runners high 

July 12 [Sun], 2009, 20:57

今日も走った
距離にすると大したことはないのだが
無心に走り続けた

始めは希望に満ちあふれてるんだ
まだ走れる
まだ走れる
自分はこんなに走れるんだ
ってね

でも何キロ目かになると
だんだん
もうだめだ

って思ってくる
そうすると
自分はこれしか走れないのかと
むなしくなる

でもそれはけして限界などではないのだ
足はまだまだ回るのだ
ただ自分に対しての甘えなのだ

そう自分に鞭打って
また足を動かす
まるで一人の人間の
儚い人生のようで
走るということは
単純でありつつとても面白い

走っていると
色々なことが脳裏をよぎる

やりたいこと
やらなければいけないこと
楽しいこと
悔しいこと

すべてがまるで
しぬ前の人間が見るフラッシュバックの映画のように
頭の中を駆け巡る

それがあまりにも一瞬のことで
心にはそれが重すぎる
すると足もだんだんと速度を落とし重くなる

あぁ
もうだめだ・・・


しかしそこで甘えてはいけない
精神よりも身体に対しての甘えを振り切ることは
案外楽である

身体に対しての甘えは
えい
と思えばその誘惑なんてすぐに振り切れる
大変なのは精神的な甘えである

しかし今は
ただ走るだけ
ただ無心に
走るだけ

no title 

June 14 [Sun], 2009, 12:47


almost nothing in real life
can be shown by mathematic sentences.

nothing can ever be predicted.

"promises" are just for your safty

"promises" are never very true

it is impossible to tell what someone is thinking

it is impossible to know if the words are true

what you have in mind, is only understandable by yourself

it is always only you that can understand you

no one can understand "everyone"
no one can understand "someone"

trust only yourself

and when you feel alone, you are alone

from the time you born on this planet
till the day you are burried under the R.I.P stone

you are alone
and always be alone

and that is nothing to be scared of
or nothing to be sad about

it is just the way it is.

human being is the dirtiest, most uninvited life on the planet

human does nothing but to destroy

and yet we love each other

and say that we love this world

how sad it is to be a human
how sad it is to not able to understand how much we are disliked

but no one really understands how horrible we are

we are the most tiny life
and yet we live as the king of the paradice

果実 

May 28 [Thu], 2009, 23:27
今日も一日
ファンクも知らずに
朝から晩まで
『パンクスパンクス』

死にたいようなら
腕など切らずに
アクセル踏み出し
ハイになって
崖から落ちな
『ソノママソノママ』



何が大切かって
すごい難しいよね
グルーヴを大切にしたり
情熱を大切にしたり
技術を大切にしたり
技術を大切にしないことを大切にしたり

人それぞれだから
誰に相談しても結局は何も進まなくて
開かれるのは

あやことあやこの
1人の会議

難しい
実に難しい

感情なんて
1,2、の3で180度変わって
次に270度変わって
もしかしたら90度変わって
最後に360度変わったりして

なんつって

だからすごく難しいよね
かといって
感情以外のものを見極めて
それを読み取り、理解し、それで決めなさい、少女

と言われても
感情以外の人間の部分って
骨と肉と皮膚と血と
あとは汚らしい部分じゃないの?

つーまーりはだな
感情が一番大切
でも感情はめまぐるしく変わる
だから難し

そうそう、そゆことだよ、わかったかね?

もやもや 

May 12 [Tue], 2009, 18:12
最近よくわからないんだ
何がわからないかも
わからないけど

のどの途中に
常に何かが詰まっているような息苦しさ

何かを言おうとしても
何かをしようとしても



「・・・・ぁ・・・・・・・・・・・・」


まぁ・・・いいか・・・・・・

自分の意見や思いは

心の中に見る見るうちに蓄積され

形になるわけでもなく
ただただそこに霧のように立ちこもる

そして時がたってしまえば

すべて溜息と化して

湿った重たい風にのって

熱い日差しと

響く人ごみに消えてゆく


人生って・・・・何

リンゴより価値はあるかな

人生って

もっと波乱に満ちていて

苦しくて激しくてめまぐるしいものだと思っていた
それを期待していたのかも

でも僕の毎日は

薄っぺらい笑い声と

無意味な疲労感と

都会の空気に混ざり

薄まり

そして溜息のように

吐かれては高い雲に上るのだ


人生は
儚くない
短くない


人生は毎日と同じで
ただただ流れるだけ
水のようにさらさらではなく
油のように
どろどろと


自らが一歩を踏み出さない限り
自らがその危険地帯に踏み入れない限り

人生はそのように始まり

このように続き

そしてきっと
あのように終わってゆくのであろう


さぁ・・・・

君は、動く?


