにPKO活動で派遣される陸上自衛隊員の家族の不安の声です。
“自衛隊員の命を守る” 。今度の補欠選挙はたいへん大事な選挙。野党共闘で必ず自民党に議席を渡さない、そんなたたかいを進める決意です。

 前回、8月9日に長崎に行ったことを書きましたが、簡単に報告します。行きの車中は平和行進のDVDを視聴しました。通し行進をされた山口逸夫さんがプロデュースされたとのこと。様々なドラマがコンパクトにまとめてあり、平和行進の魅力がぎゅっと詰まった内容でした。長崎に向かう車中にふさわしいものだったと思います。
 昨年体調が不安定だった谷口すみてるさんが、今年も病気をおして挨拶をされました。「被爆者は人間らしく生きることも死ぬこともできない。再び被爆者をつくるなの声を上げてきた。今年は被爆者が署名を作った。ストックホルムアピールのような取り組みを進めましょう。核兵器廃絶を世界に広めましょう」と呼びかけられ、胸が熱くなりました。
 代表理事の安斎育郎さんは、「今年被爆71年に、非人道性を世界にメッセージしよう」と呼びかけ、8月9日はムーミンを書いた、トーベヤンソンの誕生日だとして、トーベヤンソンがフインランドの戦争を描き原爆投下の悲惨さを子どもたちに伝えようとしていたこと、星の王子様を書いたサン・テグジュベリがバオバブの木の中で、3つの木の根を抜くことを怠ったために巨木になり地球を壊してしまったこと、根っこのフアシズムを抜き取ることを忘れてしまったからだとサン・テグジュベリの思いを述べ、核兵器廃絶への道を突き進むために、国際会議宣言を読み普及して欲しいと訴えました。最後に、今日は形状記憶合金の日でもある。これは元の形に戻るもの、形状を捻じ曲げようという試みに惑わされず、形状記憶人間として頑張っていきましょう≠ニ呼びかけ、さすが安斎先生、上手いこと言われるな〜と感心。
  昨年から5511人の被爆者が亡くなり、安倍政権への怒りとともに被爆者の方々の危機感もヒシヒシと感じました。唯一の被爆国日本の役割は、核保有や戦争を仕掛ける国ではなく、民主主義と立憲主義によって対話での平和外交を進めることにあります。今の安倍政権では間違いなく戦争に巻き込まれる。その危機感を多くの人に伝えなければと、焦っている私です。皆さんと力を合わせて粘り強く頑張って行きたいと思います。


 8月26日は衆議院議員の真島さん、県議会議員の高瀬さん、山口さんらと大川インテリア研究所や市のインテリア課に訪問しました。また、筑後川の土砂堆積や、えつ漁の桟橋などを視察しました。大変天気が良く、議員の皆さんに状況把握に絶好の天気になりました。



戦争する国にストップを

August 15 [Mon], 2016, 22:36
 今日は8月15日、71年目の終戦記念日を迎えました。毎年行っている11時50分からの宣伝行動には、私と甲斐議員に加え、衆議院福岡6区補欠選挙の予定候補者である小林とき子さんも一緒に、二度と戦争はさせない。アベ政権とたたかう≠ニ訴えました。10月の補欠選挙は、参院選後初の全国注目の選挙です。私もしっかりと小林さんをサポートし、訴えていきたいと思います。

 小林さんは36歳。久留米市で生まれ久留米高校を卒業後、福岡大学に入学し卒業後は民主青年同盟の専従として、若い人たちのなかで学び行動してきた青年政治家です。私も若い頃は民青同盟の専従をやっていたので、その苦労や厳しさを知っています。小林さんは実直で誠実。青年の要求実現のために尽力してきた人です。現在、筑後地区委員会の地区委員長という重責を担いつつの立候補。頼もしい若きリーダーです。

 この選挙には民進党と自民党(系)から2人の立候補が報道されています。危険な安倍政権を早く終わらせるため、参議院選挙から続く野党共闘をさらに前進させたい、と私たちは強く願っています。今回の選挙についても追求あるのみで、頑張りま〜す

6月議会だよりができました。掲載します









暑い熱い夏が続く

August 10 [Wed], 2016, 22:16
 今日の久留米市の気温は37.4度‼️明日は38度の予報です。 オリンピックとあわせて日本列島には熱気と熱風が襲います。

 昨日9日は、久留米原水協のバスに乗って長崎に行ってきました。原水爆禁止世界大会長崎大会です。昨年久しぶりに通し参加をし、毎年必ず行こうと決めた大会です。今年もまた、たくさんの感動をもらいました。この大会の内容は次に譲ります。

 学校が夏休みに入ってすぐの7月21日からは、学校ウオッチングで汗を流しましたよお今年は西部地域の学校34校を訪問しました。学校関係者の皆さんには大変お世話になりました。一緒にまわった新婦人のみなさん、福建労のみなさん、本当に暑いなかお疲れ様でした。折に触れて紹介したいと思っています。

 さてさて久留米の夏といえば、毎年恒例の「そろばん踊り」。4日の夜に2時間ぶっ続けで踊ります。毎年のように雨が降り開催を心配しますが、今年もやっぱり降りました ゲリラ豪雨です。それはもう凄まじかった~_~; でも開催1時間前にはピタリと止みました。
 夜になっても蒸し暑さが続く中、延々と踊り続けました。それにしてもうちの津福校区のみなさんは元気があります






溶けてしまいそうな真っ昼間のパレードに、久留米市議会として議員のみなさんと歩きました。歩く前から汗ダクダクでした
まだまだ、夏は続く‼️ 10月23日は衆議院6区補選もあります。頑張りま〜す



被爆国、日本の役割は?

