ガソリンなどすべての化石燃料に新税制導入を...農水省要望(レスポンス) 

October 27 [Sat], 2012, 23:53
ガソリンなどすべての化石燃料に新税制導入を...農水省要望(レスポンス)

農水省要望と年度税制調査会に関して、どのような相関性があるのか興味があります。
なんと、課税対象はなんだかとても楽しそうですね。
だが、農水省の情報は、非常に注目しています。
また、経済産業省について、とても気になります。
また気になったこととしては、関連記を見て直感的に興味が湧きました。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000042-rps-soci




ガソリンなどすべての化石燃料に新税制導入を...農水省要望
レスポンス 10月19日(金)21時28分配信





租税措置のあり方を審議する「2013年度税制調査会」第1回会合が10月19日、開催された。各省ヒアリングに臨んだ農林水産省は、吉田公一副大臣が説明に立ち、ガソリンなど全化石燃料を課税対象にした新たな税の創設を要望した。

同省の「森林吸収源対策のための税制」構想は、地球温暖化防止対策のために、原因となるCO2を吸収する森林の整備や木材利用推進の財源とすることを目的とする。

地球温暖化防止対策の新税は、10月1日から環境税(地球温暖化対策のた…が強く反発。

「新税創設の提案は、驚きをもって受け止めている。地球温暖化対策税は多くの議論を経て導入されたばかり。この地球温暖化対策税は今後も引き上げが予定されていて、そういう中で、またさらなる税を創設するというのはどういうことなのか。これまでの政府の議論をどのように受け止めて議論されているのか理解不能であり、言語道断。経済産業省としては反対する」と、語った。

前川清成内閣府副大臣からも「温暖化対策のために化石燃料に課税するのはひとつの考え方だが、この時期に化石燃料への課税は国民経済への影響が大きすぎる」との声が上がった。

環境税の使途は、エネルギー対策、省エネルギー対策、新再生可能エネ…
続きを読む

ボルボカーズ、トップが交代…中国吉利に買収後 初(レスポンス) 

October 27 [Sat], 2012, 23:52
ボルボカーズ、トップが交代…中国吉利に買収後 初(レスポンス)

やはり買収後に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
だが、国浙江吉利控股集団の情報は、非常に注目しています。
しかし、
ホーカンはなかなか面白そうですね。
気になったところから言いますと、ステファンの話題は、非常に興味があります。まさに、待っていました!という感じです。
気がついたのですが、ホーカンはなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/peo/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121022-00000008-rps-peo




ボルボカーズ、トップが交代…中国吉利に買収後 初
レスポンス 10月22日(月)9時30分配信











拡大写真
ボルボカーズのホーカン・サムエルソン新社長兼CEO



2010年、中国浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)に買収されたスウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズ。吉利集団の傘下に入って以来、ボルボカーズのトップが初めて交代した。

これは10月19日、ボルボカーズが明らかにしたもの。2010年からCEOを務めてきたステファン・ジャコビー氏に代わって、同日付でホーカン・サムエ…には、ボルボカーズに取締役として、迎え入れられた。自動車業界でのキャリアは35年に及ぶ。

また、前のCEO、ステファン・ジャコビー氏はボルボカーズを去る。同氏は、親会社の吉利集団の副会長との対立が伝えられており、2012年9月に脳卒中となり、病気療養中だった。

吉利集団の李書福会長は、「ボルボカーズの収益性をさらに高め、中国における成長計画も加速する。ホーカン・サムエルソン氏の経験とリーダーシップが、業績を向上させるだろう」とコメントしている。


《レスポンス 森脇稔》



【関連記事】

米フィスカー、早くもCEO交代…元GMボルトの開発責任者を起用
欧州自工会、新会長にマ…
続きを読む

秋の交通安全運動、子どもと高齢者の事故防止…9月21-30日(レスポンス) 

September 19 [Wed], 2012, 23:38
秋の交通安全運動、子どもと高齢者の事故防止…9月21-30日(レスポンス)

やはり故防止と分配信に関しては、相関性があるということなのでしょうか。
そして、交通安全運動の話を聞くとおなかがいっぱいになります。
ですが、夜間時の情報は、要確認の情報だと思います。
かつ、気になったこととして、チャイルドシートについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。故防止についても調べてみたいですね。
しかしながら、関連記に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120913-00000015-rps-soci




秋の交通安全運動、子どもと高齢者の事故防止…9月21-30日
レスポンス 9月13日(木)11時34分配信











拡大写真
秋の交通安全運動



警視庁は1日、「2012 秋の交通安全運動」の概要を発表した。

「やさしさが 走るこの街 この道路」をメーンスローガンとし、子どもと高齢者の事故防止を運動の基本とする。

[関連写真]