僕?




「・・・・・・・ぁ・・・・・・・・・・・・」



まぁ・・・いいか

いまでは 

April 05 [Sun], 2009, 13:57
昔はよく
色々な小さいことで
本気でなやんていました

小さくないことも
本気でなやんでいました

「音楽」とは何か
何を自分がしたいか
今後どうすればいいのか
今後どうしたいのか

全部全部分からなくて
とてもつらかったんだろうな


今ではそんなこと
ほとんどないですね

それは一部自分を
押し殺してしまったこともきっとあるけど
でもたぶん
全てのことを
自然体で受け入れることを
目指しすぎた結果
何も本気で考えられない頭に
なってしまったんでしょう

そのことすら
自然体で受け入れられてしまってる自分は
ある意味無敵で
ある意味とても
危ない状態だと
最近感じています

色々なことを
たまに必要以上に
考えすぎてしまうという性質は
自分の本当の本当の本当の自分だと
そう思っています

そうゆう基礎的なものは
その後どんな泥を塗りたくしても
そんな鋼で加工しても
結局それにひびが入ったとき
とっさに出てきてしまうんです

だからいま
あれはあれこれはこれ
それがそれでも別にいい
だってそれはそれだから

みたいな新しい自分は確かにいて
それはよくも思えるし
悪くも思える

でもそれがすこしバランスを崩して
落としてしまったとき

きっと私はもろく砕け散って
また自分の性質が出てくると
わかっているんです

それは本当は
本当はとても怖いことだと思います

でもそれも結局
それなんであって
変えることはできなくて
でもそんなとこも
きっと好きになれるはず

わたし 

March 17 [Tue], 2009, 20:56
最近急に悩みが

どどどどどどどどどど
っと
増えちゃったよ


わかったことは



人は変わるってこと

過去にとらわれていても

悲しくなるだけってこと

無条件でそこにいてくれる人なんてやっぱり
いないってこと


今まで自分は色々間違ってたんだなぁ

絶対、なにがあっても

君だけはそこにいてくれる
そう信じてたのに

やっぱり君がそこにいてくれるのにも
君が僕といてくれるのにも

条件はあったんだ

僕が我慢すれば
ちょっと自分を制御すれば

それだけでそこにいてくれるのなら

そうしよう

苦しくなっちゃうかもしれないけど
それでも君といるために



ちょっとすねてるのもまじってるけれど
本当に僕は思っている

全部全部自分が悪いって

冷たくされたって
文句言われたって
我慢しなくてはいけないのだって
傷ついてしまうのだって
傷つけてしまうのだって

結局ぼくが「不十分」な存在だから
ぼくが未熟で価値の低い人間だから

だからそうされても、そうなってしまっても
仕方ないことで
自分の責め、恨むしかないんだよね

僕の心臓が時々
悲鳴をあげるんだ

これ以上締め付けないで
苦しいよ

って

でも
仕方ないし
それだって自分を憎むしかないんだ

わたしは
どうしてもっと価値がある存在として
生まれてこれなかったんだろう、
育てなかったんだろう

大っきらい 

March 15 [Sun], 2009, 17:52
結局


僕の

存在価値を

受け入れてくれるやつはいないんだ


人にやさしくされるより

裏切られたり
使われることのほうが

どうやら慣れてきた

どうやら好きになりそうだ


わかってるんだって

自分がめんどくさい人間だって

ただのかまってちゃんだもん

そろそろそんなの卒業しなきゃね


かまってちゃんなのは
結局
自分を受け入れてくれる人がほしいからで

その人を離したくないからで

でも受け入れてくれる人がいないんだから

そんなばかげたこともう卒業しなきゃだめなんだよ本当は

わかってるよ


もう誰にも

「君のこと理解してます」

「君のそばいいつでもいます」

みたいなこと言われたくないんだよね
信じれるのはただ一人だから

ほかの誰がそういっても

嬉しくなっちゃうだけで

ちょっとしたらそんなやつら

すぐどっか行っちゃうんだから

信じた分だけむなしくなる

喜んだだけ苦しくなる

幸せと感じたら負けだ

感じたらそのあとに悲しみがあるだけ


だから人間なんて

だいっきらいなんだよ

うその言葉なんかだいっきらい

うその優しさなんか人を傷つけるだけなんだよ


だいっきらいあんたなんか

だいっきらい


あたしはあの人しかもう信じれないんだ

人間なんて汚すぎるよ
僕にとってあの人は天使なんだ


どうせいなくなるんだったら

どうせ捨てるんだったら

どうせ傷つけるんだったら

なんで来たの?なんで優しくするの?

