自然な傾向 

2005年03月05日(土) 0時45分
自分の好きな歌を歌いながら、メロディが上昇するときには両手を上に動かし、メロディが下降するときには両手を下に動かしてみるといい。それはしごく簡単だし、自然な感じがする。次はその逆、つまりメロディが上がるときに両手を下げてみてほしい。今度は努力しなければならず、それは不自然な感じがする。

from ピーター・バスティアン著「音楽の霊性」(工作舎)

楽器の値段 

2005年03月03日(木) 21時23分
大方の期待とは違って、アンティークのヴァイオリンの取引に当って、“楽器の音色”はほとんど問題とならないのである。クレモーナのヴァイオリン、特にストラディヴァーリが時価何億円という値がつくのは、きっとそれがかけがえのない美しい音をだしているからだ、ほかのどんなヴァイオリンにも出せないみごとな響きを聞かせてくれるからだ、と多くの人はロマンティックに信じているにちがいない。
しかしそんなことはない。

from石井宏著「誰がヴァイオリンを殺したか」(新潮社)

腹式呼吸 

2005年03月03日(木) 4時12分
私が強調したいのは、何の楽器を演奏するにしても、ピアノでも、弦楽器でも腹式呼吸の会得なしに、音楽を理解することはできないということだ。なぜならば、そもそもフレーズという問題が呼吸法から始まっているからである。呼吸のないフレーズというのはありえない。大家と言われるような人は楽器に関係なく呼吸法を心得ているはずだ。

from 高橋利夫著「モイーズとの対話」(全音楽譜出版)

ルバート 

2005年03月02日(水) 21時58分
彼はルバート(奪うがごとく)に演奏した。だが、同一タクトの終わらぬうちに「奪われたるもの」を補償した。

from E・フィッシャー著・佐野利勝訳「音楽観想」(みすず書房)

始めます! 

2005年03月02日(水) 21時54分
音楽について語るのは難しいね〜。

でも古今東西、名演奏家、名教授と呼ばれた人は
みんな、音楽を「自分の言葉」で説明している・・・

そんな言葉の数々を毎日1個ピックアップしていきます。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:musico
読者になる
Yapme!一覧
読者になる