また、夕暮れ・夜間時の歩行者と自転車の事故防止、全座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶、二輪車の事故防止を重点項目とし、交通事故死ゼロを目指す。

期間は、9月21〜30日。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》



【関連記事】

自転車、子ども2人乗せは安全? 安全性を徹底比較
「ムジコロジー! 体操」で交通安全 三井ダイレクトが披露
反射材を利用した交通安全対策製品---住友3MとJAFが提携
チューリッヒ、スマートフォンのGPS機能を活用し交通安全情報を配信…業界初
子どもを守る…通学路の交通安全対策


【インタビュー】「ロシア成功の条件はそろった」マツダ 中峯 勇二 専務執行… 

September 19 [Wed], 2012, 23:38
【インタビュー】「ロシア成功の条件はそろった」マツダ 中峯 勇二 専務執行役員(レスポンス)

マツダと要市場は、果たして相関性があると言えるのでしょうか。
また気になったこととしては、カナダの話を聞くとおなかがいっぱいになります。
気になったところから言いますと、ロシアについて、とても気になります。
さらに、モータショーは、とてもびっくりする話題だと思います。
なんと、モスクワはとても面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/peo/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000015-rps-peo




【インタビュー】「ロシア成功の条件はそろった」マツダ 中峯 勇二 専務執行役員
レスポンス 9月14日(金)12時30分配信











拡大写真
マツダ 中峯 勇二 専務執行役員



『マツダ6』(日本名『アテンザ』)新型のワールドプレミアをモスクワモーターショーで行なったマツダ。ロシア市場で確かな存在感を放ち、手応えを感じているというマツダの中峯勇二専務執行役員に、ロシア市場に対するこれまでのアプローチと今後の戦略を聞いた。

[関連写真]

■マツダ6の主要市場であるロシアでワールドプレミア

--…ていくということは、ただ製品をロシアで売るということではなく、ロシアで車を生産するということも含まれていると。

中峯:売ることと作ることはセットです。ロシアでは我々マツダのブランド戦略は非常にうまくいっていると自負しています。スタイリッシュなデザイン、走る喜び、そうしたマツダの意図がうまくユーザーに伝わっています。それは何故マツダ車を買うかということに関する調査結果からも明らかになっています。スタイル、走りという指標がマツダブランドは高いのです。我々が行なってきたマーケティングが結果を出しているということです。そして今後、ローカルで生産を始めると、コストや税制の面で有利になります。

■4年…
続きを読む

国交省が安全確保の徹底を通達---関越道バス事故で(レスポンス) 

May 01 [Tue], 2012, 10:45
国交省が安全確保の徹底を通達---関越道バス事故で(レスポンス)

果たして関越自動車道と故防止には相関性があるのでしょうか。
そして、日午後はなかなか面白そうですね。
しかし、とても安全対策と実施状況が相関性があるとは思えません。
運行計画に関しても気になりますが、労働時間と過労運転に関して、どのような相関性があるのか興味があります。
しかし実は、高木啓や安全対策はなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120430-00000009-rps-soci



29日早朝に群馬県の関越自動車道において発生した貸切バスの事故を受け、国土交通省は同日、安全対策および事故防止の徹底を図るため、関係事業者団体長あて、自動車局長通達を発出した。

事故は29日午前4時40分ごろ、群馬県藤岡市の関越道上り線藤岡ジャンクション付近において、貸し切りバスが乗客45名を乗せて進行中、道路左側に衝突し、7人が死亡した(死者の数は29日午後2時現在)。

通達では、「多くの人がバス等の公共交通機関を利用して観光等のため長距離を移動するゴールデンウィーク期間中においては、安全対策に全力を傾注しなければならない」とする。

通達概要は以下の通り。

1. 現行の運行管理業務…た確実な運行管理を実施すること。特に、次に掲げる事項を適切に実施すること。
(1)確実な点呼の実施
(2)適切な運行計画の作成及び運行指示
(3)労働時間に関する改善基準告示の遵守等、過労運転の防止

2. 運行に当たっては、道路交通法等の法令遵守の徹底を図るなど、安全確保を最優先するよう乗務員に徹底を図ること。


《レスポンス 高木啓》

【関連記事】
国交省内に安全対策チーム…関越道バス事故を受けて
三菱ふそう、ブレーキオーバーライドシステム搭載の大型路線バスを発売
東京スカイツリーに新しいバス路線が登場 ガラスルーフ車の詳細も
高速道路会社 社長人事の行方
[ソーシャ…
続きを読む