理解できないや



大嫌い大嫌い

できることなら

全部の思い出を消し去りたい

あなたの存在を私のなかから消し去りたい



存在否定はもう聞きあきた

遊び相手ならどっか別をあたってくれよ

大っきらい

光?いや、 

March 14 [Sat], 2009, 23:56
光なんてどこにもなかった

やっぱり光なんてどんなに探しても

どこにもないんだよ・・

光だと思ったら
そんなの信じちゃだめなんだ

なぜなら全部全部

いつか灰に変わるから

光が見えた

って嬉しくなれば、安心すれば
そんな気もちになればなるだけ

無駄なんだなぁ


だってその分だけ
その喜んだ分だけ
その分だけ深い深い底に静まっちゃうんだもん、
次の日には


なんか自分が傷ついたって

もう本当に誰も気にしてないんだなぁって

傷つけたって
どうも思われないんだなぁって


楽しい時間なんて
あんまもう欲しくなくなっちゃった
今はそんなくらい気分かなぁ

楽しいって感じることが

怖くなっちゃったよばかぁ

ばかぁばかぁ

信じることもつかれちゃったよばかぁ

こんなとき
唯一プラスなことがあるとしたら


こういうときに限って
いい詩がかけちゃったりー
なんていっちゃったりー
もうわけわかんねーや

一回ぜーーーーーーーーーーーんぶ
こわれちゃったらどうなんだろう

ちょっとすっきりしたりーーー
でもどうせそれもかなしくなったりーーー

たのむから誰もこれ、見ないで

ここくらいなんだよね、落ち着いて本音かけるよ

だから誰もみないで

って思いながら誰かにやさしくされたい自分は
島流しの刑にでもなっちまえってか!

ひと 

March 08 [Sun], 2009, 0:21
わからないんだ


どうして
怖いんだよ

君が何を考えてるのか
僕には何にも分からないんだ
君は高等動物で
ぼくは単細胞なんだ


君は先進国で
僕は発展途上なんだ

世界が違って
でも君はいつでも僕をそこから見下ろしてて

ぼくは怖いんだ
君が僕を眼と眼で見てくれないから


ぼくは君が怖いんだ

まるでかごの中で走らされているネズミのようで

怖いんだ

僕はただ君と
暖かな部屋で
言葉もなく
分かりあいたいだけなんだ

僕らに 理解 なんて
無理なのかな?
やっぱりそれは
ぼくがアメーバだから

どうして素直に
ただ抱きしめ会えないの
どうしてそんなに
疑ってるの?どうして
君の眼に映る僕は

そんなにけがらわしいの?

僕には君がすごく輝いて見えるのに
僕は君に・・・どうして

だから怖いんだ

お互いの価値観のずれが
いつかどうにかなってしまいそうで
怖いんだ

信頼? 

January 24 [Sat], 2009, 23:59
うちの学校でまぁちょっとした事件がおこりまして

まぁ現代社会で若干問題になりつつある「ぷろふ」なんですが
うちの教師たちが実はこっそりとみてたわけですわ。
まぁ内部からのタレこみだったって噂もあるんですが
一応「外部者からの通報」ということで
先生たちはそれを理由に生徒のプロフとリアルを印刷までして

「第二LL教室に放課後きなさい」とか言ってきましてw

リアルとかには生徒は馬鹿だから学校の寄り道の記事、写真とかのせっちゃってて
なかには授業中の更新とかもあって
それがばれてもう学年全体大混乱。

まぁあたしも最初は汚いやり方だなぁとは思ったんですが
ブログとかって誰でも見ていいものだから
それからいろんなことがばれたのは、まぁこっちが悪いし、
うちらがもう少し頭使ってばれることは書かないようにしてたら
こうはならなかったから
まぁ仕方ないいんですがねw

でもなにが一番引っかかるかって...