August 08 [Mon], 2016, 10:54
 毎月6日と9日の日に、「6・9行動」と称して全国で核兵器廃絶の署名活動が行われています。私も可能なかぎりこの行動に参加しています。今年8月6日は71年目を迎えた広島原爆投下の日。この日は20数名の仲間たちと署名行動に参加し、マイクを握りました。



 先日、山本拓道さんというお寺の住職さんの話を伺いました。拓道さんは、広島原爆の灯をカイロに入れて故郷星野村に持ち帰った、山本達雄さんの息子さんです。山本達雄さんの話は児童書や絵本になったので、知っている方もたくさんいると思います。大変感銘を受けましたので、そのお話を少し紹介します。

 山本達雄さんは広島に原爆が投下された直後、叔父さんの消息を追って焦土と化した広島の街を歩きました。前か後ろかわからない焼け焦げた人や、女子学生が近寄ってきたので腕をつかむと、その腕の皮がずるりと剥けてしまったこと、目が飛び出し内臓も飛び出した人など地獄絵を目の当たりにしました。そして「水、水、水をくれ」と近寄ってくるその人たちに自らの水筒で水を飲ませ、水がなくなると口から唾を飲ませたと。そしてそっと首に手をかけ殺めたこと。それが少しでも苦しみを軽くするための、人助けだと思っていたんだと。
 叔父さんの形見と思って持ち帰った灯は、数年たってある事がきっかけで新聞社の記事になります。それまで山本達雄さんはこの経緯を語ったことがありませんでした。それは、この灯が叔父の形見であったと同時に憎しみの灯であったこと、そして何人もの人々を殺めたことへの苦しい思いがあったからだと。達雄さんは亡くなるまで「自分は何人もの人を殺した。戦争は絶対にしてはならない」と口にしていたそうです。


 (岩崎京子『原爆の火』新日本出版社 2000年8月)

  ヒロシマ・ナガサキを二度と繰り返してはならない、戦争はしてはならない、その思いを痛いほど感じました。
 先日、安部政権が内閣を改造しました。「番組の電源を切る」「核武装が必要だ」などの発言をする、危険な大臣が揃いました。マスコミの中でも「戦争」について発言することがはばかられる雰囲気が作られつつあります。大変恐ろしいことです。
 唯一の被爆国日本の役割は、核保有や戦争を仕掛ける国ではなく、民主主義と立憲主義によって対話での平和外交を進めることにあります。今の安倍政権では間違いなく戦争に巻き込まれる。その危機感を多くの人に伝えなければと、焦っている私です。しかし、粘り強く頑張ります

たたかいはこれから

July 20 [Wed], 2016, 22:11
静かな選挙でした。でも、私たちの中では熱い熱い選挙。燃えた選挙でした

「共産党の議席はもっと伸びたんじゃないか」「選挙区落ちて残念」など様々な意見を頂きました。私も正直、目標の比例9議席は何としてもと思っていたのですが、結果は3議席から6議席。倍加はしたのですけどね〜東京はやっぱり選挙区で勝利❗️ 他が及ばず、福岡でも残念な結果に終わりました。

しか〜し、よくよく見てみると私が住んでいる久留米市での比例票、10000票を超えていたのです。少ない数だと思われるかもしれませんが、10年前からこの数字を目標として共産党久留米市委員会で論議をしていたのです。みんな頑張ったからね〜。先日の女性後援会での“一品持ち寄りお疲れさま会”で、このことを私が報告すると参加者からも、良かったね〜との声が上がりました。

全国一人区でも野党共闘で11の選挙区で勝利‼️ 原発や基地問題で福島や沖縄の統一候補が勝利を勝ち取りました。落選した二人は安倍政権の現職の大臣。野党共闘は1プラス1が3にも4にもなった劇的な勝利です。改憲勢力が3分の2をとったからと言って、国民が憲法を変えることに合意したわけではありません。負けるわけにはいかない。たたかいはこれからです。

で、今日も津福駅で挨拶をする私。明日から子どもたちは夏休み、そして私は学校ウオッチング。いよいよ始まるぞ〜
これかも頑張りま〜す





プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:むっちゃん
  • 性別:女性
  • 誕生日:1961年2月23日
  • 現住所:福岡県
  • 職業:
  • 趣味:
    ・★散策-筑後川の流れに沿って歩く。とっても癒されます。
    ・★映画鑑賞-「食堂かたつむり」、画がキレイでした...
読者になる
福岡県久留米市で2015年4月から日本共産党の市議会議員として活動。法律・生活相談室室長としても活動しています。日頃の活動、市民とのふれあいを紹介していきます。
メールは、mutumikaneko@gmail.comまで。

[日本共産党久留米市生活相談所]
久留米市津福本町1512
電話:0942・32・6110
fax:0942・35・8538

☆毎週水曜日(第5を除く)無料法律・生活相談会開催
受付:6時30分〜7時00分
会場:えーるピアにて 弁護士が対応します
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
むっちゃん
» 小林とき子事務所Open (2016年09月20日)
シェーン
» 小林とき子事務所Open (2016年09月18日)
むっちゃん
» これから1ヶ月、全力でがんばるぞ! (2016年06月23日)
シェーン
» これから1ヶ月、全力でがんばるぞ! (2016年06月15日)
むっちゃん
» 1年を振り返って (2016年05月16日)
シェーン
» 1年を振り返って (2016年05月16日)
むっちゃん
» 5年目の3月 (2016年03月16日)
シェーン
» 5年目の3月 (2016年03月12日)
シェーン
» 寒かった1月も早終わる (2016年02月09日)
むっちゃん
» 寒かった1月も早終わる (2016年02月08日)
Yapme!一覧
読者になる