あたしは成績もたいして良くないし
大学はほかんところ受ける気もたいしてないし、
このまま進もうと考えてる、つまり内部進学
頼道の写真はすぐ消せと言われるしブログも消させられた
ほかにもいろいろ言われたけど
まぁ50%は話聞いてなかったしいいかって感じ


一方
先生ともまぁ仲が良くて
成績もそこそこで
委員会やってて
他大学目指してる知り合い
まぁあたしは嫌いなタイプでさ、どうでもいいんだけど
そいつは大人ぶってんのか調子乗ってんのか無理にでも
酒飲むやつなんですよ
ばかだなぁ。見つかったら笑うわww
って思ってた矢先のこの事件
「あいつ写真とか載せてるからばれるよね、飲酒たしか退学か停学だよね」
ってみんなではなしてたのにあいつはけろっとした顔で面談室を出てきた

話によると
頼道は塾前だから許されて
ブログとかをやっているのは付き合ってる友達が悪い
挙句の果てには飲酒に関してノータッチ

今時の教師。。。失礼
うちの学校のうちの学年の教師は
ほんとに腐ったやつらだと感じました・・・

この学年には自浄作用があるんだとさ

自分たちの力でいい方向にもっていく力だって
あんたたちのいい方向がうちらのいい方向じゃないってことすら分かってない
だいたいあいつらは学校の名前しか気にしてない
生徒を守るなんて言わせない
まえまえからブログみてたのに
通報がないと何もしないんだもん。

面談だって3対1で怒鳴られる
紙をくばられて
「みんなの意見をききたいんです:」
って。やっと意見が言える。よかったこの先生はちゃんと向き合ってくれる
そう思ったのに
「では書く項目を言います。」
生徒はきょとんだよw
「この学年の問題点。それを解決する方法。この学年の理想的な姿。そうするためにできること」

はいはいはいはい
この事件は生徒がみんなみんな悪いって言いたいんですね。
ほんと呆れた大人たちだよ
だいたい先生だかっらってなんだよ
いつからそんな偉くなったんだよ
尊敬しろって言われて尊敬するやつがこの世のどこにいるんだよ

友達は勇気をだして静まり返ったクラスて発言した。
このけんでかなりショックをうけてて恨みをもっていたこだった

「先生たちはかなりまえから私たちのブログや前略プロフィールを見いていたということを聞いたのですが、それは本当ですか?」

彼女は冷静な声で、殴りたいという気持ちも必死で押さえて、きちんとした言葉遣いでそう質問した。

「・・・それには今は答えられません」
先生はそういった

・・・こたえられない
つまりそれは彼らが昔からその存在を知っていたことを決定づけた。
わたしたちの日記への校則違反にかかわる書き込みは、昨日今日に始まった話では当然なかった。

つまり、かれらは今までにもわたしたちの違反はたびたび見てきたはずでは??
ではなぜそれを今まで黙ってみていたのだろうか?
どうしていまさら去年の記事を印刷されて頭を下げなけらば??
彼らは結局
誰かに指摘されてからしか行動できない。生徒を本当に守りたければその瞬間言えばよかった
大人のきたなさが目の前ではっきりと見えた。

先生たちはその立場を利用してアリとあらゆる角度からわたしたちを磔にしていったのだ。
しかし生徒誰もが感じていた。

わたしたちにはなんの拒否権も発言権も黙秘権も与えられない。
この学年が先生たちと楽しく過ごす日は卒業式まできっとこないだろう。
だれもがその溝と傷に気づいていて
だれものこのさばきに疑問と不満を抱いていたに違いない。

大人なんて信じてなかった。
それでもわたしは大きなショックをうけた
こんなに汚いんだな、本当にドラマみたいにくずなんだ
それしか学ぶものはなかった
P R
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
皆様からのコメント
アイコン画像ミクニ
» runners high (2010年11月10日)
アイコン画像カナ
» runners high (2009年10月28日)
アイコン画像りょう
» いまでは (2009年04月08日)
アイコン画像あのねのね
» いらいら (2008年11月08日)
アイコン画像あやこ
» いらいら (2008年11月08日)
アイコン画像あのねのね
» いらいら (2008年11月08日)
アイコン画像みらい
»  (2008年08月18日)
アイコン画像みらい
»  (2008年08月18日)
アイコン画像8969
»  (2008年07月17日)
アイコン画像亜夜虎
» へんか (2008年06月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亜夜虎
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ギターとドラムと歌うこと
読者になる
こんちはぁ亜夜虎です。ゆっくりしてってね!書き込みまっとるよ!
Yapme!一覧
読者になる